▲TOP

mineo(マイネオ)に携帯電話番号ポータビリティ(MNP)してみた

mineo(マイネオ)に携帯電話番号ポータビリティ(MNP)してみた

今まで使っていたSIMフリーiPhone5sのままで、ケイ・オプティコムのmineo(マイネオ)に携帯電話番号ポータビリティ(MNP)の申し込みをしました。格安SIMのマイネオへのMNP乗換えの手順と注意点、また使い勝手についてレビューしたいと思います。

 

目次

mineo

 


私は、すでにキャリア(ドコモ、ソフトバンク、auの3大携帯電話通信会社)を利用してなく、楽天モバイルから、mineo(マイネオ)のau回線へのMNPとなります。

 

mineoにMNPする理由は2つあって、mineoは、docomo回線とau回線どちらか選べるのですが、通信速度が出るといわれるau回線を試してみたかったことが、まずひとつの理由。
そして、もうひとつの理由は、ゆくゆくは家族4人でパケットシェアすることを考えたときに、mineoの余ったデータを翌月メンバー間でシェア出来る方式が一番お得に利用できる計算だったからです。
楽天モバイルでも余ったデータを翌月にメンバー間でシェア出来るプランが新たに出来たのですが、利用料が1人100円づつ掛かるためお得感が感じられず、転出を決めました。ついでに言うと、mineoならシェア利用料が掛からないだけでなく、家族割が適用され、僅かながら家族1人につき50円づつの割引になります。

 

 

mineo(マイネオ)詳細はこちら

 

そもそもMNPとは?

携帯電話番号ポータビリティ(MNP)とは、今まで利用していた携帯電話番号をそのまま、他社の携帯電話通信会社で利用したい場合に必要な手続きになります。

 

MNP予約番号を発行する

MNPを利用するには、まず今まで利用していた携帯電話通信会社から、MNPの予約番号を発行して貰わないとなりません。MNP予約番号を持って新しい携帯電話通信会社にMNPの申込をするという手順になります。

 

キャリアからMNP予約番号発行

キャリアからMNP予約番号を発行する場合は、こちらをご確認ください。

携帯電話会社

Webからの申込

電話からの申込

ドコモ

●iモード
i-menu→お客様サポート→お申込・お手続き
→各種お申込・お手続き
●PCサイト
myDoCoMo→ログイン
(受付:24時間)

●ケータイから
151
●一般電話から
0120-800-000
(受付:9:00〜20:00)

au

●EZweb
Top→auお客様サポート→申し込む/変更する
(受付:9:00〜21:30)

●ケータイから
157
●一般電話から
0077-75470
(受付:9:00〜20:00)

ソフトバンク

●Yahoo!ケータイ
TOP→My Softbank→各種変更手続き
→MNP予約関連手続き
(受付:9:00〜21:30)

●ケータイから
*5533
●一般電話から
0800-100-5533
(受付:9:00〜20:00)

※MNP予約番号は取得してから15日を過ぎると無効になってしまいます。

 

楽天モバイルの転出(MNP予約番号発行)の手順

今回スマートフォンからMNP予約番号発行の申し込みをしました。スマホからでも簡単に申込できました。

 

●楽天モバイル会員サポート(マイページ)よりメンバーステーションを選択してログイン
楽天モバイルメンバーステーション

 

●「ようこそメンバーステーションへ」のページをスクロールすると下の方に「MNP予約番号発行・確認」があるのでクリックしてページに進みます。

マイネオMNPご利用楽天モバイルメンバーステーション

 

●MNP予約番号発行ページから、転出の理由、MNP転出先を選択して「MNP転出予約番号の発行をする」をクリックします。
私は「mineo」を選択しました。

マイネオMNPご利用楽天モバイルメンバーステーション

 

●確認画面が表示されるので間違いが無ければそのまま「お申し込み」をタップしてMNP予約番号の申込み完了です。
翌日〜3日程度で同ページ内で、MNP予約番号の確認ができるようになります。

マイネオMNPご利用楽天モバイルメンバーステーション

 

なお、予約番号は発行されてから15日間の期限が設けられています。マイネオではMNP予約番号の有効期限が10日以上残っていないと申込を受け付けて貰えないので、予約番号が発行されたら速やかに手続きを済ませましょう。

 

 

mineo(マイネオ)でMNPの申し込みをする

楽天モバイルからMNP予約番号が発行されたので、さっそくマイネオでMNPのネット申し込みをしました。

 

申込手続きを進めて気づいたのですが、以下の4つは、申し込み時に必ず必要になるのであらかじめ準備してから申し込み手続きを始めるとスムーズにいきます。

〇MNP予約番号とその有効期限
(新規の電話番号を取得する場合は必要ありません)
〇クレジットカード
(契約者名義のクレジットカード)
〇本人確認書類
(アップロードをするので、あらかじめ本人確認書類の写真を撮っておくとスムーズです)
〇メールアドレス
(乗換え後も利用可能なメールアドレスです。持っていなければ、yahooなどで無料のアドレスを作ることができます)

 

mineoへのMNP申込手順

●マイネオの公式ページより「Webで簡単申込」をタップ

マイネオMNP申込手順マイネオMNP申込手順

 

●キャンペーンのエントリーコードがあればコードを入力します。
私は何も持っていなかったので「お持ちでないお客様」から進みました。

マイネオMNP申込手順マイネオMNP申込手順

 

●次に、プランを選択します。
私は、プラン「auプラン」、タイプ「デュアルタイプ」、コース「3GB」、通話定額「申し込まない」をそれぞれ選択しました。

マイネオMNP申込手順

 

●端末セット、または、SIMカードのみを選択
私は、今までのiPhone5sをそのまま利用するので、「SIMカードのみ」を選択

マイネオMNP申込手順

 

●SIMカードの形状を選択します。
マイネオMNP申込手順

 

SIMカードのみを購入する場合、利用する端末がmineoで利用できるか確認しましょう。docomoプラン、auプランによっても利用できる端末が異なります。また、SIMカードの選択を間違えると後々面倒なことになるので、利用する端末のSIMカードの形状を確認しましょう。「mineo動作確認端末一覧」のリンクから利用出来る端末や、その端末のSIMカードの形状が確認できます。

 

マイネオMNP申込手順

 

私のSIMフリーiPhone5S端末は、SIMカードの形状は、nanoですね。デザリングはNGのようです。私はデザリングを利用しないので問題ないのですが、5sでデザリングが必要な方は、dプランなら利用可能です。

 

●次に携帯電話番号ナンバーポータビリティ(MNP)をするを選びます。スクロールして、MNP予約番号、MNPをする電話番号、MNP予約番号の有効期限をそれぞれ入力します。

マイネオMNP申込手順マイネオMNP申込手順

 

●オプションの申込です。
マイネオMNP申込手順

 

●契約者の情報を入力します。住所の番地・号は、半角で入力してしまうと、全角で入力してくださいとエラーが出るので全角に直して進みます。
マイネオMNP申込手順

 

●mineo会員のマイページに必要な、eoIDおよびeoIDパスワードを決めます。
マイネオMNP申込手順

 

●初期費用及び月額費用を確認して、支払情報を入力します。クレジットカードの利用が必須です。

マイネオMNP申込手順マイネオMNP申込手順

 

●本人確認書類のアップロード画面です。スマホからでも問題なくアップロード出来ました。
(本人確認書類は、運転免許証、健康保険証、個人番号証などです)

マイネオMNP申込手順

 

●重要事項を確認すると、仮申し込み受付画面に移行します。

マイネオMNP申込手順マイネオMNP申込手順

 

●すると、登録したメールアドレスに「mineoサービス仮申し込みのお知らせ」が届くので、届いたURLにアクセスすると申込完了となります。
マイネオMNP申込手順

 

 

ここまでが、mineoのMNP申込手順になります。MNPの申込は面倒くさいと思われるかも知れませんが、それほど難しいことなくスマホのみで完結します。実店舗に出向いて何時間も待たされることなんてことは一切ありませんし、実際掛かる時間は30分程度で、だれでも簡単にMNP出来るという事が分かるとます。

 

この後、申込内容の審査が行われ、審査が完了して1週間程度でSIMカードが送られるとのこと。

 

SIMカードが来るまでに済ませておくこと

では、ここでSIMカードが来るまでに済ませておくことを確認しておきましょう。今回私は、今まで利用していた端末を使用したので主にやることはなかったのですが、キャリアからの乗り換えで、しかも端末も新しくする場合には、下記の5項目は注意が必要です。

◆データのバックアップ
◆メールアドレスの変更手続き
◆IDやパスワードを控える
◆おさいふケータイの移行や解約
◆LINEアカウントの引継ぎ準備
◆ゲームなどのデータ移行やバックアップ

 

データのバックアップ

通信会社の乗り換えに関わらず、端末を新しくする場合、アドレスや保存してある写真、動画のデータやアプリをバックアップして保存しておきましょう。バックアップの方法は色々ありますが、一般的には、パソコンや、ネット上のクラウドサービスを利用します。iPhone、iPadから同じiOS端末の機種変ならば、iClouldを利用できます。iCloudを利用すると新しい端末にほぼ元通りに復元出来ます。
iOS端末からandroid端末へ機種変更する場合は、アプリの復元は出来ませんが、写真や動画はGoogleフォトを利用すると良いでしょう。iOS端末でGoogleフォトのアプリをダウンロードして、写真や動画をアップロードしておけば、新しいandroid端末で閲覧出来るといった具合です。

 

メールアドレスの変更手続き

特にキャリアから移行する際、@docomo.ne.jpなどのキャリアメールが使えなくなくなります。もし大事なお知らせが届くような設定にしてあるなら、移行後でも構わないので登録してあるサイトにアクセスしてアドレス変更手続きをしましょう。

 

IDやパスワードを控える

ネットを利用していると何かとログインするために、IDやパスワードが必要になってきます。特に端末の機種変更をする場合は、そのIDやパスワードをスマホに覚え込ませている場合や、パスワード管理のアプリを使用している場合であっても、完全に復元出来なかった時に備えてメモを控えておきましょう。特にiOSからAndroid、またその逆への機種変更は復元が不可能です。

 

おさいふケータイの移行や解約

機種変する前の端末で、おさいふケータイを利用していた場合、新しい端末におさいふケータイ機能がない場合は解約手続きが必要です。

 

LINEアカウントの引継ぎ準備

LINEのアカウントとトークの履歴は、iPhoneからAndroidへも移行できます。LINEアカウントの引き継ぎは、事前に「設定」から「アカウント」を開いてメールアドレスとパスワードを登録しておきます。また、引き継ぎをする直前に「設定」から「アカウント引き継ぎ設定」をオンにしておくと、新しい端末でメールアドレスとパスワードを使ってログインすると、アカウントの引き継ぎができます。

 

ゲームなどのデータ移行やバックアップ

ケータイゲームによって異なりますが、殆どのゲームで新端末へ引継ぎが可能です。引継ぎには事前に引継ぎ申請やバックアップが必要な場合もあるので、予めそれぞれのゲームサイトを確認しておきましょう。

 

 

MNP転入切り替え手続き

そうこうしているうちに、mineoからSIMカードが送られて来ました。

 

マイネオMNPご利用マイネオMNPご利用

 

「mineoご利用ガイド」と「SIMカード」です。

 

 

マイネオMNPご利用

 

SIMカードの金属部分に直接手を触れなよう、ビニール手袋などをして、SIMカードを綺麗に切り離します。
本体の電源を落として、SIMカードをmineoの物に交換し、セットが完了したら、本体の電源を入れます。

 

MNP転入切り替え手続き

次にMNPの切り替え手続きをします。なお、MNP切り替え手続きをするのにWi-Fi環境が必要になります。自宅に無線LAN設置していない場合は、公共の無線LAN(Wi-Fi)を利用できる場所で設定しましょう。
Wi-Fiに接続したら、mineoのマイページからMNP転入切り替え手続きを行います。以下、MNP転入切り替え手順です。

 

1.mineoマイページにアクセス
申込時に設定した「eoID」「eoIDパスワード」を入力してログインします。
2.「登録情報の切替/回線切り替え手続き」から「MNP転入切替/回線切替手続き」をタップ
3.SIMカード台紙に記載されている「ICCID/製造番号」の下4桁を入力して「回線切替」をタップ
4.受付が完了したら申込時に登録したメールアドレスに、回線切替の受付のお知らせが届きます。
5.メール受信後30分〜1時間程度で回線切替が完了するので、端末からテストコール「111」をダイヤルしてください(通話料無料)。開通が完了していると「接続試験は終了です・・・」と案内が流れます。

 

ネットワークの設定(※Androidの場合)

※Androidの場合、端末によって設定項目の違いがあります。

 

「設定」から「Wi-Fi」と「Bluetooth」をOFFにして、
「その他の設定」→「モバイルネットワーク」をタップ
「モバイルデータ通信」にチェックを入れて、
「高度な設定」→「CPA設定」をタップ
ネットワーク名に、任意の名前を入力
APNに、「mineo.jp」を入力
ユーザーIDに、「mineo@k-opti.com」を入力
パスワードに、「mineo」を入力
認証タイプに、「CHAP」を選択

 

「CAP接続」または、「設定を有効にする」にチェックを入れると完了です。

 

プロファイルのインストール(※iOSの場合)

iOSのネットワーク接続に必要なプロファイルのインストール方法は、iPhone5sにおいて接続が不安定になる不具合が発生したので、詳しくは後術します。

 

 

iPhone5sの通信が不安定

プロファイルのインストールが完了し、Wi-Fiを切断すると、au4Gと表示されたのでこれで開通と思ったら、au4Gからau1xに表示が切り替わります。

 

なんだこれ?と思いながらも、そのままネット接続を試してみるのですが、
「ネットワークに接続できません」の表示が…

 

ここから私は迷走に入り込むことになりました。機内モードのon/offで4Gが復活するも1分足らずでまた1x。再起動しても変わらず。

 

通信が全然安定しないんです。

 

auは特殊なキャリア

実は、au回線に対応出来ないSIMフリー端末が多く、au回線のMVNOで大きな欠点となっています。
KDDIはメーカーから見ると特殊なキャリアと言われています。問題点は、KDDIの3GはCDMA2000を採用しているため、mineoのAプランやIIJmioのAタイプでは、3G回線(W-CDMA)がないLTEのみのネットワーク接続となっていること。また、au 4G LTEで利用しているBand 1の上り周波数がPHSと隣接していること。この2つに問題があります。

 

日本で流通する端末の多くは、通常LTEと3Gの両方を使う設計になっていて、3G回線で音声とSMSに接続するので、LTE回線のみで利用しようとすると端末が3G回線を探して接続が不安定になってしまいます。
iPhone5s/5cでは、なんとかギリギリ接続できるという程度だったのです。その辺を踏まえてiPhone5s/5cユーザーは注意して頂きたいと思います。

 

しかし、最終的に私のiPhone5sも、mineoのAプランのLTEを安定して受信でき利用しています。今では1xは見ることも無くなりました。Wi-Fiを自動で掴んでWi-Fi圏内を出るときも、ちゃんと4Gを掴み直します。

 

では、色々調べて試して結果安定した、その有効な手段についてご紹介します。iPhone5s/5cのプロファイルのインストールには以下の手順を踏むことを推奨します。なお、設定にはWi-Fi環境が必要です。

 

iOSのプロファイルのインストール手順

今まで利用していた端末を引き続き利用する場合は、以前のプロファイルが残っているので、削除してから手順を進めます。
プロファイルの削除は、「設定」→「一般」→「プロファイル」→プロファイルを選択して、「プロファイルを削除」をタップ

 

1.まずは、アプリ「mineoスイッチ」をインストールします。

 

mineoスイッチアプリのインストールはこちら

 

 

2.iCloudを利用してバックアップをする

「設定」→「iCloud」→「バックアップ」→「今すぐバックアップを作成」

 

3.設定をリセットする

「設定」→「一般」→「リセット」→「すべての設定をリセット」(アプリはそのままです)

 

4.プロファイルをインストールする

アプリmineoスイッチを起動して「メニュー」→「プロファイル」→「Aプラン」

 

5.インストール後再起動

一旦、圏外や1x表示になっても、最終的に4Gとなる

 

5.SMSの状況を確認する

「設定」→「一般」→「情報」と開いて
「キャリア」をタップすると「PRL」「ERI」「MSID」「IMSの状況」と切り替わるので
「IMSの状況」に「SMS」が表示されていれば成功です。

 

これで安定して4Gを掴むことが出来ます。
もしIMSの状況にSMSが表示されなければ、SMSの利用が出来ないので、もう一度手順2からやり直してみて下さい。

 

 

mineo(マイネオ)Aプラン通信速度実測

無事MNPで乗換えが完了し、はじめてau系の通信網を利用することになった訳ですが、主に東京都内で利用する率直な感想はdocomo系のMVNOよりも通信速度が速いと感じております。
格安SIMのデメリットとして、よく通信速度が遅いと言われます。確かにトラフィックの集中する都内の12時〜13時や17時〜18時の時間帯はひどく遅くなることがあります。通信速度は、同じ時刻に同じ通信網で同じ基地局を利用する人の通信量に依存されることが多いのです。特に格安SIMのMVNO業者に割り振られている通信量は、キャリアに比べると小さく、トラフィックの集中する時間帯ではすぐに満杯になってしまい、それが遅いとされる主な原因になっています。
そこで、au系のMVNOは、docomo系のMVNOに比べ利用者が少ないので速度が出やすいと言われています。

 

では、実際の速度はどうなのかmineo(マイネオ)のau通信網Aプランの実行速度を計測してみた。計測に使用したのはOoklaのSPEEDTESTアプリです。

通信速度計測アプリ通信速度計測アプリ

 

新宿駅周辺で平日の各時間、ダウンロード/アップロードを10回づつ計測した平均値を表に纏めてみた。

朝(10時〜11時)

昼(12時〜13時)

夕(17時〜18時)

down

up

down

up

down

up

20.4

Mbps

4.3

Mbps

9.8

Mbps

6.7

Mbps

8.6

Mbps

5.6

Mbps

 

通信速度テスト結果について

先ほど述べたように通信速度はその時間の込み具合によって変わってくるので、同じ時間に計測してもバラつきが生じます。ですからこの計測値で一喜一憂するほどのものでもないということは、まずご理解して頂きたい。
ただ、それを踏まえても、やはり昼時や夕方の混みあう時間帯の速度低下は顕著に表れます。ただここでは計測していないもののdocomo系のMVNOに比べると十分に良い結果とも言えます。17時台の使い勝手も若干遅さは感じるものの、十分通常の使用に耐えられるレベルです。

 

 

mineo(マイネオ)詳細はこちら

SIMフリースマホ、おすすめランキング

(2017/8/15更新)


huawei p10(ハーウェイ ピーテン) 急速充電の性能の向上と省電力化の性能向上、30分充電で約1日稼働する。OSは、Android7.0 、CPUはHuawei Kirin658 オクタコアを搭載のハイスペックモデルかと思ったら2万円台の驚き価格。大人気のSIMフリースマホ「P9Lite」の後継機ですから、発売当初から話題の多い端末です。

huawei p10(ハーウェイ ピーテン) さすが日本製と言わせる細かいところまで行き届いた格安スマホ!防水・防塵・耐衝撃性能に優れ、どこでも大活躍!しかも、ワンセグ搭載、おサイフケータイ対応など機能面も充実しながら電池持ちは余裕の3日間

「nova lite」は、2.5Dガラスの滑らかな曲線にマッチした美しいアルミボディ、ちょうどよい5.2インチサイズで持ちやすく、大容量バッテリーで長時間快適に使えて、サクサク動く高性能CPUを搭載しながらこの低価格のコストパフォーマンスが魅力的


2017年6月9日、Huawei(ファーウェイ)でも人気のPシリーズの最新機種「P10Lite」/「P10」/「P10Plus」の3機種が揃って発売されました。はっきりいってどれも高いレベルのパフォーマンスを発揮していますから、使う人を必ず満足させてくれるSIMフリー端末です。

●「P10Lite」は、コストパフォーマンスに優れています。美しいスタイルにサクサク動く最新CPUを搭載し2万円台の非常に人気の高い機種(5.2インチ)

●「P10」は、第2世代となって全面改良されたLeica(ライカ)ダブルレンズカメラを搭載した上位機種(5.1インチ)

●「P10Plus」は、第2世代Leica(ライカ)ダブルレンズカメラ・Pro版を搭載した端末(5.5インチ)
HUAWEIは、2003年設立の中国のブランドですが、世界170か国以上にサービスを展開しており、2013年にはスマートホン出荷台数が世界第3位にランクインする大手企業にまで成長しています。日本でも格安SIM市場の拡大に伴って安くて高機能であるなどと人気が高まっています。
また、2014年には中国ブランドとして初めての「Best Global Brands2014」のTop100にランクインしており、信頼性も高く評価されています。


HUAWEIMate9-010 「vaio」の刻印がカッコいい!ソニーからPCで有名なブランドVAIOのSIMフリースマートフォンが発売されました。「vaio PhoneBiz」は、最新Windows OSである10のモバイル版を搭載。「vaio Phone A」は、定番のAndroidを搭載したモデルで、DSDSに対応してます。

HUAWEIMate9-010 ドイツの老舗カメラメーカーLeica(ライカ)と共同開発したダブルレンズカメラは第2世代へ、細やかな描写力の写真や臨場感のある4K動画撮影に感動するでしょう。また、HUAWEI最新のオクタコアCPUと学習アルゴリズムで最高のシステムパフォーマンスを実現

huawei p10(ハーウェイ ピーテン) 第2世代となって全面改良されたLeica(ライカ)ダブルレンズカメラを搭載したHuaweiの上位機種。4K動画撮影可能など、もはやスマホとしてのカメラ機能というより、本格的なカメラが搭載されているスマホですね。写真にこだわりのある方に最高のスマートフォンです。

飽きることのない、丸みのある美しいデザインが特徴。高品質ダブルレンズカメラは、プロ用カメラのようなフルマニュアル撮影も可能で、写真を撮ることが毎日楽しくなる。

  デュアルSIMデュアルスタンバイ、2回線で賢く使いこなそう。全てにおいてフルスピード64bit2GHzオクタコア搭載、0.2秒指紋認証解錠機能。

Huawei nova コンパクトなボディに多彩な機能を詰め込んだハイクオリティスマートフォンそれが「nova」です。光と影を演出する曲線を生かしたデザイン性も魅力的

4インチのコンパクトボディにiPhone5Sの廉価版かと思ったら大間違い。中身はしっかりiPhone6Sに匹敵する高性能、なのに、この価格が魅力的です。