▲TOP

データ通信使用量の確認方法

キャリア別データ通信量の確認方法

格安SIMを購入する際、プランの多さにどれを選べば良いのか分からない事もあるでしょう。
ここでは、今利用しているデータ通信量の確認方法と格安SIMのデータ容量プランの選び方について紹介します。

 

格安SIMのデータ通信容量は、高速通信で利用できる容量になります。月ごとに決められた容量を使い切ってしまうと、その月の残りは低速通信に切り替わってしまいます。細かくプランを選べるのが格安SIMの特徴でもあり、選択するプランによって料金も変わってくるので、自分合ったデータ容量を選ぶことが大事です。

 

使用する通信量は個人差があるので、まずは『自分が今の携帯電話会社でどのくらいデータ通信量を使用しているのか』ということを前もってチェックしておきましょう。

 

ドコモのデータ通信量確認方法

スマホから確認

dメニューから「My docomo」にアクセスすると、まず当月分の「データ通信量」が確認できます。赤枠内をタップ→

 

「よく使われるメニュー」から赤枠の「ご利用データ量確認(当月分)」をタップします→
すると「1カ月間合計データ容量」欄の項目から、当月分および前月分の使用データ容量が確認できます。

 

 

 

ソフトバンクのデータ通信量確認方法

スマホから確認

My softbankにアクセスしてログインします。
トップページの「○月のご請求」をタップします→

「オンライン料金案内」が表示されるので、
データ通信量を確認したい月の「内訳をみる」をタップします→

すると、「ご請求内容」が表示されるので、下にスクロールしていくと選択した月ごとの通信使用量が確認できます。

 

 

 

auのデータ通信量確認方法

「今月の通話・通信料 及び データ通信量ページ(My au)」にアクセスしてログインします→

まず、当月分である「昨日までのLTE通信量合計」が確認できます。
さらに「⇒前月ご利用のデータ通信量の確認はこちら」をタップします→

すると、今月及び前月のデータ通信量が確認できます。

 

 

現在利用している携帯電話のデータ通信量が分かったら、格安SIMの各会社の料金などの比較して、自分が使うデータ通信量をカバーできる容量プランを選びましょう。

 

 

 

格安SIMを扱うMVNO会社の主要10社のプラン比較

音声対応

楽天モバイル

DMMモバイル

OCN モバイル ONE

LINEモバイル

500MB

 

 

 

1,210円

最安

1GB

 

1,260円

 

 

2GB

 

1,380円

最安

 

 

3GB

1,600円

(3.1GB)

1,500円

1,800円

1,690円

4GB

 

 

 

 

5GB

2,150円

1,910円

最安

 

2,220円

6GB

 

 

2,150円

最安

 

7GB

 

2,560円

 

2,880円

8GB

 

2,680円

 

 

9GB

 

 

 

 

10GB

2,960円

2,890円

3,000円

3,220円

12GB

 

 

 

 

13GB

 

 

 

 

15GB

 

3,980円

最安

 

 

20GB

4,750円

4,680円

4,850円

 

30GB

6,150円

最安

 

6,750円

 

※最安:当サイト調べ10社中の最安値です。

 

 

 

音声対応

nuroモバイル

NifMo

BIGLOBE

DTI SIM

500MB

 

 

 

 

1GB

 

1,340円

1.1

GB

1,400円

1,200円

最安

2GB

1,400円

 

 

 

3GB

1,600円

1,600円

1,600円

1,490円

最安

4GB

1,800円

最安

 

 

 

5GB

2,000円

 

 

1,920円

6GB

2,200円

 

2,150円

最安

 

7GB

2,400円

2,300円

最安

 

 

8GB

2,600円

最安

 

 

 

9GB

2,800円

最安

 

 

 

10GB

3,000円

 

 

2,800円

最安

12GB

 

 

3,400円

最安

 

13GB

 

3,500円

最安

 

 

15GB

 

 

 

4,300円

20GB

 

 

5,200円

5,550円

30GB

 

 

7,450円

 

※最安:当サイト調べ10社中の最安値です。

 

 

音声対応

mineo

Dプラン

mineo

Aプラン

IIJmio

タイプD

IIJmio

タイプA

500MB

1,400円

1,310円

 

 

1GB

1,500円

1,410円

 

 

2GB

 

 

 

 

3GB

1,600円

1,510円

1,600円

1,600円

4GB

 

 

 

 

5GB

 

 

 

 

6GB

2,280円

2,190円

2,220円

2,220円

7GB

 

 

 

 

8GB

 

 

 

 

9GB

 

 

 

 

10GB

3,220円

3,130円

3,260円

3,260円

12GB

 

 

 

 

13GB

 

 

 

 

15GB

 

 

 

 

20GB

4,680円

4,590円

最安

3,100円

(OP料金)

30GB

6,600円

6,510円

5,000円

(OP料金)

※最安:当サイト調べ10社中の最安値です。

 

 

高速通信データ容量のプランが細かく選択できて、月ごとにデータ容量プランの変更が可能な「nuroモバイル」がおススメです。ここなら自分にちょうど良いプランを選択できるはずです。公式サイトはこちらから↓↓↓
NUROMOBILE

 

 

 

 

 

 

SIMフリースマホ、おすすめランキング

(2017/8/15更新)


huawei p10(ハーウェイ ピーテン) 急速充電の性能の向上と省電力化の性能向上、30分充電で約1日稼働する。OSは、Android7.0 、CPUはHuawei Kirin658 オクタコアを搭載のハイスペックモデルかと思ったら2万円台の驚き価格。大人気のSIMフリースマホ「P9Lite」の後継機ですから、発売当初から話題の多い端末です。

huawei p10(ハーウェイ ピーテン) さすが日本製と言わせる細かいところまで行き届いた格安スマホ!防水・防塵・耐衝撃性能に優れ、どこでも大活躍!しかも、ワンセグ搭載、おサイフケータイ対応など機能面も充実しながら電池持ちは余裕の3日間

「nova lite」は、2.5Dガラスの滑らかな曲線にマッチした美しいアルミボディ、ちょうどよい5.2インチサイズで持ちやすく、大容量バッテリーで長時間快適に使えて、サクサク動く高性能CPUを搭載しながらこの低価格のコストパフォーマンスが魅力的


2017年6月9日、Huawei(ファーウェイ)でも人気のPシリーズの最新機種「P10Lite」/「P10」/「P10Plus」の3機種が揃って発売されました。はっきりいってどれも高いレベルのパフォーマンスを発揮していますから、使う人を必ず満足させてくれるSIMフリー端末です。

●「P10Lite」は、コストパフォーマンスに優れています。美しいスタイルにサクサク動く最新CPUを搭載し2万円台の非常に人気の高い機種(5.2インチ)

●「P10」は、第2世代となって全面改良されたLeica(ライカ)ダブルレンズカメラを搭載した上位機種(5.1インチ)

●「P10Plus」は、第2世代Leica(ライカ)ダブルレンズカメラ・Pro版を搭載した端末(5.5インチ)
HUAWEIは、2003年設立の中国のブランドですが、世界170か国以上にサービスを展開しており、2013年にはスマートホン出荷台数が世界第3位にランクインする大手企業にまで成長しています。日本でも格安SIM市場の拡大に伴って安くて高機能であるなどと人気が高まっています。
また、2014年には中国ブランドとして初めての「Best Global Brands2014」のTop100にランクインしており、信頼性も高く評価されています。


HUAWEIMate9-010 「vaio」の刻印がカッコいい!ソニーからPCで有名なブランドVAIOのSIMフリースマートフォンが発売されました。「vaio PhoneBiz」は、最新Windows OSである10のモバイル版を搭載。「vaio Phone A」は、定番のAndroidを搭載したモデルで、DSDSに対応してます。

HUAWEIMate9-010 ドイツの老舗カメラメーカーLeica(ライカ)と共同開発したダブルレンズカメラは第2世代へ、細やかな描写力の写真や臨場感のある4K動画撮影に感動するでしょう。また、HUAWEI最新のオクタコアCPUと学習アルゴリズムで最高のシステムパフォーマンスを実現

huawei p10(ハーウェイ ピーテン) 第2世代となって全面改良されたLeica(ライカ)ダブルレンズカメラを搭載したHuaweiの上位機種。4K動画撮影可能など、もはやスマホとしてのカメラ機能というより、本格的なカメラが搭載されているスマホですね。写真にこだわりのある方に最高のスマートフォンです。

飽きることのない、丸みのある美しいデザインが特徴。高品質ダブルレンズカメラは、プロ用カメラのようなフルマニュアル撮影も可能で、写真を撮ることが毎日楽しくなる。

  デュアルSIMデュアルスタンバイ、2回線で賢く使いこなそう。全てにおいてフルスピード64bit2GHzオクタコア搭載、0.2秒指紋認証解錠機能。

Huawei nova コンパクトなボディに多彩な機能を詰め込んだハイクオリティスマートフォンそれが「nova」です。光と影を演出する曲線を生かしたデザイン性も魅力的

4インチのコンパクトボディにiPhone5Sの廉価版かと思ったら大間違い。中身はしっかりiPhone6Sに匹敵する高性能、なのに、この価格が魅力的です。