▲TOP

P10 lite【Huawei】を格安SIMとセット購入する

【Huawei】P10 lite

huawei p10lite(ファーウェイ ピーテンライト)ロゴ

 

huawei p10lite(ファーウェイ ピーテンライト)全4色
P10 lite【Huawei】最新スマホ紹介ページです。OSは、Android7.0 、CPUはHuawei Kirin658 オクタコアを搭載のハイスペックモデルかと思ったら2万円台の驚き価格。大人気のSIMフリースマホ「P9Lite」の後継機ですから、発売当初から話題の多い端末です。

 

2017年6月9日発売

 

P10Liteが大きく進化した点

【Huawei】P10Liteが、P9Liteから大きく進化したなと思う点が、3つあります。

1.急速充電の性能の向上と省電力化
2.ナックルジェスチャー機能
3.OSバージョンアップと最新CPUの搭載

まず急速充電の性能の向上と省電力化です。たった35分の充電で約1日使うことが可能になりました。それからもうひとつ、ナックルジェスチャー機能です。画面にあらかじめ設定した’C’や’S’などの文字を描くと設定したアプリが速攻で起動する便器機能が追加になってます。

 

内容的にはOSが、Android6.0から、Android7.0にバージョンアップ、最新CPUの搭載、下り受信速度の向上などに変更され、ますます使いやすく高機能端末に進化しています。

 

しかも、価格はP9Liteとほぼ変わらない設定ですからね。これは、様々なSIMフリースマホの紹介記事を書いているサイト管理人である私も欲しいなぁと思う端末です。今イチオシのSIMフリースマホなのです。

 

 

HUAWEI P10 lite詳細

OS

CPU 

メモリ

 画面サイズ

Android

7.0

Huawei Kirin658

オクタコア

 (4×2.1GHz

+4x1.7GHz)

RAM:3GB

ROM:32GB

5.2インチ

 

1200万画素

 

 

 

メイン1200万画素

サブ800万画素

バッテリー

3000mAh

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SIMスロット

×

×

×

nano-SIM

×2

 

 

【Huawei】P10 liteを格安SIMとセット購入する

【Huawei】P10 liteの購入と格安SIMへの乗換えをお考えなら、格安SIMとセット購入する方法が断然お得です。
話題のHuaweiの最新Pシリーズ端末ですから、注目度も高く、多くのMVNO各社で取り扱いを開始しています。

 

ではさっそく、P10Liteを扱うMVNO各社の価格比較を紹介しましょう。

 

端末

一括購入

分割購入

MVNO会社

HUAWEI

P10Lite

 

 

HUAWEI P10 lite

23,800円

(税抜)

1,134円×24回

(税込)

OCNモバイルONE
 

26,667円

(税抜)

1,200円×24回

(税込)

NifMo(ニフモ)
端末+音声+データ(1.1GB) 

26,800円

(税抜)

1,296円×24回

(税込)

IIJmio

27,600円

(税抜)

1,242円×24回

(税込)

mineo(マイネオ)
mineo 

1,339円

(税込)

BIGLOBE SIM
 

29,980円

(税抜)

1,349円×24回

(税込)

楽天モバイル

29,980円

(税抜)

1,594円×24回

(税込)

DMMモバイル

表示の価格はMVNO各社よって、音声通話SIMとのセット購入などの条件が付けられている場合があります。また、購入する時期によっては、価格変更や販売休止になることもあります。各公式サイトでご確認ください。

更新:2017/08/14

 

 

【Huawei】P10 liteの魅力

【Huawei】P10 liteの魅力的な特徴をもう少し紹介しましょう。

 

huawei p10lite(ファーウェイ ピーテンライト)端末紹介画像

 

最新CPU「Kirin658」オクタコア搭載

huawei p10lite(ファーウェイ ピーテンライト)指紋認証センサー

P10 liteは、最新CPU「Huawei Kirin658 オクタコア(4×2.1GHz+4x1.7GHz)」と3GBメモリを搭載しています。CPUは、例えるなら頭脳です。こんな小さな端末に合計8個の頭脳が働いてくれています。メモリは、CPUを働かせるための作業台でしょうか。8個の頭脳が働く作業台となるメモリも十分持っているので、全く文句のない処理能力を発揮してくれる訳です。

また、記憶装置となるストレージは32GBを搭載しているので、快適な操作性に写真やアプリなどもたくさん保存できます。それでも足りなければ、マイクロSD(外部の記憶装置となるもの)も入れられるので、もう何も心配いらずとなります。
また、HUAWEIの指紋認証センサーは、高速認証で定評があります。公式ではわずか約0.3秒でロック解除が可能。多少ラフに扱ってもきっちり反応してくれるので、いつもスピーディにに操作を始められます。

 

3,000mAhの大容量バッテリーに急速充電に対応

huawei p10lite(ファーウェイ ピーテンライト)急速充電
バッテリーは、外出時でも安心してスマホを使うための肝になるものです。バッテリー容量は3000mAhの大容量を搭載していて、バッテリーへの充電も、急速充電が可能です。HUAWEIの公式サイトでは、「10分の充電で2時間の動画再生が可能、30分で43%、97分で100%の充電が完了する」と書かれています。

 

以前、他社の携帯電話で、充電中からの火災事故が報道されたこともありましたが、HUAWEIでは、余計な電流が流れないように電流制限をする設計を施していて、安全性にも配慮されています。

 

ナックルジェスチャー機能

huawei p10lite(ファーウェイ ピーテンライト)ナックルジェスチャー機能
ナックルジェスチャーは、指の関節で画面全体をなぞって操作する便利な機能です。縦に長い記事全体や画像をキャプチャするには、指の関節で画面上に大きく「S」と書きます。するとすぐに、スクロールスクリーンショット機能が起動。SNSなどでの紹介が簡単に素早くできるようになります。
また、設定次第で「C」や「W」などを画面に描くと簡単にアプリが起動するなど、全く新しい便利な機能なのです。

 

【HUAWEI P10 lite】と格安SIMをセット購入するならここ!

HUAWEI P10 liteを格安SIMとセットで購入するなら、「OCNモバイルONE」がオススメです。

 

調査時点での最安値は、
「OCNモバイルONE」一括購入23,800円(税抜)/分割購入1,134円(税込)×24回

 

 

同じ端末を購入するなら、セット購入で端末も格安で手に入れよう。

 

端末

一括購入

分割購入

MVNO会社

HUAWEI

P10 lite

 

 

HUAWEI P10 lite

23,800円

(税抜)

1,134円×24回

(税込)

OCNモバイルONE
 

 

 

SIMフリースマホ、おすすめランキング

(2017/8/15更新)


huawei p10(ハーウェイ ピーテン) 急速充電の性能の向上と省電力化の性能向上、30分充電で約1日稼働する。OSは、Android7.0 、CPUはHuawei Kirin658 オクタコアを搭載のハイスペックモデルかと思ったら2万円台の驚き価格。大人気のSIMフリースマホ「P9Lite」の後継機ですから、発売当初から話題の多い端末です。

huawei p10(ハーウェイ ピーテン) さすが日本製と言わせる細かいところまで行き届いた格安スマホ!防水・防塵・耐衝撃性能に優れ、どこでも大活躍!しかも、ワンセグ搭載、おサイフケータイ対応など機能面も充実しながら電池持ちは余裕の3日間

「nova lite」は、2.5Dガラスの滑らかな曲線にマッチした美しいアルミボディ、ちょうどよい5.2インチサイズで持ちやすく、大容量バッテリーで長時間快適に使えて、サクサク動く高性能CPUを搭載しながらこの低価格のコストパフォーマンスが魅力的


2017年6月9日、Huawei(ファーウェイ)でも人気のPシリーズの最新機種「P10Lite」/「P10」/「P10Plus」の3機種が揃って発売されました。はっきりいってどれも高いレベルのパフォーマンスを発揮していますから、使う人を必ず満足させてくれるSIMフリー端末です。

●「P10Lite」は、コストパフォーマンスに優れています。美しいスタイルにサクサク動く最新CPUを搭載し2万円台の非常に人気の高い機種(5.2インチ)

●「P10」は、第2世代となって全面改良されたLeica(ライカ)ダブルレンズカメラを搭載した上位機種(5.1インチ)

●「P10Plus」は、第2世代Leica(ライカ)ダブルレンズカメラ・Pro版を搭載した端末(5.5インチ)
HUAWEIは、2003年設立の中国のブランドですが、世界170か国以上にサービスを展開しており、2013年にはスマートホン出荷台数が世界第3位にランクインする大手企業にまで成長しています。日本でも格安SIM市場の拡大に伴って安くて高機能であるなどと人気が高まっています。
また、2014年には中国ブランドとして初めての「Best Global Brands2014」のTop100にランクインしており、信頼性も高く評価されています。


HUAWEIMate9-010 「vaio」の刻印がカッコいい!ソニーからPCで有名なブランドVAIOのSIMフリースマートフォンが発売されました。「vaio PhoneBiz」は、最新Windows OSである10のモバイル版を搭載。「vaio Phone A」は、定番のAndroidを搭載したモデルで、DSDSに対応してます。

HUAWEIMate9-010 ドイツの老舗カメラメーカーLeica(ライカ)と共同開発したダブルレンズカメラは第2世代へ、細やかな描写力の写真や臨場感のある4K動画撮影に感動するでしょう。また、HUAWEI最新のオクタコアCPUと学習アルゴリズムで最高のシステムパフォーマンスを実現

huawei p10(ハーウェイ ピーテン) 第2世代となって全面改良されたLeica(ライカ)ダブルレンズカメラを搭載したHuaweiの上位機種。4K動画撮影可能など、もはやスマホとしてのカメラ機能というより、本格的なカメラが搭載されているスマホですね。写真にこだわりのある方に最高のスマートフォンです。

飽きることのない、丸みのある美しいデザインが特徴。高品質ダブルレンズカメラは、プロ用カメラのようなフルマニュアル撮影も可能で、写真を撮ることが毎日楽しくなる。

  デュアルSIMデュアルスタンバイ、2回線で賢く使いこなそう。全てにおいてフルスピード64bit2GHzオクタコア搭載、0.2秒指紋認証解錠機能。

Huawei nova コンパクトなボディに多彩な機能を詰め込んだハイクオリティスマートフォンそれが「nova」です。光と影を演出する曲線を生かしたデザイン性も魅力的

4インチのコンパクトボディにiPhone5Sの廉価版かと思ったら大間違い。中身はしっかりiPhone6Sに匹敵する高性能、なのに、この価格が魅力的です。

関連ページ

P10【Huawei】を格安SIMとセット購入する
P10【Huawei】最新スマホ紹介ページです。2017年6月9日発売の最新端末P10は、第2世代Leicaダブルレンズカメラを搭載したHuaweiの上位機種です。
【HUAWEI P10 Plus】格安SIMとセット購入
大幅に機能向上した第2世代Leicaダブルレンズカメラと、前面に配置した指紋センサーが特徴のAndroidのスマートフォンがあります。HUAWEIから出たP10 Plusです。HUAWEI Pシリーズでも進化した部分があります。HUAWEI P10 Plusと格安SIMとセット購入できるMVNOを紹介します。
格安SIMとセット購入【VAIO Phone A / VAIO Phone Biz】
VAIO Phoneをセットで購入できる格安SIMの情報を紹介しています。vaio Phoneシリーズは「A」と「Biz」の2種類を発売しました。 「vaio Phone Biz」は、最新Windows OSであるWindows10のモバイル版を搭載。 「vaio Phone A」は、定番のAndroidを搭載したモデルです。
スマホと格安SIMセット購入【HUAWEI nova lite】
HUAWEI(ファーウェイ)が若者をターゲットにした2つの新機種を投入しました。それが「nova」と「nova lite」です。novaの価格が3万円台後半、nova liteの価格は2万円を切るミドルレンジから低価格帯で販売されています。特に「nova lite」は、低価格でありながら高機能のコストパフォーマンスで、人気になることは間違いなさそうです。格安SIM市場においてハイコストパフォーマンスで絶大な人気を誇る「P9 lite」も発売からすでに9ヶ月になることから、市場の人気を維持するための後継機と言って良さそうですね。
スマホと格安SIMセット購入【HUAWEI nova】
コンパクトなボディに多彩な機能を詰め込んだハイクオリティスマートフォンそれが「Huawei nova」です。光と影を演出する曲線を生かしたデザイン性も魅力的な一台。スマホと格安SIMのセット購入で出来るだけお得に手に入れよう。
スマホと格安SIMセット購入【FUJITSU arrows M03】
【arrows M03】格安SIMで販売されているスマートホンを紹介します。格安SIMに申し込む際スマホをセットで購入すると端末補填があったりお得です。セットで購入するにも、それなりに安い買い物ではないので、自分の予算や好みの端末を選ぶ事を格安SIMへの乗換えの入口にするのも良い考えですね。
【FUJITSU arrows M04】格安SIMとセット購入
FUJITSU arrows M04は、細かいところまで行き届いた日本製の格安スマホとして人気のM03後継機です。M04もその遺伝子を受け継いだ製品と言えるのでおすすめしたいスマホだ。どの辺が海外製品のスマホと違うのか詳しく解説したい。また、格安SIMをりようするならセット購入がお得なので合わせて紹介しよう。
スマホと格安SIMセット購入【ASUS ZenFone3】
【ZenFone3】格安SIMで販売されているスマートホンを紹介します。格安SIMに申し込む際スマホをセットで購入すると端末補填があったりお得です。セットで購入するにも、それなりに安い買い物ではないので、自分の予算や好みの端末を選ぶ事を格安SIMへの乗換えの入口にするのも良い考えですね。
スマホと格安SIMセット購入【HUAWEI honor8】
【HUAWEI honor8】格安SIMで販売されているスマートホンを紹介します。格安SIMに申し込む際スマホをセットで購入すると端末補填があったりお得です。セットで購入するにも、それなりに安い買い物ではないので、自分の予算や好みの端末を選ぶ事を格安SIMへの乗換えの入口にするのも良い考えですね。
スマホと格安SIMセット購入【HUAWEI P9 lite】
【HUAWEI p9 lite】格安SIMで販売されているスマートホンを紹介します。格安SIMに申し込む際スマホをセットで購入すると端末補填があったりお得です。セットで購入するにも、それなりに安い買い物ではないので、自分の予算や好みの端末を選ぶ事を格安SIMへの乗換えの入口にするのも良い考えですね。
スマホと格安SIMセット購入【HUAWEI P9】
【HUAWEI p9】格安SIMで販売されているスマートホンを紹介します。格安SIMに申し込む際スマホをセットで購入すると端末補填があったりお得です。セットで購入するにも、それなりに安い買い物ではないので、自分の予算や好みの端末を選ぶ事を格安SIMへの乗換えの入口にするのも良い考えですね。
スマホと格安SIMセット購入【ZenFoneGo】
【ZenFoneGo】格安SIMで販売されているスマートホンを紹介します。格安SIMに申し込む際スマホをセットで購入すると端末補填があったりお得です。セットで購入するにも、それなりに安い買い物ではないので、自分の予算や好みの端末を選ぶ事を格安SIMへの乗換えの入口にするのも良い考えですね。
スマホと格安SIMセット購入【Motorola Moto G4 Plus】
モトローラ製の【MotoG4Plus】は、SIMフリーで販売されているDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)機能搭載のスマートホンです。格安SIMに申し込む際スマホをセットで購入すると端末補填があったりお得です。セットで購入するにも、それなりに安い買い物ではないので、自分の予算や好みの端末を選ぶ事を格安SIMへの乗換えの入口にするのも良い考えですね。
スマホと格安SIMセット購入【HUAWEI Mate 9】
【HUAWEI Mate 9】SIMフリーで販売されているスマートホンを紹介します。格安SIMに申し込む際スマホをセットで購入すると端末補填があったりお得です。セットで購入するにも、それなりに安い買い物ではないので、自分の予算や好みの端末を選ぶ事を格安SIMへの乗換えの入口にするのも良い考えですね。
スマホと格安SIMセット購入【covia g07】
【covia g07】は、スマホと格安SIMセット購入がおすすめです。デュアルSIMデュアルスタンバイを搭載したgooの低価格スマートホン。2回線分のSIM管理が簡単!仕事用とプライベート用に分けたり、1台で2つの番号を持つ事も可能です。DSDS機能が欲しい方は必見です。
スマホと格安SIMセット購入【iPhoneSE】
【iPhoneSE】SIMフリーで販売されているスマートホンを紹介します。言わずとも知られているアップルで販売されているiPhoneシリーズです。【iPhoneSE】はiPhoneシリーズの中でも廉価版と位置付けられています。確かに見た目iPhone5ですが、スペックはiPhone6Sとほぼ同等です。なのに価格が安いので一見の価値はあります。
キッズスマホとしておすすめPolaSma(ポラスマ)
ポラスマは、カメラで有名なポラロイド社の子供向け端末(キッズスマホ)です。ポラスマは、子供向けに作られた端末なので、見守り機能が充実しています。発売からある程度経過しているので、最新端末ではありませんが、子供向けとしては十分でしょう。