▲TOP

UQモバイル 詳細と口コミ

UQモバイル 詳細と口コミ

【UQモバイル】

 

UQモバイル

回線:au回線
回線規格:LTE、3G
通信速度:下り最大150Mbps、上り最大25Mbps
データ量超過後速度:300kbps

電話

インターネット

メール

SMS

動画

通話定額

5分かけ放題

/他

 

UQモバイルは、au回線を利用したMVNOで、多くの独自の特徴を持った格安SIMです。
UQモバイルをおすすめする特徴は、以下の5つです。

◆安定した通信速度

 

◆5分かけ放題プラン開始

 

◆SNS思い存分使い放題

 

◆キッズ向けのスマホにもおすすめ

 

◆国際ローミングサービス

 

◆キャリアの旧端末が安く購入できる

安定した通信速度

1つ目は、auの回線を利用している点です。昨今の格安SIMには、様々会社が参入していますがau回線に参入している会社はまだ少なく、回線に余裕があります。そのため、他社回線を利用したものより安定した通信速度で接続できる場合が多い特徴があります。

 

そのうえ、この格安SIM会社は利用者の使い勝手が良いようにauから余裕のある帯域をきちんと購入しています。格安SIMの中には、昼間や夜間に回線が混み合い急激に速度を落とすものもあり、不満をもつユーザーが多い場合もありますが、UQモバイルでは公式サイトで公開している情報からも回線品質などのユーザーの満足度の高さをうかがうことができます。

 

また、UQモバイルの特徴でもある通信速度が安定していることは、スマートフォンのアプリなどで動画などを視聴する方にとっても大いに役立ちます。スマートフォンは、その通信速度に合わせた動画の画質や音質を自動調整するように設計されています。そのため、通信速度が安定していることは、スムーズな視聴にも繋がることとなります。

 

では、繋がりやすさ、利用できるエリアはどうかというと、auの4GLTEサービスエリアと同等なので、特に問題はないでしょう。

 

5分かけ放題プラン開始

2つ目の特徴は、2017年3月から1回あたり5分間かけ放題の通話サービスが始まることです。この電話回線はIP回線を利用しないため安定した通話品質で、5分以内の国内通話ならば何度利用しても無料となります。
しかも、楽天モバイルのような専用アプリを利用せず通常の電話の利用で無料通話になるため、使い勝手が良く、うっかり5分かけ放題以外の通話をしてしまうこともないです。

 

ただし、5分を超える通話については、30秒ごとに20円の通話料がかかるので注意が必要となります。キャリアのような無制限の時間会話を楽しむことができる通話定額サービスはありませんが、通信速度が安定しているため、VOIPやLINEアプリなどを利用して無制限の無料通話を行う方法もあります。有名なVOIPアプリの中には日本国内の固定電話宛に月額料金450円程度でほぼ無制限で通話ができるものありますから、高速で安定した接続ができるこの格安SIMを生かせば、通常の電話回線に近い通話も可能です。

 

SNS思い存分使い放題

UQモバイルの通信速度は「UQmobileポータルアプリ」で、高速モード(下り最大150Mbps)と低速モード(上下最大300Kbps)の切り替えが簡単に出来て、低速モードであればデータの消費がなく節約できます。低速モードであってもSNSの利用や音楽ストリーミングには十分な通信速度であるため、「思い存分SNSだぞっ」とCMでも謳っていますね。あくまでも高速通信でSNSが使い放題になる訳ではないので誤解のないように。

 

また、データ容量を繰り越すことができます。そのデータ消費順位は、繰り越し分、月間容量、仮にデータを追加購入した場合はその容量という順番になっています。そのため、データ容量を上手に使い切ることも可能です。ただし、データを繰り越せる容量には、契約するプランによって制限があります。

 

キッズ向けのスマホにもおすすめ

小中高校生向けのスマートフォンとしてUQモバイルはお勧めできます。フィルタリングアプリの「安心アクセスV」が無料で利用できることと、月額300円掛かりますがSNSの見守りサービス「filii(フィーリー)」が利用できることが理由です。

 

フィルタリングアプリ「安心アクセスV」は、ネットの利用時間が制限できて、年齢に合わない有害サイトや、ネット被害に遭う可能性のあるサイトへのアクセスを制限してくれます。

 

SNSの見守りサービス「filii(フィーリー)」は、SNSでの繋がりのある友人チェックしたり、SNSに入力した文章から禁止ワードがないかなどをチェックして保護者にSNSの利用に危険がないか分析結果を送ってくるものです。分析結果をお子様と確認しあうことで、子供に正しいSNSの利用方法を教えることで、子供たちの間のトラブルを未然に防ぐきっかけにもなるでしょう。

 

フィルタリングでネット被害や犯罪に巻き込まれるサイトをブロックして、フィーリーでSNSでいじめなどの問題が起きないように見守ることで、もう、安心して子供にスマホを持たせることができると思います。

 

キッズスマホについてはこちらでもう少し詳しく解説していますので、気になる方はご参考に。

「格安SIMを利用してキッズスマホにする方法」

 

 

国際ローミングサービス

4つ目の特徴が、この格安SIMは、国際ローミングサービスに対応しています。そのため、音声通話とSMSの送受信は可能です。データ専用プランの場合はSMSの送受信のみできます。利用できる海外のエリアは、auと契約している場合と同様ですから、エリアが広い特徴があります。ちなみに、SMSの送信料金は、1通あたり100円で受信は無料です。

 

ただし、海外でデータ通信を行うことはできません。その理由は、海外からはこの格安SIMのネットワークに接続することができず、au回線に直接接続しようとします。その回線に仮に接続すると接続料金などが異なるため、あえて接続できない仕様になっています。

 

キャリアの旧端末が安く購入できる

最後の特徴は、この格安SIM会社は大手携帯電話会社の系列企業でもあるため、日本で人気の旧端末を安い価格で特別に販売したりもしています。容量は16GBだけですが、大手の携帯電話会社しか扱うことができない端末を扱えるという魅力がある格安SIM会社です。

 

 

 

UQモバイル料金プラン

UQモバイルのプランは少し分かりにくいプランになっているので、それぞれのプランを簡単に解説したいと思います。大きく分けると

◆「データ高速プラン」「データ無制限プラン」
  ↑↓×(上下のプラン間の変更は出来ません)
◆「ぴったりプラン」「たっぷりプラン」

の4つのプランがあります。

 

ひとつめの「データ高速プラン」は、高速通信がデータ容量3GB分利用できるプランです。3GBの容量を使い切ってしまうと、300Kbpsの低速モードに切り替わります。

 

ふたつめの「データ無制限プラン」は、通信速度が500Kbpsの中速データの無制限となっています。500Kbpsの通信速度は、SNSや音楽ストリーミングの利用ならストレスなく利用できるのですが、重たいデータ(主に動画再生など)を扱う場合は少々厳しい速度です。

 

3つめと4つめの「ぴったりプラン」「たっぷりプラン」は、3月からそれぞれ「おしゃべりプランS」と「おしゃべりプランM」に切り替わります。

 

「ぴったりプラン」は、月間3600円分の無料通話と2GBの高速通信が利用できるプランです。「おしゃべりプランS」に移行すると通話は「5分間かけ放題」、高速通信は「データ容量1GB」+25カ月間「1GB分のデータチャージ」が適用されます。追加データチャージ1GB分は最大25か月間で、それ以降のデータチャージは有料になります。

 

「たっぷりプラン」は、月間7200円分の無料通話と6GBの高速通信が利用できるプランです。「おしゃべりプランM」に移行すると通話は「5分間かけ放題」、高速通信は「データ容量3GB」+25カ月間「3GB分のデータチャージ」が適用されます。追加データチャージ3GB分は最大25か月間で、それ以降のデータチャージは有料になります。

 

特に分かりにくいのが料金設定で、「おしゃべりプランS」の基本料金が1980円となっているのですが、これには25カ月間1000円の「スマトク割」と、13カ月間1000円の「イチキュッパ割」の割引が含まれています。「スマトク割」はau(au系列のMVNOを含む)からの乗り換えには適用されません。また、2年後の更新月以外で解約する場合キャリア同等の契約解除料(9500円)が発生します。

 

なお、救いなのは26ヶ月以降は「長期利用割引」1000円/月が適用されます。しかし、どうしてもパッと見の安さでごまかそうとするところはau系列だなと思ってしまいます。良く言えば、au系列以外の他社からの新規乗換えはお得に利用できる面があるのと、魅力的な特徴のある格安SIMですので、他社からの新規乗換えにおすすめします。

【UQモバイル】

 

UQモバイル

回線:au回線
回線規格:LTE、3G
通信速度:下り最大150Mbps、上り最大25Mbps
データ量超過後速度:300kbps

電話

インターネット

メール

SMS

動画

通話定額

プラン名

月額基本料

通信速度

データ容量

通話料

データ高速

980円

下り最大150Mbps

上り最大25Mbps

3GB

-

データ高速+音声通話

1,680円

3GB

20円/30秒

データ無制限

1,980円

送受信最大

500kbps

無制限

-

データ無制限+音声通話

2,680円

無制限

20円/30秒

プラン名

基本料

通信速度

データ容量

通話料

おしゃべりプランS

1,980円

(最大13ヶ月)

下り最大150Mbps

上り最大25Mbps

最大2GB

5分以内の

通話が

かけ放題

(超過後:

20円/30秒)

おしゃべりプランM

2,980円

(最大13ヶ月)

最大6GB

 

 

UQモバイル口コミ

UQモバイル利用者の声

LINEモバイル口コミ

評価★★★★
最近よく耳にするようになった「格安携帯」についに先月変えてみました。色々な格安携帯が並ぶ中、CMで気になっていたUQモバイルにしました。率直な感想として、安い!今までと同じ使用感にも驚きました。通信速度が遅いというのもさほど感じません。それでいて料金が今までの3分の一です。旦那と一緒に買えたためお得感は2倍です。毎月かかる携帯料金がこれだけ違ってくるのはとても大きいです。今のところメリットしか感じていないので、UQモバイルに変えて良かったと思っています。

 

 

楽天モバイル口コミ(2)

評価★★★
私は格安SIMに興味があり、TVCMで知った「UQモバイル」と先日契約しました。インターネットで自分なりに、メリット・デメリットをしっかり理解した上での契約でした。UQモバイルは、スマホ利用者が増える平日の昼間といった混雑時でも、通信速度をあまり落とさずに利用できる点が、優れていると感じました。一方、ライトユーザーには関係ないかもしれませんが、データ通信量のプランが3GBと無制限しか選べないのには、物足りなさを感じました。

 

 

LINEモバイル口コミ

評価★★★★
先日、UQモバイルに機種変更しました。

 

私は1人暮らしで、自宅でのインターネットは固定回線をひかず、モバイルwifiを利用していました。
月々1万円の携帯電話代をもっと安くならないか悩んでいましたが、格安スマホは通信が遅い気がして機種変をためらっていましたが、店員さんの「実際、スマホでのインターネット通信はそこまで遅く感じない」というお話を聞いて機種変しました。

 

確かに、家ではwifiですし、外でもUQモバイルの通信で「最速!」とは思いませんでしたが、まったくストレスは感じていません。

 

 

楽天モバイル口コミ(2)

評価★★★
私は2015年夏頃からUQモバイルを契約しています。auからMVNOに移行しようと考え、手持ちのスマホを流用したかったので必然的にUQモバイルかmineoの二択でした。料金はわずかにmineoの方が安かったのですが通信速度を優先しUQモバイルを選択しました。
使ってみての感想として、確かにいらいらするほど遅いという経験はありませんが自分の環境ではWi-Fi接続できる機会が多く、速度に対してそれほど必要性はありませんでした。また、最近デュアルSIMが出始めていますがau系の3G通信(電話)はほとんど対応されていません。これから契約される方はau系ということをよく考えてからされるとよいでしょう。

 

 

LINEモバイル口コミ

評価★★★★★
auの端末を使っていたのでUQモバイルにしました。au系の回線を使っていて機種もauのものなら使えることが多いと聞いて選んだのですが、意外に回線もauだったころとほとんど体感的には変わらなかったので良かったです。通信量ももともと動画は家のWiFi環境でしか見ないのであまり使わず、選んだ容量で十分に余裕があったのでUQモバイルでちょうどよいと思えました。
通信速度もある程度重視したい、そしていままではauを使っていたという人におすすめだと感じます。

 

 

 

 

UQモバイル

SIMフリースマホ、おすすめランキング

(2017/8/15更新)


huawei p10(ハーウェイ ピーテン) 急速充電の性能の向上と省電力化の性能向上、30分充電で約1日稼働する。OSは、Android7.0 、CPUはHuawei Kirin658 オクタコアを搭載のハイスペックモデルかと思ったら2万円台の驚き価格。大人気のSIMフリースマホ「P9Lite」の後継機ですから、発売当初から話題の多い端末です。

huawei p10(ハーウェイ ピーテン) さすが日本製と言わせる細かいところまで行き届いた格安スマホ!防水・防塵・耐衝撃性能に優れ、どこでも大活躍!しかも、ワンセグ搭載、おサイフケータイ対応など機能面も充実しながら電池持ちは余裕の3日間

「nova lite」は、2.5Dガラスの滑らかな曲線にマッチした美しいアルミボディ、ちょうどよい5.2インチサイズで持ちやすく、大容量バッテリーで長時間快適に使えて、サクサク動く高性能CPUを搭載しながらこの低価格のコストパフォーマンスが魅力的


2017年6月9日、Huawei(ファーウェイ)でも人気のPシリーズの最新機種「P10Lite」/「P10」/「P10Plus」の3機種が揃って発売されました。はっきりいってどれも高いレベルのパフォーマンスを発揮していますから、使う人を必ず満足させてくれるSIMフリー端末です。

●「P10Lite」は、コストパフォーマンスに優れています。美しいスタイルにサクサク動く最新CPUを搭載し2万円台の非常に人気の高い機種(5.2インチ)

●「P10」は、第2世代となって全面改良されたLeica(ライカ)ダブルレンズカメラを搭載した上位機種(5.1インチ)

●「P10Plus」は、第2世代Leica(ライカ)ダブルレンズカメラ・Pro版を搭載した端末(5.5インチ)
HUAWEIは、2003年設立の中国のブランドですが、世界170か国以上にサービスを展開しており、2013年にはスマートホン出荷台数が世界第3位にランクインする大手企業にまで成長しています。日本でも格安SIM市場の拡大に伴って安くて高機能であるなどと人気が高まっています。
また、2014年には中国ブランドとして初めての「Best Global Brands2014」のTop100にランクインしており、信頼性も高く評価されています。


HUAWEIMate9-010 「vaio」の刻印がカッコいい!ソニーからPCで有名なブランドVAIOのSIMフリースマートフォンが発売されました。「vaio PhoneBiz」は、最新Windows OSである10のモバイル版を搭載。「vaio Phone A」は、定番のAndroidを搭載したモデルで、DSDSに対応してます。

HUAWEIMate9-010 ドイツの老舗カメラメーカーLeica(ライカ)と共同開発したダブルレンズカメラは第2世代へ、細やかな描写力の写真や臨場感のある4K動画撮影に感動するでしょう。また、HUAWEI最新のオクタコアCPUと学習アルゴリズムで最高のシステムパフォーマンスを実現

huawei p10(ハーウェイ ピーテン) 第2世代となって全面改良されたLeica(ライカ)ダブルレンズカメラを搭載したHuaweiの上位機種。4K動画撮影可能など、もはやスマホとしてのカメラ機能というより、本格的なカメラが搭載されているスマホですね。写真にこだわりのある方に最高のスマートフォンです。

飽きることのない、丸みのある美しいデザインが特徴。高品質ダブルレンズカメラは、プロ用カメラのようなフルマニュアル撮影も可能で、写真を撮ることが毎日楽しくなる。

  デュアルSIMデュアルスタンバイ、2回線で賢く使いこなそう。全てにおいてフルスピード64bit2GHzオクタコア搭載、0.2秒指紋認証解錠機能。

Huawei nova コンパクトなボディに多彩な機能を詰め込んだハイクオリティスマートフォンそれが「nova」です。光と影を演出する曲線を生かしたデザイン性も魅力的

4インチのコンパクトボディにiPhone5Sの廉価版かと思ったら大間違い。中身はしっかりiPhone6Sに匹敵する高性能、なのに、この価格が魅力的です。

関連ページ

格安SIMの通信速度に不安がある方におすすめ【IIJmio】
auやdocomoなどにも対応可能な格安SIMは、インターネットの利用や通話料金などの携帯料金の節約の手段として多くの人に利用されています。こちらの記事では、通信速度・お客様満足度No.1の格安SIM「IIJmio」をご紹介します!
OCNモバイルONE 詳細と口コミ
OCNモバイルONEの詳細と口コミ情報です。こちらでは格安SIMのMVNO会社を紹介しています。単に格安SIMといっても、それぞれの会社でそれぞれの特徴をもった格安SIMがあります。利用の仕方によってもどこの格安SIMがお得なのかは、人それぞれ意見の分かれることもあると思います。是非、自分にぴったり合う格安SIMを選んで携帯電話料金を安く利用しましょう。このサイトが、あなたに合う格安SIMを見つける手助けになれれば幸いです。
楽天モバイル 詳細と口コミ
楽天モバイル(格安SIMのMVNO会社)を紹介しています。単に格安SIMといっても、それぞれの会社でそれぞれの特徴をもった格安SIMがあります。利用の仕方によってもどこの格安SIMがお得なのかは、人それぞれ意見の分かれることもあると思います。是非、自分にぴったり合う格安SIMを選んで携帯電話料金を安く利用しましょう。このサイトが、あなたに合う格安SIMを見つける手助けになれれば幸いです。
LINEモバイル 詳細と口コミ
LINEモバイル株式会社が提供するモバイル通信サービスが「LINEモバイル」です。LINEアプリとの相性は非常によく、最大の特徴としては、LINEアプリによる通信料がカウントフリーになるということでしょう。 格安SIMのMVNO会社を紹介しています。単に格安SIMといっても、それぞれの会社でそれぞれの特徴をもった格安SIMがあります。利用の仕方によってもどこの格安SIMがお得なのかは、人それぞれ意見の分かれることもあると思います。是非、自分にぴったり合う格安SIMを選んで携帯電話料金を安く利用しましょう。このサイトが、あなたに合う格安SIMを見つける手助けになれれば幸いです。
mineo(マイネオ) 詳細と口コミ
mineo(マイネオ) の詳細と口コミ情報です。マイネオは色々とよく考えた魅力的なサービスを提供しているMVNOですから、格安SIMを利用するなら是非ご検討いただきたいおすすめの企業です。単に格安SIMといっても、それぞれの会社でそれぞれの特徴をもった格安SIMがあります。利用の仕方によってもどこの格安SIMがお得なのかは、人それぞれ意見の分かれることもあると思います。是非、自分にぴったり合う格安SIMを選んで携帯電話料金を安く利用しましょう。このサイトが、あなたに合う格安SIMを見つける手助けになれれば幸いです。
NURO MOBILE (ニューロモバイル)詳細
NURO MOBILE (ニューロモバイル)詳細情報です。ニューロモバイルの決定的なおすすめポイントは通信速度です。光通信のサービスで業界最速クラスのブランディングで成功NURO光の意思を受け継いでMVNOでも最速クラスを狙っていることが見え隠れしています。単に格安SIMといっても、それぞれの会社でそれぞれの特徴をもった格安SIMがあります。利用の仕方によってもどこの格安SIMがお得なのかは、人それぞれ意見の分かれることもあると思います。是非、自分にぴったり合う格安SIMを選んで携帯電話料金を安く利用しましょう。このサイトが、あなたに合う格安SIMを見つける手助けになれれば幸いです。
DMMモバイル 詳細と口コミ
格安SIMはさまざまな業界が参入していますが、その中でも業界最安水準で魅力的な存在なのがDMMモバイルです。DMMモバイルは、インターネットを通じて様々なコンテンツを提供する株式会社DMM.com(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:片桐孝憲)が提供しているMVNOサービスです。
BIGLOBE SIM(ビッグローブ・シム)詳細と口コミ
インターネットプロバイダーとして国内で有名なBIGLOBEから、格安SIMのサービスが提供されています。BIGLOBE SIMは、ドコモの回線を使っているMVNOで す。安定した通信ができると評判の良いドコモの回線ですので、格安であっても快適に使えるのが魅力ですが、BIGLOBE SIMの良いところはそれだけではなく、インターネットプロバイダーらしい魅力的なオプションサービスの提供に特徴のあるMVNOです。
DTI SIM 詳細と口コミ
DTI SIMの特筆すべき特徴は、以下の4つです。 ◆全データ通信容量で業界最安値 ◆電話もネットもダブル放題 ◆初めて利用する方限定お試しプラン ◆iPhoneレンタルサービス