▲TOP

家族で賢くパケットシェアする様々なシェア方式

家族で賢くパケットシェアする様々なシェア方式

格安SIMのパケット(通信容量)を 家族内でまたは友人同士で賢く無駄なくシェア(分け合う)する方法を紹介します。人によってスマホの利用方法は異なるので家族内のメンバーでもパケット利用量は異なるでしょう。

 

パケットのお悩みとしてよくありがちなのは、

「3GBのプランを利用しているけれど毎月容量不足で通信制限に陥ってしまう」

 

「毎月3.5GBのパケットを利用しているので3GBのプランでは容量不足になってしまうから、一つ上のプラン6GBのプランにしているが無駄に余らせてしまう」

 

「パケットの翌月繰り越し機能があるけれど、繰り越し分を使うことはほとんどない」

などがあると思います。

 

このような悩みを解決する手段としてパケットシェアがあります。家族や友人同士でパケットシェアを利用することで、余ってしまうパケット分を他のパケットが不足するメンバーに補いあうことで、パケットを無駄なく利用できて、結果的に通信量を節約し通信料金を安くすることが可能です。

 

パケットシェアの方式について

格安SIMのパケットシェアは、MVNOによってシェア方式が異なる場合があります。パケットシェアは大きく分けて以下の3つのシェア方式があります。

1.大容量のパケットを家族などのグループでシェアする
2.個々に契約するデータ容量から余ったパケットを翌月分け合う
3.保有しているパケットを他のメンバーにプレゼントする

 

それぞれのシェア方式にメリットデメリットがあるので、確認しておきましょう。

1.大容量のパケットを家族などのグループでシェアする

大容量の通信プランに契約しメンバー間でそのパケット容量をシェアする最も一般的なパケットシェア方式です。

このような人には向いていないデメリット1

主に家族間での利用を想定したパケット方式で、主契約者がすべての支払い元となることから、友人同士でのパケットシェアには不向きといえます。

このような人には向いていないデメリット2

パケット容量を使い切ってしまうと家族全員が通信制限に陥ってしまいます。つまり、家族内の1人が今月パケット使いすぎちゃったという場合も家族全員が被害に遭うことになってしまいます。
※データ容量を追加購入することで通信制限を回避することは可能です。

 

このような人におすすめ!パケットシェアのメリット

個々に契約すると余ってしまうまたは不足してしまうパケットをシェアすることで補い合えるので、パケットを無駄なく使えることが最大のメリットです。個々の通信容量不足を解消するだけでなく、結果的に通信料金も安くなります。

 

具体例を紹介します。

「BIGLOBE SIM」のシェアSIM

「BIGLOBE SIM」では、通信容量を複数のSIMで分け合えるシェアSIMが利用できます。
BIGLOBE SIM シェアSIM

 

例えば家族4人で利用する場合

 

今までは・・・

家族紹介

 

 

長女

 

長男

 

プラン

3GB音声通話

3GB音声通話

3GB音声通話

3GB音声通話

料金

月額基本料

1600円

月額基本料

1600円

月額基本料

1600円

月額基本料

1600円

主な利用 主に通勤電車内でネットサーフィンするくらい いまだかつて通信容量を使い切ったことがない 映画や音楽ライブを楽しむ毎月通信制限に不満 オンラインゲームにハマる通信制限に引っかかる月も
通信量

実際に利用する通信量
平均1.3GB

実際に利用する通信量
平均1.2GB

想定される通信容量
平均5GB

想定される通信容量
平均3GB

プラン基本料合計:6400円
問題点:子供達(主に長女)が通信容量不足に不満を持っている

通信容量を適正なプランに見直してみると

通信容量を適正なプランに見直してみると

 

 

長女

 

長男

 

3GB音声通話

3GB音声通話

6GB音声通話

6GB音声通話

月額基本料

1600円

月額基本料

1600円

月額基本料

2150円

月額基本料

2150円

月額基本料金合計:7,500円

通信容量不足が解消
しかし、通信料金が上がってしまう

シェアSIMを利用すると

シェアSIMを利用すると

シェアSIMを利用すると

 

 

長女

 

長男

 

主SIM

12GB

音声通話

シェアSIM

(1)

音声通話

シェアSIM

(2)

音声通話

シェアSIM

(3)

音声通話

月額基本料

3400円

月額基本料

900円

月額基本料

900円

月額基本料

900円

月額基本料金合計:6,100円

基本料も安くなり通信量の不足も解消する!
利用容量月平均:10.2GB
ほんの一例ですが、
月額1400円分も節約、年間では16,800円も節約になりました。

料金は、パケットシェアの大容量分をパケットシェアする場合の基本料と、同容量分を個々に契約する場合の基本料と比べ、パケットシェアするほうがほんの気持ち安くなるかなという程度ですが、ひとつ上のプランに見直しするのなら、パケットシェアを利用する手段も検討されてはいかがでしょう、という訳でご紹介しました。無駄なくパケット量を分け合えることで多くの家族がメリットを受けられるようになる筈です。

 

 

biglobe sim 詳細記事はこちら

 

 

 

「家族で賢くパケットシェアする様々なシェア方式」の続き

 

  3   >   >>

SIMフリースマホ、おすすめランキング

(2017/8/15更新)


huawei p10(ハーウェイ ピーテン) 急速充電の性能の向上と省電力化の性能向上、30分充電で約1日稼働する。OSは、Android7.0 、CPUはHuawei Kirin658 オクタコアを搭載のハイスペックモデルかと思ったら2万円台の驚き価格。大人気のSIMフリースマホ「P9Lite」の後継機ですから、発売当初から話題の多い端末です。

huawei p10(ハーウェイ ピーテン) さすが日本製と言わせる細かいところまで行き届いた格安スマホ!防水・防塵・耐衝撃性能に優れ、どこでも大活躍!しかも、ワンセグ搭載、おサイフケータイ対応など機能面も充実しながら電池持ちは余裕の3日間

「nova lite」は、2.5Dガラスの滑らかな曲線にマッチした美しいアルミボディ、ちょうどよい5.2インチサイズで持ちやすく、大容量バッテリーで長時間快適に使えて、サクサク動く高性能CPUを搭載しながらこの低価格のコストパフォーマンスが魅力的


2017年6月9日、Huawei(ファーウェイ)でも人気のPシリーズの最新機種「P10Lite」/「P10」/「P10Plus」の3機種が揃って発売されました。はっきりいってどれも高いレベルのパフォーマンスを発揮していますから、使う人を必ず満足させてくれるSIMフリー端末です。

●「P10Lite」は、コストパフォーマンスに優れています。美しいスタイルにサクサク動く最新CPUを搭載し2万円台の非常に人気の高い機種(5.2インチ)

●「P10」は、第2世代となって全面改良されたLeica(ライカ)ダブルレンズカメラを搭載した上位機種(5.1インチ)

●「P10Plus」は、第2世代Leica(ライカ)ダブルレンズカメラ・Pro版を搭載した端末(5.5インチ)
HUAWEIは、2003年設立の中国のブランドですが、世界170か国以上にサービスを展開しており、2013年にはスマートホン出荷台数が世界第3位にランクインする大手企業にまで成長しています。日本でも格安SIM市場の拡大に伴って安くて高機能であるなどと人気が高まっています。
また、2014年には中国ブランドとして初めての「Best Global Brands2014」のTop100にランクインしており、信頼性も高く評価されています。


HUAWEIMate9-010 「vaio」の刻印がカッコいい!ソニーからPCで有名なブランドVAIOのSIMフリースマートフォンが発売されました。「vaio PhoneBiz」は、最新Windows OSである10のモバイル版を搭載。「vaio Phone A」は、定番のAndroidを搭載したモデルで、DSDSに対応してます。

HUAWEIMate9-010 ドイツの老舗カメラメーカーLeica(ライカ)と共同開発したダブルレンズカメラは第2世代へ、細やかな描写力の写真や臨場感のある4K動画撮影に感動するでしょう。また、HUAWEI最新のオクタコアCPUと学習アルゴリズムで最高のシステムパフォーマンスを実現

huawei p10(ハーウェイ ピーテン) 第2世代となって全面改良されたLeica(ライカ)ダブルレンズカメラを搭載したHuaweiの上位機種。4K動画撮影可能など、もはやスマホとしてのカメラ機能というより、本格的なカメラが搭載されているスマホですね。写真にこだわりのある方に最高のスマートフォンです。

飽きることのない、丸みのある美しいデザインが特徴。高品質ダブルレンズカメラは、プロ用カメラのようなフルマニュアル撮影も可能で、写真を撮ることが毎日楽しくなる。

  デュアルSIMデュアルスタンバイ、2回線で賢く使いこなそう。全てにおいてフルスピード64bit2GHzオクタコア搭載、0.2秒指紋認証解錠機能。

Huawei nova コンパクトなボディに多彩な機能を詰め込んだハイクオリティスマートフォンそれが「nova」です。光と影を演出する曲線を生かしたデザイン性も魅力的

4インチのコンパクトボディにiPhone5Sの廉価版かと思ったら大間違い。中身はしっかりiPhone6Sに匹敵する高性能、なのに、この価格が魅力的です。