▲TOP

格安SIMと合わせてIP電話を利用する

格安SIMと合わせてIP電話を利用する

IP電話を利用して格安SIM携帯電話の通話料金を格安にする

IP電話とは、インターネット回線を利用した電話サービスです。
通常の電話サービスでは、公衆回線網となる複数の交換機を利用しているので、コストが掛かりますが、IP電話では、インターネットブロードバンドを経由して電話をかけるので、交換機を経由する回線よりもコストを抑えられることで、通話料金が格安に設定されています。

 

格安SIMの携帯電話からの通話料金は、20円/30秒掛かります。これは、キャリアでの通常の通話料金と同じ料金設定ですが、同一のMVNO同士での無料通話という設定がない分を考慮すると割高とも言えます。
また、キャリアでは制限なしの電話かけ放題のプランがありますが、格安SIMの電話かけ放題のプラン(MVNO業者によっては電話かけ放題のプランが無い場合もあります)では、現状、1回の通話で5分間、10分間などの上限が設定されています。これらの上限を超えると通常の通話料金が掛かることになります。

 

このような格安SIMの通話料金のデメリットを補うために、IP電話を利用を考えてみましょう。ただし、IP電話のデメリットもありますので、よくご検討されてから利用することをおすすめします。

 

IP電話のデメリット

一般的なIP電話のデメリットについて、記載します。(一部のIP電話会社によっては、当てはまらない事項もあります)
●今まで携帯電話を利用していた場合は、電話番号が050に代わってしまうので、番号変更の連絡を友人・知人・会社関係者などに連絡しなければならないので、特に繋がりの広い人は一苦労になるでしょう。
●インターネット回線を利用している性質上、セキュリティの脆弱性などから、第三者に「なりすまし」や「乗っ取り」などの不正利用をされる危険性もあります。
総務省/第三者によるIP電話等の不正利用に関する注意喚起
●0088などのフリーコールや、110番119番の緊急電話も利用が出来ません。
●地震速報などの緊急速報が受信できません。

IP電話から
発信可能な番号

・固定電話(01番号〜09番号)
・携帯電話(070番号、080番号、090番号)
・IP電話(050番号)

IP電話から
発信できない番号

・フリーダイヤル、ナビダイヤル、伝言ダイヤル、テレドーム番号
 (0120、0170、0190、0570、0800)
・緊急通報用電話番号(110、119、118)

 

 

LINEアプリのIP電話【LINE Out】

2014年3月よりサービス開始となった【LINE Out】(旧「LINE電話」)は、LINEを利用していないユーザーや固定電話へも、LINEアプリから電話を掛けられる格安のIP電話です。

 

【LINE Out】のメリットとしては、通話料金以外の、月額利用料無料、初期費用無料、接続費用無料でありながら、日本への通話料金は、発信者がどこにいても同一料金で、携帯電話への通話が最低6円/1分と、とにかく圧倒的に格安です。もちろん、LINEアプリを利用している相手となら無料通話となります。
さらに、海外への通話料金が安く、アメリカ、カナダ、中国、シンガポールなど(地域によって異なります)では、固定電話、携帯電話ともに1円/1分となっています。
また、従来のIP電話では、050などの電話番号が通知されるので、掛けた相手に知らない相手からの電話だと思われてしまう不都合がありましたが、「LINEOut」では、基本的に携帯電話の番号がそのまま通知されるので便利に利用できます。※ただし、通話相手がNTTdocomoの場合は「通知不可能」または、「非通知」と表示されてしまいます。

 

【LINE Out】のデメリットとしては、IP電話の性質上、通話品質がやや悪いという点があります。通信状況によっては、通話音が乱れたり途切れたりすることもあります。
また、先程と被るのですが、相手がNTTdocomo利用者の場合は番号通知は「通知不可能」または、「非通知」と表示されてしまいまう点はデメリットです。

 

しかし、このようなデメリットがあっても、やはりこの料金設定は魅力的です。料金プランは、「コールクレジット」と「30日プラン」があります。月ごとの通話時間が多くなる方は、「30日プラン」が通話料が最低料金に設定されているのでおすすめです。月ごとに変更も可能です。

 

コールクレジットでの支払いプラン
通話料の支払いは、電子マネーのように使う分だけチャージする「コールクレジット」という料金プランがあります。「コールクレジット」は、iosとAndroidアプリ内と、LINEウェブストアからチャージが出来ます。

固定電話

3円/1分

携帯電話

14円/1分

LINEアプリ

無料

 

 

30日プラン
購入から30日間、決められた時間まで通話できるさらにお得なプランです。

固定電話の通話のみ60分間

120円(30日間)

2円/1分

固定電話と携帯電話60分間

390円(30日間)

6.5円/1分

固定電話と携帯電話120分間

720円(30日間)

6円/1分

 

 

【050plus】と【LINEOut】との比較

マツコ・デラックスのCMでおなじみになっている【050plus】は、固定電話や携帯電話に格安通話料金で電話できるIP電話です。
IP電話でありながら通話品質の良さと、050の電話番号を取得して発信や着信が出来て相手に番号通知されるので、折り返しの電話を受けることも可能な点は、「LINEOut」のデメリットを補っています。
しかし、通話料金については「LINEOut」に比べると若干劣りますが、格安SIMの通常の通話料金に比べると、圧倒的に格安の料金設定ですので、利用する価値は十分にあると思います。

 

●050plus通話料

固定電話

8.64円/3分

携帯電話

17.28円/1分

PHS

10.8円/1分

050plus(アプリ同士)

無料

【050plus】のデメリットは、月額使用料が324円(税込)掛かる点と、携帯電話の電話番号(070、080、090)をそのまま利用できない点です。発信する相手に予め050の番号を知らせておかないと、相手に知らない人からの電話となって電話に出てもらえない可能性もあるので、利用し始めは少し手間になってしまいます。

 

しかし、格安SIMにて、はじめから音声対応SIMにしないで、SMS対応SIMだけの利用で、050の番号をメインに利用すると割り切れば、携帯電話利用料金を格安に抑えられ、さらに通話料金も格安に出来るので、大きなメリットになります。
もちろん、SMS機能付のSIMであれば、LINEなどのSNS(ソーシャルネットワークサービス)の利用も可能ですし、LINEの無料電話と併用して場面によって使い分けることで、さらに節約になるでしょう。
また、ビジネスでの利用を考えると従来の携帯電話の番号は必要でしょうから、その場合、音声通話機能付きのSIMにして、ビジネスでの通話は、通常の携帯電話番号を利用し、その他の通話は050plusやLINEOutなどを利用するというのも良い方法でしょう。


※【050plus】IP電話とセットで購入なら、【OCN モバイル ONE】が、おすすめ!

 

 

国内電話かけ放題の【NifMoでんわ】

NifMoでんわ】は、月額1300円で国内電話かけ放題(国内+海外の電話かけ放題は月額2700円)のIP電話で、通話時間や通話料金を気にしないで利用したいという方にとって、大変魅力的な料金を打ち出しています。
【NifMoでんわ】を利用するには、大元である格安SIMのMVNO業者である【NifMo】の音声通話機能付きのSIMカードと新規に同時申込をする方、または既に利用している方のみが対象になっています。
端末+音声+データ(3GB )

 

標準的なデータ容量3GBの音声通話対応SIMの料金も合わせると、携帯電話利用料のトータルでは、2900円です。電話し放題でこの価格ですから、やはり魅力的です。

 

●【NifMo】と【NifMoでんわ】を契約した際の利用料

データ容量プラン

音声通話対応

NifMoでんわ

(国内かけ放題)

月額合計

1.1GBプラン

640円

700円

1300円

2640円

3GBプラン

900円

2900円

5GBプラン

1600円

3600円

10GBプラン

2800円

4800円

 

●【NifMoでんわ】のデメリット
【NifMo】の音声通話対応SIMを購入しないと利用できない点はデメリットで、MVNO他社も使えなければ、SMS機能付きデータSIM利用でも対応していません。音声通話機能付きのみということは、通常回線の電話も利用できる訳で、場面に合わせて上手く使いこなすのなら良いのですが、間違えて通常の電話を利用してしまうと、20円/30秒の高い通話料金が掛かってしまうので注意が必要です。

 

 

【NifMo】の基本情報

【NifMo】は、@niftyが提供する格安SIMカードで、データ通信専用であれば、月額640円で利用できます。
また、通信速度は、LTE下り最大262.5Mbps/上り最大50Mbpsと高速通信です。(通信状況や、データ容量を使い切ると3Gに切り替わります)
このような高品質かつ格安SIMとして評価されており、
格安SIMアワード2015」にて、
コストパフォーマンス部門「最優秀賞」
通信速度部門「優秀賞」

を受賞しています。

 

●初期費用
登録手数料 3000円(税別)
●月額料金
音声通話対応 700円
SMS機能対応 150円
データ通信のみ 0円
データ通信1.1GB 640円
データ通信3GB 900円
データ通信5GB 1600円
データ通信10GB 2800円
●その他料金
国内通話料 20円/30秒
SMS送信 3円/通
国際SMS送信 50円/通
SMS受信 無料

 

端末+音声+データ(3GB )

SIMフリースマホ、おすすめランキング

(2017/8/15更新)


huawei p10(ハーウェイ ピーテン) 急速充電の性能の向上と省電力化の性能向上、30分充電で約1日稼働する。OSは、Android7.0 、CPUはHuawei Kirin658 オクタコアを搭載のハイスペックモデルかと思ったら2万円台の驚き価格。大人気のSIMフリースマホ「P9Lite」の後継機ですから、発売当初から話題の多い端末です。

huawei p10(ハーウェイ ピーテン) さすが日本製と言わせる細かいところまで行き届いた格安スマホ!防水・防塵・耐衝撃性能に優れ、どこでも大活躍!しかも、ワンセグ搭載、おサイフケータイ対応など機能面も充実しながら電池持ちは余裕の3日間

「nova lite」は、2.5Dガラスの滑らかな曲線にマッチした美しいアルミボディ、ちょうどよい5.2インチサイズで持ちやすく、大容量バッテリーで長時間快適に使えて、サクサク動く高性能CPUを搭載しながらこの低価格のコストパフォーマンスが魅力的


2017年6月9日、Huawei(ファーウェイ)でも人気のPシリーズの最新機種「P10Lite」/「P10」/「P10Plus」の3機種が揃って発売されました。はっきりいってどれも高いレベルのパフォーマンスを発揮していますから、使う人を必ず満足させてくれるSIMフリー端末です。

●「P10Lite」は、コストパフォーマンスに優れています。美しいスタイルにサクサク動く最新CPUを搭載し2万円台の非常に人気の高い機種(5.2インチ)

●「P10」は、第2世代となって全面改良されたLeica(ライカ)ダブルレンズカメラを搭載した上位機種(5.1インチ)

●「P10Plus」は、第2世代Leica(ライカ)ダブルレンズカメラ・Pro版を搭載した端末(5.5インチ)
HUAWEIは、2003年設立の中国のブランドですが、世界170か国以上にサービスを展開しており、2013年にはスマートホン出荷台数が世界第3位にランクインする大手企業にまで成長しています。日本でも格安SIM市場の拡大に伴って安くて高機能であるなどと人気が高まっています。
また、2014年には中国ブランドとして初めての「Best Global Brands2014」のTop100にランクインしており、信頼性も高く評価されています。


HUAWEIMate9-010 「vaio」の刻印がカッコいい!ソニーからPCで有名なブランドVAIOのSIMフリースマートフォンが発売されました。「vaio PhoneBiz」は、最新Windows OSである10のモバイル版を搭載。「vaio Phone A」は、定番のAndroidを搭載したモデルで、DSDSに対応してます。

HUAWEIMate9-010 ドイツの老舗カメラメーカーLeica(ライカ)と共同開発したダブルレンズカメラは第2世代へ、細やかな描写力の写真や臨場感のある4K動画撮影に感動するでしょう。また、HUAWEI最新のオクタコアCPUと学習アルゴリズムで最高のシステムパフォーマンスを実現

huawei p10(ハーウェイ ピーテン) 第2世代となって全面改良されたLeica(ライカ)ダブルレンズカメラを搭載したHuaweiの上位機種。4K動画撮影可能など、もはやスマホとしてのカメラ機能というより、本格的なカメラが搭載されているスマホですね。写真にこだわりのある方に最高のスマートフォンです。

飽きることのない、丸みのある美しいデザインが特徴。高品質ダブルレンズカメラは、プロ用カメラのようなフルマニュアル撮影も可能で、写真を撮ることが毎日楽しくなる。

  デュアルSIMデュアルスタンバイ、2回線で賢く使いこなそう。全てにおいてフルスピード64bit2GHzオクタコア搭載、0.2秒指紋認証解錠機能。

Huawei nova コンパクトなボディに多彩な機能を詰め込んだハイクオリティスマートフォンそれが「nova」です。光と影を演出する曲線を生かしたデザイン性も魅力的

4インチのコンパクトボディにiPhone5Sの廉価版かと思ったら大間違い。中身はしっかりiPhone6Sに匹敵する高性能、なのに、この価格が魅力的です。