▲TOP

使える!データ通信専用の格安SIM利用方法

使える!データ通信専用の格安SIMの活用方法

データ通信のみのプラン格安SIMを、賢くもっと安く利用する方法として、最安値であるデータ通信専用の格安SIMの利用方法を紹介します。データ通信専用のSIMであれば月々500円くらい〜利用できるので、最大限安く利用する方法と言えます。

もちろん、タブレットを利用するにはデータ通信専用で必要十分ですが、その他の利用方法を紹介したいと思います。

 

 

電話はガラケー、ネットはスマホの2台持ちがお得!?

仕事などで不特定多数に電話をかける機会が多い方にとって、通話し放題のプランのない格安SIMではメリットが無いように思われますが、実は、キャリアの通話し放題のプランを手放せない人でも、格安SIMのお得な利用方法があります。
それが、電話専用ガラケー、ネット専用格安スマホ2台持ちです。

 

現状MVNOで無制限の通話し放題プランはないので、まず、キャリアの通話し放題を最大限安くするためにガラケーを利用します。例えば、ソフトバンクでは、のりかえで、ガラケー通話し放題、機種代金実質負担0円のプランがあります。月額料金は1480円です。
ソフトバンクのガラケーのりかえプラン

 

それに加えて、2台目に格安SIMのデータ通信専用を利用します。データ通信のみのプランであれば、平均的なデータ通信量3GBのSMS付のプランであっても1000円程度で利用できます。ネット専用の利用と限れば別にスマホでなくても、ipad等の大画面タブレットでも良いでしょう。

 

【DMMモバイル】は、データ通信専用プランでも、業界最安値水準です。最安水準であっても、通信状況は、繋がりやすさ通信速度ともに良好ですので、当サイトでもおすすめです!
DMMmobile

 

キャリアのガラケーでは、通話し放題のプランのみでデータ定額の利用等は加入しません。その代わり、ネットの利用は格安SIMを利用すれば、電話は無制限にかけ放題を維持して、ネットはスマホで格安でありながら、高速LTEで快適に利用できて、月額利用料を節約することが可能になります。
両社合わせても、利用料は2500円〜3000円程度、プラス端末代となるので、端末代金にもよりますが、たとえ端末代金に月3000円払ったとしても、合計月額6000円以内に収まります。

 

また、通常、格安SIMのMVNO業者では、端末代金は別になっているので、端末代金を安くすればその分だけ安くなります。
(※キャリアではどの端末をとっても実質0円以下にはならないので、他から安く購入しても費用面でのメリットはありません)
ですから、キャリアで購入した端末をSIMロック解除してそのまま利用したり、中古の端末を安く購入したりすることも、格安SIMをお得に利用する方法となります。

 

■SIMロック解除についての記事はこちら

今持っている携帯電話のまま格安SIMに乗り換える

 

■中古スマホ購入なら電脳プラザ↓↓↓

目次に戻る↑

 

スマホデビューやキッズ携帯として最適

もうひとつ、データ通信専用格安SIMの利用方法として、キッズ携帯にする方法があります。

 

お子様の場合、電話する相手が限られているので、家族や祖父母、友達の他電話することがないのであれば、電話番号がなくてもLINEで必要十分です。ですから、データ通信専用の格安SIMを利用したスマホを、お子様のスマホデビューキッズ携帯としても最適でしょう。なにより親の費用負担が楽です。
LINEの利用は、SMSを利用してLINE認証するので、SMS機能付きのSIMでないと、利用できないので、SIM購入の際、気を付けて下さい。

 

また、小さいお子様にスマホを渡す場合には、スマホ本体の機能制限の設定などで、道徳的に良くないサイトの閲覧や、アプリのダウンロードを出来ないよう、ペアレントコントロールのような制限を掛けることをおすすめします。

 

関連記事

キッズスマホを格安SIMで利用する

 

データ通信専用の格安SIMで、メインのスマートホンとして利用する

極力スマホの月額利用料を抑えたいのなら、データ通信専用の格安SIMで、メインのスマートホンとして利用を考えてみましょう。
データ通信に関しては、ほぼどこのMVNOもドコモの通信網を利用しているので、繋がりやすさと通信スピードに不満を感じることは少ないと思います。スマホとしての利用でもデータ通信のみでLINEやIP電話を介せば通話もできるので、スマホの利用料を出来る限り抑えたい人は、これもありなんだと思います。

 

LINEを利用するのにLINEの認証登録をするのですが、LINEの認証にはSMSの機能が必要になります。データ通信SIMにSMS機能を付けるのに月額150円程度の費用が掛かります。LINEなら無料通話機能も利用できるので、LINEを利用している家族や友人への通信、通話も無料ですから良いでしょう。
また、【LINE Out】というLINEアプリ内にIP電話回線を利用した有料通話機能もあります。こちらを利用すると、一般電話やLINEを利用していない携帯電話への通話も可能で有料ですが格安の通話料金ですので、おすすめです。
LINEOutでは、基本的に利用している電話番号を通話先の相手に番号通知出来るのですが、NTTドコモ利用者に対しては、非通知設定になってしまいます。また、通話品質も劣るデメリットがあります。

 

そのデメリットを補うために、【050plus】などのIP電話の加入をおすすめします。
IP電話に加入すれば、050などの電話番号も持てて、格安で固定電話や携帯電話にも通話することが可能になり、格安の通話料金も魅力です。

 

音声に関しても3G回線が主流だった以前に比べ格段に良くなっています。実際に利用している人の口コミでも「通常の携帯電話と区別のつかないくらい自然な音声で聞ける」と言われています。

 

詳しくは、050plus

 

【050plus】とセットでお得【OCNモバイルONE】↓↓↓

 

ただし、IP電話も、デメリットがあります。

・今まで携帯電話を利用していた場合は、電話番号が050に代わってしまうので、番号変更の連絡を友人・知人・会社関係者などに連絡しなければならないので、特に繋がりの広い人は一苦労になるでしょう。
・0088などのフリーコールや、110番119番の緊急電話も利用が出来ません。
・地震速報などの緊急速報が受信できません。

など、上記のようなデメリットを踏まえて、それでも出来るだけ安くしたいと言う方におすすめします。

目次に戻る↑

SIMフリースマホ、おすすめランキング

(2017/8/15更新)


huawei p10(ハーウェイ ピーテン) 急速充電の性能の向上と省電力化の性能向上、30分充電で約1日稼働する。OSは、Android7.0 、CPUはHuawei Kirin658 オクタコアを搭載のハイスペックモデルかと思ったら2万円台の驚き価格。大人気のSIMフリースマホ「P9Lite」の後継機ですから、発売当初から話題の多い端末です。

huawei p10(ハーウェイ ピーテン) さすが日本製と言わせる細かいところまで行き届いた格安スマホ!防水・防塵・耐衝撃性能に優れ、どこでも大活躍!しかも、ワンセグ搭載、おサイフケータイ対応など機能面も充実しながら電池持ちは余裕の3日間

「nova lite」は、2.5Dガラスの滑らかな曲線にマッチした美しいアルミボディ、ちょうどよい5.2インチサイズで持ちやすく、大容量バッテリーで長時間快適に使えて、サクサク動く高性能CPUを搭載しながらこの低価格のコストパフォーマンスが魅力的


2017年6月9日、Huawei(ファーウェイ)でも人気のPシリーズの最新機種「P10Lite」/「P10」/「P10Plus」の3機種が揃って発売されました。はっきりいってどれも高いレベルのパフォーマンスを発揮していますから、使う人を必ず満足させてくれるSIMフリー端末です。

●「P10Lite」は、コストパフォーマンスに優れています。美しいスタイルにサクサク動く最新CPUを搭載し2万円台の非常に人気の高い機種(5.2インチ)

●「P10」は、第2世代となって全面改良されたLeica(ライカ)ダブルレンズカメラを搭載した上位機種(5.1インチ)

●「P10Plus」は、第2世代Leica(ライカ)ダブルレンズカメラ・Pro版を搭載した端末(5.5インチ)
HUAWEIは、2003年設立の中国のブランドですが、世界170か国以上にサービスを展開しており、2013年にはスマートホン出荷台数が世界第3位にランクインする大手企業にまで成長しています。日本でも格安SIM市場の拡大に伴って安くて高機能であるなどと人気が高まっています。
また、2014年には中国ブランドとして初めての「Best Global Brands2014」のTop100にランクインしており、信頼性も高く評価されています。


HUAWEIMate9-010 「vaio」の刻印がカッコいい!ソニーからPCで有名なブランドVAIOのSIMフリースマートフォンが発売されました。「vaio PhoneBiz」は、最新Windows OSである10のモバイル版を搭載。「vaio Phone A」は、定番のAndroidを搭載したモデルで、DSDSに対応してます。

HUAWEIMate9-010 ドイツの老舗カメラメーカーLeica(ライカ)と共同開発したダブルレンズカメラは第2世代へ、細やかな描写力の写真や臨場感のある4K動画撮影に感動するでしょう。また、HUAWEI最新のオクタコアCPUと学習アルゴリズムで最高のシステムパフォーマンスを実現

huawei p10(ハーウェイ ピーテン) 第2世代となって全面改良されたLeica(ライカ)ダブルレンズカメラを搭載したHuaweiの上位機種。4K動画撮影可能など、もはやスマホとしてのカメラ機能というより、本格的なカメラが搭載されているスマホですね。写真にこだわりのある方に最高のスマートフォンです。

飽きることのない、丸みのある美しいデザインが特徴。高品質ダブルレンズカメラは、プロ用カメラのようなフルマニュアル撮影も可能で、写真を撮ることが毎日楽しくなる。

  デュアルSIMデュアルスタンバイ、2回線で賢く使いこなそう。全てにおいてフルスピード64bit2GHzオクタコア搭載、0.2秒指紋認証解錠機能。

Huawei nova コンパクトなボディに多彩な機能を詰め込んだハイクオリティスマートフォンそれが「nova」です。光と影を演出する曲線を生かしたデザイン性も魅力的

4インチのコンパクトボディにiPhone5Sの廉価版かと思ったら大間違い。中身はしっかりiPhone6Sに匹敵する高性能、なのに、この価格が魅力的です。