▲TOP

プレフィックス番号の通話で5分かけ放題

プレフィックス方式を利用して通話料を安く、さらに5分かけ放題

毎月の支払いをより安くすることが大前提の格安SIMですが、通話を利用しすぎると、ドコモなどの3大キャリアに比べ格安SIMが割高になってしまう場合もあります。ここではプレフィックス方式を利用した通話と、5分かけ放題などの通話定額サービスについて紹介します。通話も賢く利用し「格安SIMにして損をした」なんてことにならないよう理解しておいて欲しいと思います。

 

通話しすぎると割高に?

格安SIMが割高になってしまう原因となるのは通話料の高さです。MVNOによって通話料の差がありますが、多くは30秒ごとに20円の通話料が掛かかります。キャリアでは、上限なく通話し放題となるプランや、家族間で通話料が無料になるサービスがありますが、格安SIMではそれらのサービスがありません。格安SIMを利用することで、キャリアに比べ基本料と通信料が圧倒的に安くなるのですが、通話料が割高になることがデメリットです。つまり通話を多く利用するユーザーにとっては、格安SIMがむしろ割高になってしまう場合があり、乗り換えるメリットはないということにもなりそうです。

 

しかし、諦めることはありません。格安SIMでも通話料を最低でも半額以下に抑える方法があります。

 

プレフィックス方式の通話で通話料を安くする

格安SIMの通話料を抑える方法の一つに、プレフィックス方式という通話方式があります。このサービスを利用することで、通話の多いユーザーでも通話料を半額以下にすることが出来るので、格安SIMを利用するメリットになるでしょう。

 

プレフィックス方式とは、特定の回線を経由することで通話料を安くする通話方式です。特定の番号(プレフィックス番号)を掛ける相手の電話番号の前に入れて発信するため、そう呼ばれています。通話料は各社ほぼ一律で30秒につき10円と通常の半額に割引されます。また、プレフィックス方式を使用する多くのMVNOは、専用の電話アプリを提供していて、アプリからアドレス帳を検索して簡単に相手先の電話番号を呼び出すことが可能です。発信すると自動的にプレフィックス番号を付けて発信することが出来るので手間も掛かりません。また、IPでんわとは異なり、一般的な電話回線同様に通話品質も良く、相手には自分の電話番号が通知されるため、通常の電話とほぼ同じような使い勝手でより安く利用出来ることがメリットです。

 

デメリットとしては、アプリに着信履歴が表示されないことで、アプリから折り返す場合は着信履歴から電話番号をコピーしてきてアプリに貼り付ける、または着信のあった番号をアドレス登録する必要があることが少し手間になります。また110番などの緊急通報や、フリーダイヤルなども利用出来ません。しかし、これらはプレフィックス番号を付けない通常の電話から利用出来るので、これらを理解して上手に使いこなす必要があります。

 

5分かけ放題プランを利用してさらに安く

通話料を更に安くするプレフィックス方式を利用した電話かけ放題サービスがあります。楽天モバイルやOCNモバイルONEなどで「5分かけ放題」となるプランがあって、5分間の国内通話であれば、何度利用しても月額固定料のみで通話料は無料になります。
また、プレフィックス方式を利用した通話であれば、5分を超過してしまっても通話料は通常の半額となるので、電話を掛けることの多いユーザーは必ず利用した方が良いといえるサービスです。

 

5分かけ放題MVNO各社の動向

5分かけ放題のサービスの提供を採用するMVNOが急増しています。キャリアから格安SIMに移行するユーザーの「通信料は安くなるけれど通話料が心配」という声に答えるサービスで、すでにこのサービスを提供しているMVNOでは、7割近くのユーザーが、利用しているということも背景にありMVNO各社が足並みを揃えようという動きになっています。
5分かけ放題は、キャリアでの、NTTドコモ「カケホーダイライトプラン」、au「スーパーカケホ(電話カケ放題プランS)、ソフトバンク「通話定額ライトプラン」と同等のプランでありながら、これらキャリアプランよりも基本料が安く利用できるのが特徴です。

 

また、MVNO各社によってプレフィックス方式を利用した通話定額サービスか、そうでないかはまちまちです。それぞれメリットとデメリットがあって、使い勝手で選ぶならプレフィックス方式を利用しない通話定額を、安さで選ぶならプレフィックス方式を利用した通話定額サービスをと別れます。これらを踏まえ各社の定額サービスを紹介しましょう。

 

 

 

OCNモバイルONE 10分かけ放題

 

OCNでんわアプリ詳細

OCNモバイルONEの通話定額サービスの5分かけ放題が、10分かけ放題となりました。他社が5分間の通話定額の採用が急速に進む中、一歩先に出たサービスです。
しかも、10分かけ放題オプションの月額利用料金は、以前と変わらず850円(税抜)のままです。通常の20円/30秒で10分間で通話しただけでも400円掛かる計算になることからも、このお得感が半端じゃないということが分かると思います。格安SIMのかけ放題となるサービスではイチオシです。

 

OCNモバイルONEの10分かけ放題は、定額制(月額850円)の申し込みで、プレフィックス番号「003544」を先頭に付けて発信することで、10分以内の国内通話が何度でもかけ放題となるサービスです。「OCNでんわアプリ」を利用することで自動的にプレフィックス方式の通話となり、10分を超える通話も半額(10円/30秒)の通話となります。また、「OCNでんわアプリ」は、「OCNモバイルONE」に加入されているユーザーなら誰でも利用可能で通常の国内通話が半額となります。
※10分かけ放題オプションの利用は「OCNモバイルONE・音声対応SIM」の申し込みが必要です。

サービス名

月額利用料

回数制限

アプリの利用

10分超過後の通話料

10分かけ放題

オプション

850円

(税抜)

無制限

OCNでんわアプリ

10円/30秒

 

OCNモバイルONE詳細

 

 

BIGLOBE SIM 通話定額60

 

月間の通話定額サービスでもう一つおすすめしておきたいのが、BIGLOBE SIMの「通話パック60」です。

 

BIGLOBEでんわ「通話パック60」

BIGLOBE SIMでは、2種類の通話定額プランがあります。ひとつ目は月額650円で3分以内の国内通話が何回でもかけ放題となる「3分かけ放題」、もうひとつが月間の累計60分以内の国内通話が月額650円で利用できる「通話パック60」です。
「3分かけ放題」のサービスは、3分間という短い通話時間はあっという間に経ってしまう(個人的な意見ですが)と感じるためおすすめしませんが、「通話パック60」はというと超おすすめです。理由は、1回の通話に3分や5分などと縛られることがないですし、1ヶ月の平均的な通話時間が約60分と言われているため、単純に約半数の方は60分以内の通話で済むと考えられるからです。
通常の通話料金(20円/30秒)と比較すると、60分の通話で1,750円もお得に利用できることになります。
しかも、これらの通話定額サービスは、「BIGLOBEでんわ」アプリを利用したプレフィックス方式を採用しているため、月間60分を超える通話も通常の通話料と比較して半額(10円/30秒)で利用できます。

 

後術する「マイネオ」や「UQモバイル」の月間60分定額サービスと比較して貰えれば分かりやすいと思いますが、このプランのお得感に満足できるはずです。

サービス名

月額利用料

累計時間

アプリの利用

超過後の通話料

通話パック60

650円

60分/月

BIGLOBEでんわ

10円/30秒

 

 

BIGLOBE SIM詳細

 

 

 

楽天モバイル 5分かけ放題

 

楽天モバイルでは、プレフィックス方式の通話で通話料金が半額になる「楽天でんわ」というアプリがあります。
「楽天でんわ5分かけ放題」のプランに申込みして、このアプリを利用することで、5分以内の国内通話が無料となります。プレフィックス方式の通話なので、5分超過後の通話料も半額10円/30秒となるので通話料を抑えたいユーザーにおすすめします。

 

また、このアプリは5分かけ放題プランを申し込まなくても楽天モバイルのユーザーであれば誰でも利用できるので、5分かけ放題は必要ないというユーザーでも「楽天でんわアプリ」を利用することで通話料が半額となります。

 

また、毎月料金の支払いで楽天ポイントが貯まります。楽天ポイントは、ポイントを楽天市場でのお買い物に利用したり、毎月の通話料に充てることも可能な点は他社との大きな差別化になっています。特に楽天カードをお持ちの方におすすめですね。

サービス名

月額利用料

回数制限

アプリの利用

5分超過後の通話料

楽天でんわ5分かけ放題

by楽天モバイル

850円

無制限

楽天でんわ

10円/30秒

 

 

楽天モバイル詳細はこちら

 

 

 

DMMモバイル 5分かけ放題

 

DMMモバイルでは、2017年2月23日より5分以内の国内通話が回数無制限でかけ放題となる「5分かけ放題」のサービスをリリースしました。このサービスは、プレフィックス方式を取り入れた通話で専用アプリ「DMMトーク」を利用してできるサービスです。プレフィックス方式を取り入れているので5分超過後の通話も半額10円/30秒となります。

 

プレフィックス方式の通話は、通話料が安くなるからと言ってIP電話ではありません。DMMトークも同様に一般の電話回線とほとんど変わらず通話が途切れるなどの不安定な通話になる心配はほぼありません。相手先への電話番号の通知も普段通りの電話として利用できて5分以内の通話が何回でも無料となるので、主に短い通話を多く利用するユーザーに最適なサービスですが、5分を超過しても通話料が半額になるので通話をたっぷり楽しみたいユーザーにもおすすめします。

 

DMMトークは、「0037-692」のプレフィックス番号を利用するサービスです。DMMモバイルユーザーは勿論、他社の携帯電話であっても申込をすることで誰でも利用することが可能です。プレフィックス方式が採用されていないMVNOであれば是非導入されることをおすすめします。申込する際は、クレジットカードの登録が必須になります。

サービス名

月額利用料

回数制限

アプリの利用

5分超過後の通話料

5分かけ放題

850円(税抜)

無制限

DMMトーク

10円/30秒

 

 

DMMモバイル詳細

 

 

 

mineo(マイネオ)5分かけ放題サービス

 

株式会社ケイ・オプティコムの「mineo(マイネオ)」では、2017年3月1日(水)より5分以内の国内通話が何度かけても無料となる「5分かけ放題サービス」の提供を開始されました。
mineo(マイネオ)では、すでに通話定額30、通話定額60のサービスがあります。「通話定額30・60」は、それぞれ月額840円で最大30分間、月額1680円で最大60分間の通話が定額料金で利用できるサービスとなっています。
このサービスは通常の電話からの利用で通話定額となるので、アプリを利用する煩わしさがないことがメリットです。

 

しかし、月間30分・60分を超えた通話は20円/30秒の通話料がかかります。また、1回の通話に5分以内などの制限がなく(月間の上限はあるが)長話が出来るメリットがあるとのことですが、他社のプレフィックス方式を利用した通話と比較しても割高となるのでおすすめは出来ません。

サービス名

月額利用料

累計時間

アプリの利用

超過後の通話料

通話定額30

840円

30分/月

なし

20円/30秒

通話定額60

1680円

60分/月

なし

20円/30秒

 

マイネオで通話定額を選ぶなら「5分かけ放題」のプランです。このサービスは、プレフィックス方式の通話を利用して受けられるサービスで、専用のアプリ「mineoでんわ」を利用することで5分かけ放題となります。よって、5分超過後の通話料金は通常の半額(10円/30秒)となり、ついつい長電話をしてしまっても、お得に利用できる訳で、長電話を楽しみたいニーズにも受け入れられるとも言えそうです。

 

「mineoでんわ」のデメリットは、5分かけ放題のプランを利用しないユーザーはこのアプリを利用できない点です。誰でも利用出来てしまうと通話定額30、通話定額60オプションを利用するよりも安くなってしまいますから、こういった仕様なのでしょう。しかしこの点は是非改善して欲しいですね。

サービス名

月額利用料

回数制限

アプリの利用

5分超過後の通話料

5分かけ放題

850円

無制限

mineoでんわ

10円/30秒

 

mineo(マイネオ)詳細はこちら

 

 

 

UQモバイル おしゃべりプラン

 

UQモバイルでは、2017年2月22日より、国内通話が何度でも5分かけ放題となる「おしゃべりプラン」が登場しました。UQモバイルでは、すでに「ぴったりプラン」などの月間通話定額プランがありますが、長時間通話の多いユーザー向けの「ぴったりプラン」に加えて、短時間の通話回数が多いユーザー向けの「おしゃべりプラン」が入り、通話に関して様々なユーザーのニーズに応えるサービスを展開しています。

 

UQモバイルの5分かけ放題となる「おしゃべりプラン」は、プレフィックス方式を採用しない通話定額サービスです。よって、5分超過後の通話料が割引価格にならないという点は、プレフィックス方式を採用しないデメリットになっています。しかし、専用のアプリを利用することなく、そのままの通話が5分間無料通話となるということは、うっかり無料通話以外の通話をしてしまう心配もないですし、他の専用でんわアプリではデメリットとなる着歴からの折り返し通話も手間を掛けることなく、5分かけ放題の通話となります。もちろん110番などの緊急通報や0080などのフリーダイヤルもアプリを使い分けることなく、普段通りの使い勝手の良さが最大のメリットになることが特徴です。

 

お気づきの方もいるかと思いますが、UQモバイルでは通話定額がオプション扱いではなく、プランにセットされています。通話定額のないプランも用意されていますが、UQモバイルのプランは少々分かりにくさがあります。
下表の通りですが、注意して欲しい点は、プランSは月額1980円(14ヶ月目以降は何故か2980円)で、データ容量2GB(26ヶ月目以降は何故か1GBに)で、ぴったりプランを選ぶと60分間無料通話(26ヶ月目以降は何故か30分間)といった感じで毎年グレードダウンしてしまいます。

UQモバイル新プラン

サービス名

月額利用料

累計時間

アプリの利用

超過後の通話料

ぴったりプラン

プランに含まれる

60分/月

なし

20円/30秒

 

サービス名

月額利用料

回数制限

アプリの利用

5分超過後の通話料

おしゃべりプラン

プランタイプに含まれる

無制限

なし

20円/30秒

 

UQモバイル詳細はこちら

 

 

おすすめ通話定額プランのまとめ

●10分かけ放題が月額850円で利用できる、「OCNモバイルONE」がイチオシ!
10分以内の国内通話であれば、何度かけても無料通話となります。また、プレフィックス方式を採用しているため10分超過後も通話料は半額!

 

●月間の通話定額プランでは、月額650円で60分間の通話が可能な「BIGLOBE SIM」がイチオシ!
月累計60分の通話が月額650円で利用できるので、60分間の通常の通話に比べて1750円もお得に!

SIMフリースマホ、おすすめランキング

(2017/8/15更新)


huawei p10(ハーウェイ ピーテン) 急速充電の性能の向上と省電力化の性能向上、30分充電で約1日稼働する。OSは、Android7.0 、CPUはHuawei Kirin658 オクタコアを搭載のハイスペックモデルかと思ったら2万円台の驚き価格。大人気のSIMフリースマホ「P9Lite」の後継機ですから、発売当初から話題の多い端末です。

huawei p10(ハーウェイ ピーテン) さすが日本製と言わせる細かいところまで行き届いた格安スマホ!防水・防塵・耐衝撃性能に優れ、どこでも大活躍!しかも、ワンセグ搭載、おサイフケータイ対応など機能面も充実しながら電池持ちは余裕の3日間

「nova lite」は、2.5Dガラスの滑らかな曲線にマッチした美しいアルミボディ、ちょうどよい5.2インチサイズで持ちやすく、大容量バッテリーで長時間快適に使えて、サクサク動く高性能CPUを搭載しながらこの低価格のコストパフォーマンスが魅力的


2017年6月9日、Huawei(ファーウェイ)でも人気のPシリーズの最新機種「P10Lite」/「P10」/「P10Plus」の3機種が揃って発売されました。はっきりいってどれも高いレベルのパフォーマンスを発揮していますから、使う人を必ず満足させてくれるSIMフリー端末です。

●「P10Lite」は、コストパフォーマンスに優れています。美しいスタイルにサクサク動く最新CPUを搭載し2万円台の非常に人気の高い機種(5.2インチ)

●「P10」は、第2世代となって全面改良されたLeica(ライカ)ダブルレンズカメラを搭載した上位機種(5.1インチ)

●「P10Plus」は、第2世代Leica(ライカ)ダブルレンズカメラ・Pro版を搭載した端末(5.5インチ)
HUAWEIは、2003年設立の中国のブランドですが、世界170か国以上にサービスを展開しており、2013年にはスマートホン出荷台数が世界第3位にランクインする大手企業にまで成長しています。日本でも格安SIM市場の拡大に伴って安くて高機能であるなどと人気が高まっています。
また、2014年には中国ブランドとして初めての「Best Global Brands2014」のTop100にランクインしており、信頼性も高く評価されています。


HUAWEIMate9-010 「vaio」の刻印がカッコいい!ソニーからPCで有名なブランドVAIOのSIMフリースマートフォンが発売されました。「vaio PhoneBiz」は、最新Windows OSである10のモバイル版を搭載。「vaio Phone A」は、定番のAndroidを搭載したモデルで、DSDSに対応してます。

HUAWEIMate9-010 ドイツの老舗カメラメーカーLeica(ライカ)と共同開発したダブルレンズカメラは第2世代へ、細やかな描写力の写真や臨場感のある4K動画撮影に感動するでしょう。また、HUAWEI最新のオクタコアCPUと学習アルゴリズムで最高のシステムパフォーマンスを実現

huawei p10(ハーウェイ ピーテン) 第2世代となって全面改良されたLeica(ライカ)ダブルレンズカメラを搭載したHuaweiの上位機種。4K動画撮影可能など、もはやスマホとしてのカメラ機能というより、本格的なカメラが搭載されているスマホですね。写真にこだわりのある方に最高のスマートフォンです。

飽きることのない、丸みのある美しいデザインが特徴。高品質ダブルレンズカメラは、プロ用カメラのようなフルマニュアル撮影も可能で、写真を撮ることが毎日楽しくなる。

  デュアルSIMデュアルスタンバイ、2回線で賢く使いこなそう。全てにおいてフルスピード64bit2GHzオクタコア搭載、0.2秒指紋認証解錠機能。

Huawei nova コンパクトなボディに多彩な機能を詰め込んだハイクオリティスマートフォンそれが「nova」です。光と影を演出する曲線を生かしたデザイン性も魅力的

4インチのコンパクトボディにiPhone5Sの廉価版かと思ったら大間違い。中身はしっかりiPhone6Sに匹敵する高性能、なのに、この価格が魅力的です。