▲TOP

格安SIMの通信速度に不安がある方におすすめ【IIJmio】

高品質な格安SIMとしてNO.1の評価【IIJmio】

格安SIMの通信速度に不安がある方におすすめ

携帯料金の節約に利用されている格安SIM。格安SIMは様々なメーカーから販売されていますが、その中でも特におすすめなのが「IIJmio」です。「IIJmio」は、料金面や通信速度など満足度No.1で、個人向けSIMカードで高いシェア率を誇っています。こちらではそんな「IIJmio」のおすすめポイントを紹介していきます。

 

【IIJmio】

 

回線:au回線/docomo回線
回線規格:LTE、3G
通信速度:非公開
データ量超過後速度:200kbps

電話

インターネット

メール

データ繰り越し

バースト機能

ポイントバック

×

通話定額

パケットシェア

カウントフリープラン

10分/3分以内

オプション

×

 

 

格安SIM「IIJmio」の特徴

「IIJmio」の魅力的な特徴は以下の5つです。

◆選べる回線au/docomo
◆選べる通話定額(最大30分かけ放題)
◆バースト転送機能が利用できる
◆家族で分け合えるシェアSIM
◆顧客満足度NO.1

選べる回線au/docomo

au回線とdocomo回線を選択できることは「IIJmio」の最大の特徴です。両者は、そもそも3G回線の方式が違います。au回線は、世界的に見ても特殊な方式を取ってしまったため、auで利用していた端末のほとんどが、docomoやsoftbankの回線では利用できません。(すべてではありません、どちらの回線にも対応した端末もあります)

 

逆に言えば、auで利用していた端末のほとんどがau回線でしか利用できないので、そのまま格安SIMに乗り換えたい場合はau回線が利用できるMVNOを選択することになります。

 

au回線のメリットもあります。格安SIMの場合通信速度は回線の混雑具合に影響しますが、au回線の方がどちらかといえば回線がすいているため比較的安定した通信が可能です。

 

選べる通話定額(最大30分かけ放題)

「IIJmio」の通話定額は、MVNO他社と比較しても条件の良さが際立っています。

 

2種類の通話定額プランがあって、1つ目は、通話時間が長くなりがちな方におすすめです。誰とでも1回10分以内の通話が何度でもかけ放題になります。他社MVNOではほとんどの場合5分以内の通話が多い中「IIJmio」なら10分です。それだけでもスゴイことですが、さらに「IIJmio」に加入している家族同士の通話は、30分以内の通話が何度でもかけ放題になるのです。

 

2つ目は、用件だけ伝えられれば十分という通話時間が短い人向けの通話定額プランです。1回あたり3分間の通話なら誰とでも通話し放題、家族同士なら10分以内の通話が何回でも使い放題となり、1つ目の通話定額プランより月額230円安くなっています。

 

プラン

国内通話

(回数無制限)

家族通話

(回数無制限)

月額料金

通話時間が長い

10分以内

30分以内

830円

通話時間が短い

3分以内

10分以内

600円

 

 

 

家族で分け合えるシェアSIM

家族とSIMカードを分け合うことのできるファミリーシェアプランです。このファミリーシェアプランは、10GBの高速通信が可能なSIMカードを最大10枚利用でき、複数人でそのSIMカードと通信データ量を分け合って使用できます。もちろん、スマートフォンやタブレットなど一人で複数台の端末を使っているという方も、複数枚のSIMカードの利用も可能です。

 

 

バースト転送機能が利用できる

「IIJmio」のもう1つの特徴は、バースト転送です。一般的なSIMカードは高速通信できるデータ量を使い切ってしまうと低速状態になって通信速度が大幅に下がってしまいますが、「IIJmio」のこのバースト機能を利用すれば低速状態でもはじめの一定量のみ高速通信が可能になり快適に利用することができます。その他にも通信速度の高速/低速の切り替えができる機能があります。

 

 

「IIJmio」は顧客満足度No.1!

「IIJmio」は個人向けの格安SIMカードでも高いシェア率を誇っており、利用者の満足度も80%を超える格安SIMサービスの中でも最も好評価を得ています。その他にも、山手線内で主要SIMの通信速度のテストでも第1位を記録するなど通信速度にも定評があります。

 

 

株式会社インターネットイニシアティブが提供する格安SIMカード「IIJmio」をご紹介いたしました。「IIJmio」は、auやdocomo、
SoftBankなどどのメーカーの端末にも対応しています。あなたも格安SIMを使ってしてスマートフォンやタブレット端末をお得に利用してみてはいかがでしょうか。

 

IIJmio

 

SIMフリースマホ、おすすめランキング

(2017/8/15更新)


huawei p10(ハーウェイ ピーテン) 急速充電の性能の向上と省電力化の性能向上、30分充電で約1日稼働する。OSは、Android7.0 、CPUはHuawei Kirin658 オクタコアを搭載のハイスペックモデルかと思ったら2万円台の驚き価格。大人気のSIMフリースマホ「P9Lite」の後継機ですから、発売当初から話題の多い端末です。

huawei p10(ハーウェイ ピーテン) さすが日本製と言わせる細かいところまで行き届いた格安スマホ!防水・防塵・耐衝撃性能に優れ、どこでも大活躍!しかも、ワンセグ搭載、おサイフケータイ対応など機能面も充実しながら電池持ちは余裕の3日間

「nova lite」は、2.5Dガラスの滑らかな曲線にマッチした美しいアルミボディ、ちょうどよい5.2インチサイズで持ちやすく、大容量バッテリーで長時間快適に使えて、サクサク動く高性能CPUを搭載しながらこの低価格のコストパフォーマンスが魅力的


2017年6月9日、Huawei(ファーウェイ)でも人気のPシリーズの最新機種「P10Lite」/「P10」/「P10Plus」の3機種が揃って発売されました。はっきりいってどれも高いレベルのパフォーマンスを発揮していますから、使う人を必ず満足させてくれるSIMフリー端末です。

●「P10Lite」は、コストパフォーマンスに優れています。美しいスタイルにサクサク動く最新CPUを搭載し2万円台の非常に人気の高い機種(5.2インチ)

●「P10」は、第2世代となって全面改良されたLeica(ライカ)ダブルレンズカメラを搭載した上位機種(5.1インチ)

●「P10Plus」は、第2世代Leica(ライカ)ダブルレンズカメラ・Pro版を搭載した端末(5.5インチ)
HUAWEIは、2003年設立の中国のブランドですが、世界170か国以上にサービスを展開しており、2013年にはスマートホン出荷台数が世界第3位にランクインする大手企業にまで成長しています。日本でも格安SIM市場の拡大に伴って安くて高機能であるなどと人気が高まっています。
また、2014年には中国ブランドとして初めての「Best Global Brands2014」のTop100にランクインしており、信頼性も高く評価されています。


HUAWEIMate9-010 「vaio」の刻印がカッコいい!ソニーからPCで有名なブランドVAIOのSIMフリースマートフォンが発売されました。「vaio PhoneBiz」は、最新Windows OSである10のモバイル版を搭載。「vaio Phone A」は、定番のAndroidを搭載したモデルで、DSDSに対応してます。

HUAWEIMate9-010 ドイツの老舗カメラメーカーLeica(ライカ)と共同開発したダブルレンズカメラは第2世代へ、細やかな描写力の写真や臨場感のある4K動画撮影に感動するでしょう。また、HUAWEI最新のオクタコアCPUと学習アルゴリズムで最高のシステムパフォーマンスを実現

huawei p10(ハーウェイ ピーテン) 第2世代となって全面改良されたLeica(ライカ)ダブルレンズカメラを搭載したHuaweiの上位機種。4K動画撮影可能など、もはやスマホとしてのカメラ機能というより、本格的なカメラが搭載されているスマホですね。写真にこだわりのある方に最高のスマートフォンです。

飽きることのない、丸みのある美しいデザインが特徴。高品質ダブルレンズカメラは、プロ用カメラのようなフルマニュアル撮影も可能で、写真を撮ることが毎日楽しくなる。

  デュアルSIMデュアルスタンバイ、2回線で賢く使いこなそう。全てにおいてフルスピード64bit2GHzオクタコア搭載、0.2秒指紋認証解錠機能。

Huawei nova コンパクトなボディに多彩な機能を詰め込んだハイクオリティスマートフォンそれが「nova」です。光と影を演出する曲線を生かしたデザイン性も魅力的

4インチのコンパクトボディにiPhone5Sの廉価版かと思ったら大間違い。中身はしっかりiPhone6Sに匹敵する高性能、なのに、この価格が魅力的です。

関連ページ

OCNモバイルONE 詳細と口コミ
OCNモバイルONEの詳細と口コミ情報です。こちらでは格安SIMのMVNO会社を紹介しています。単に格安SIMといっても、それぞれの会社でそれぞれの特徴をもった格安SIMがあります。利用の仕方によってもどこの格安SIMがお得なのかは、人それぞれ意見の分かれることもあると思います。是非、自分にぴったり合う格安SIMを選んで携帯電話料金を安く利用しましょう。このサイトが、あなたに合う格安SIMを見つける手助けになれれば幸いです。
楽天モバイル 詳細と口コミ
楽天モバイル(格安SIMのMVNO会社)を紹介しています。単に格安SIMといっても、それぞれの会社でそれぞれの特徴をもった格安SIMがあります。利用の仕方によってもどこの格安SIMがお得なのかは、人それぞれ意見の分かれることもあると思います。是非、自分にぴったり合う格安SIMを選んで携帯電話料金を安く利用しましょう。このサイトが、あなたに合う格安SIMを見つける手助けになれれば幸いです。
LINEモバイル 詳細と口コミ
LINEモバイル株式会社が提供するモバイル通信サービスが「LINEモバイル」です。LINEアプリとの相性は非常によく、最大の特徴としては、LINEアプリによる通信料がカウントフリーになるということでしょう。 格安SIMのMVNO会社を紹介しています。単に格安SIMといっても、それぞれの会社でそれぞれの特徴をもった格安SIMがあります。利用の仕方によってもどこの格安SIMがお得なのかは、人それぞれ意見の分かれることもあると思います。是非、自分にぴったり合う格安SIMを選んで携帯電話料金を安く利用しましょう。このサイトが、あなたに合う格安SIMを見つける手助けになれれば幸いです。
UQモバイル 詳細と口コミ
UQモバイルは、au回線を利用したMVNOで、独自の特徴を多く持った格安SIMです。こちらでは格安SIMのMVNO会社を紹介しています。単に格安SIMといっても、それぞれの会社でそれぞれの特徴をもった格安SIMがあります。利用の仕方によってもどこの格安SIMがお得なのかは、人それぞれ意見の分かれることもあると思います。是非、自分にぴったり合う格安SIMを選んで携帯電話料金を安く利用しましょう。このサイトが、あなたに合う格安SIMを見つける手助けになれれば幸いです。
mineo(マイネオ) 詳細と口コミ
mineo(マイネオ) の詳細と口コミ情報です。マイネオは色々とよく考えた魅力的なサービスを提供しているMVNOですから、格安SIMを利用するなら是非ご検討いただきたいおすすめの企業です。単に格安SIMといっても、それぞれの会社でそれぞれの特徴をもった格安SIMがあります。利用の仕方によってもどこの格安SIMがお得なのかは、人それぞれ意見の分かれることもあると思います。是非、自分にぴったり合う格安SIMを選んで携帯電話料金を安く利用しましょう。このサイトが、あなたに合う格安SIMを見つける手助けになれれば幸いです。
NURO MOBILE (ニューロモバイル)詳細
NURO MOBILE (ニューロモバイル)詳細情報です。ニューロモバイルの決定的なおすすめポイントは通信速度です。光通信のサービスで業界最速クラスのブランディングで成功NURO光の意思を受け継いでMVNOでも最速クラスを狙っていることが見え隠れしています。単に格安SIMといっても、それぞれの会社でそれぞれの特徴をもった格安SIMがあります。利用の仕方によってもどこの格安SIMがお得なのかは、人それぞれ意見の分かれることもあると思います。是非、自分にぴったり合う格安SIMを選んで携帯電話料金を安く利用しましょう。このサイトが、あなたに合う格安SIMを見つける手助けになれれば幸いです。
DMMモバイル 詳細と口コミ
格安SIMはさまざまな業界が参入していますが、その中でも業界最安水準で魅力的な存在なのがDMMモバイルです。DMMモバイルは、インターネットを通じて様々なコンテンツを提供する株式会社DMM.com(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:片桐孝憲)が提供しているMVNOサービスです。
BIGLOBE SIM(ビッグローブ・シム)詳細と口コミ
インターネットプロバイダーとして国内で有名なBIGLOBEから、格安SIMのサービスが提供されています。BIGLOBE SIMは、ドコモの回線を使っているMVNOで す。安定した通信ができると評判の良いドコモの回線ですので、格安であっても快適に使えるのが魅力ですが、BIGLOBE SIMの良いところはそれだけではなく、インターネットプロバイダーらしい魅力的なオプションサービスの提供に特徴のあるMVNOです。
DTI SIM 詳細と口コミ
DTI SIMの特筆すべき特徴は、以下の4つです。 ◆全データ通信容量で業界最安値 ◆電話もネットもダブル放題 ◆初めて利用する方限定お試しプラン ◆iPhoneレンタルサービス