▲TOP

キッズやシニアにおすすめのスマホ【TONE(トーン)】

キッズやシニアにおすすめのスマホ【TONE(トーン)】

TSUTAYAのTONEはトーンモバイル社が運営するMVNOです。トーンモバイルを利用するには、TONEの専用端末を購入する必要があります。この端末の大きな特徴は、子供用に特化したキッズモードや年配者に特化したシニアモードなど、ホーム画面をそれぞれ切り替えることができます。キッズモードでは、子供用に特化した「キッズスマホ」や「ジュニアスマホ」と呼ばれる専用端末と比べても遜色のない見守り機能を持っています。シニアモードでも同様にお年寄りに優しい機能を備えています。しかも、基本料金が1,000円から利用できるお財布にも優しいところも魅力的です。

 

キッズスマホとしておすすめTSUTAYAの【TONE】

キッズスマホとして、TSUTAYAのTONE(トーン)をおすすめします。TONEのスマートフォン端末(m14、m15)は、キッズモードといって、子供用のホーム画面を設定することが可能で、オプションの「TONEファミリー」を利用することで、見守り機能を充実させることができます。しかも基本料金月額1,000円で利用できるので家計にも優しい点もおすすめする理由です。

 

ちなみに、キッズスマホと表現しているのは、ジュニアよりも低年齢での利用におすすめできるからです。TONEのキッズモードでは、子供達にとっては縛りがきつ過ぎるとの反発の声もあるのも事実です。小・中学生の子供達にとって初めてのスマホ=TONEのスマホとすることが見守られる側にもちょうど良いと思われます。

 

オプション「TONEファミリー」お子様を安心して見守る

TONEがキッズスマホとしてのおすすめする理由は、オプションであるTONEファミリーがあることです。オプション料金は、保護者がTONEを利用していない場合、月額200(円/月)掛かります。保護者の方もTONEに加入していれば、「TONEファミリーオプション」は無料となります。

 

オプションのTONEファミリーを利用すると、保護者のスマートホンから以下の見守り機能を利用することができます。

 

 

1.Webフィルタリング機能

フィルタリングアプリあんしんインターネットは、安全かつ安心してインターネットを利用できるよう、サイトアクセスの際にWebフィルタを通して、アダルトサイト、出会い系サイト、暴力や違法情報などの有害サイトへのアクセスをブロックします。ブロックするサイトは小学生・中学生・高校生のモード設定で簡単にレベルを変更することが可能。また、お子様に合わせて手動でブロックするサイトを指定したり、逆にフィルターを除外するリストも設定できます

 

2.居場所確認

TONE居場所が分かる子供と離れていても、保護者のスマホやPCから、「TONEファミリー」アプリをワンクリックするだけで、いつでも居場所が確認できます。また、あらかじめ登録してある塾や学校などにTONEを持って子供が出入りすると、保護者に通知が送られ、登下校の時間や塾に到着した時間が分かるので安心して見守ることが出来ます。

 

3.利用時間制限

TONEアプリや課金の管理子供のスマホの利用時間を保護者が設定できます。例えば、「1日5時間まで」や、「7時から20時30分まで」、「土曜日は22時まで」など、子供のスマホ利用時間を30分刻みで制限することが出来るので、勉強に差し支えたり、熱中しすぎて睡眠時間を妨げたりしないための機能です。

 

 

4.アプリ利用制限

TONE利用時間の制限子供がインストールしたいアプリや課金は、まず、親に「リクエスト」しなければなりません。親が子供からの「リクエスト」通知を受けて、許可したアプリのみ子供がインストール出来る仕組みになっています。ですから、子供が知らない間に、有料アプリのインストールや、熱中しすぎてゲームの課金などしてしまわないよう管理できるから安心です。

 

5.歩きスマホ防止機能
TONEは、端末が歩きスマホをしていると認識すると、画面に警告を表示されます。さらに、あらかじめ設定してある保護者のアドレスにも通知がされるので、親も把握できるので本人にスマホの利用ルールについて話をするきっかけにもなります。

 

子供に限らず、「ポケモンGO」の人気によって、歩きスマホの問題をはじめ、自動車を運転中の事故も相次いだこともあり、「ポケモンGO」へのバッシングもあります。スマホの利用の仕方について、子供にしっかり伝えていくことも大切な事ですね。

 

全国子ども会連合会の推奨商品

また、TONEは全国子ども会連合会の推奨商品として選ばれています。

 

GPSでの現在地確認やWebフィルタリング、アプリの利用制限など、子供を安心安全に見守る機能が充実していることが理由です。

TONE

キッズスマホデビューに最適、見守り機能充実のTUTAYA格安スマホ、月額1,000円から無料アフターサービスも充実!

 

お年寄りにもシニアスマホとしても充実

TONEファミリーオプションに、上記の説明したキッズスマホとしての利用に加えて、お年寄りのご家族をサポートする機能もあります。

「家族サポート」:ご家族がPCから遠隔操作でTONEを操作できます。
「ライフログ」:歩数、活動量、心拍数、消費カロリーを記録して健康維持に役立ちます。
「エアロック」:マナーモードで気づいてもらえない時、強制的にマナーモードから通常モードにすることも可能です。

 

月額1,000円から利用できる【TONE】とは、いったいどんなスマホ?

簡単に説明しておきましょう。TONEは、MVNOであるトーンモバイル社のスマートホンです。月額基本料金1000円から利用出来ます。TONEのスマホは、基本料の1000円だけで中速度ながらネットが使い放題で、050番号の格安通話料金であるIP電話も基本料金で利用可能です。オプションで090音声通話のMNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)も可能ですから、キャリアで利用していた電話番号を変更せずにそのまま利用することも可能です。TONEは、料金の設定が分かりやすく、しかも格安であることが特徴といえます。
また、毎月の料金支払いにTポイントが付くので、Tポイントユーザーは嬉しいですね。

 

ネット使い放題と高速通信

中速度(500〜600kbps)の使い放題は、意外と使えるもので、軽目のサイト閲覧、メールやLINEの利用もストレスなく利用できます。ただし、動画の閲覧には少々厳しいようです。動画の閲覧には高速通信が必要です。TONEでは、高速チケットオプション(300円税抜/1GB)を購入することで高速通信が利用できます。通信速度は、あらかじめ切り替えの設定しておくことで、動画や指定したアプリ利用時には高速通信、それ以外は使い放題の中速通信を利用するなどと、高速/通常を自動で切り替えることが可能です。別料金となる高速通信ですが、いちいち高速/通常の切り替えを手動で行う手間が掛からず、節約しながら快適に利用することができます。

 

格安IP電話の利用

TONEは、月額利用料だけでIP電話が利用できます。
090番号もオプションで利用できますが、初めて携帯電話を利用するなら、初めから050番号だけでも通話が可能ですから、090音声通話オプションの利用をしなくとも良いかもしれません。もちろん、お子様用にキッズスマホとして利用するなら050番号があれば十分ですし、保護者の方もTONEを利用するなら、IP電話同士の通話は無料になります。
出来るだけ電話料金を安くする手段として、基本料1000円+SMSオプション100円のみの契約でも十分楽しめるでしょう。(別途端末代金は必要です)

通話先

050IP電話

090音声通話

オプション料金など

無料

953円

TONE同士通話料

0円

18円/30秒

国内携帯電話通話料

21円/分

国内一般電話通話料

13円/3分

 

 

TONEスマホ端末は2種類

まず、格安SIMとの大きな違いは、SIMの販売がなく、TONE専用の端末を購入しなければならない事です。SIMフリーの端末を持ち込んで利用するプランはありません。選べる端末は2種類あります。
まず、【TONE m14】は低価格のシンプルモデルで、LTE非対応で、メモリ容量も小さくアプリが2、3個程度しか入りません。小さいお子様やお年寄り用のスマホとして、ほんとに余計な物を省いたモデルとなっています。そうでなければ、上位機種の【TONE m15】が無難です。
【m15】は、本体のメモリは、16GB(m14の4倍)あります。余裕という程ではないのですが、外部記憶(microSDカード)を上手く利用すれば、容量不足で困ることもないでしょう。
【m15】であれば、ジャイロセンサーを搭載しているので、人気のアプリ「ポケモンGO」のAR機能も楽しむことが出来ます。
TONEスマホm15
TONE(m15):LTE対応、高機能スマホ【29,800円】

 

TONEスマホm14
TONE(m14):初めてのシンプルスマホ低価格端末【19,800円】
※m14は、ネットからのみ購入可能です

 

 

TONEの特徴(メリット/デメリット)

TONEの特徴
●月額1,000円のみで、パケット使い放題、IP電話も利用可
●電話サポート、TUTAYA店舗での対面サポート、WEBマニュアルで、無料のアフターサポートがある
●TONEファミリーオプションに、キッズスマホとして、シニアサポートとしての見守り機能がある

TONEのメリットここがおすすめ!

 

●キッズのスマホデビューや、シニアのご家族の見守り機能が充実
●TSUTAYA店舗で無料サポートが受けられる
●基本料のみで050のIP電話が利用できる
●通話料金が安い!
IP電話の通話料、国内一般電話宛て13円/3分、国内携帯電話宛て21円/1分
●高速/通常の通信速度を自動で切り替わる設定が出来るので快適に使えて節約もできる

TONEのデメリットここはダメ!

 

●端末がTONE専用の2端末からしか選べない。SIMフリー端末の持ち込み利用ができない。
●高速通信LTEの利用はオプションで、1GBにつき300円(税抜)、最大月2GBまでなので、ライトユーザーでも物足りない恐れも
●090、080、070のMNP利用も出来るが、オプション料金で毎月953円(税抜)が掛かる。090オプションの通話料は18円/30秒

 

TONE

キッズスマホデビューに最適、見守り機能充実のTSUTAYA格安スマホ、月額1,000円から無料アフターサービスも充実!

 

 

 

関連記事

 

キッズスマホとしておすすめの格安SIM【LINEモバイル】

 

子供にスマホを持たせる際の注意点

 

格安SIMのパケット代を家族でシェアする

SIMフリースマホ、おすすめランキング

(2017/8/15更新)


huawei p10(ハーウェイ ピーテン) 急速充電の性能の向上と省電力化の性能向上、30分充電で約1日稼働する。OSは、Android7.0 、CPUはHuawei Kirin658 オクタコアを搭載のハイスペックモデルかと思ったら2万円台の驚き価格。大人気のSIMフリースマホ「P9Lite」の後継機ですから、発売当初から話題の多い端末です。

huawei p10(ハーウェイ ピーテン) さすが日本製と言わせる細かいところまで行き届いた格安スマホ!防水・防塵・耐衝撃性能に優れ、どこでも大活躍!しかも、ワンセグ搭載、おサイフケータイ対応など機能面も充実しながら電池持ちは余裕の3日間

「nova lite」は、2.5Dガラスの滑らかな曲線にマッチした美しいアルミボディ、ちょうどよい5.2インチサイズで持ちやすく、大容量バッテリーで長時間快適に使えて、サクサク動く高性能CPUを搭載しながらこの低価格のコストパフォーマンスが魅力的


2017年6月9日、Huawei(ファーウェイ)でも人気のPシリーズの最新機種「P10Lite」/「P10」/「P10Plus」の3機種が揃って発売されました。はっきりいってどれも高いレベルのパフォーマンスを発揮していますから、使う人を必ず満足させてくれるSIMフリー端末です。

●「P10Lite」は、コストパフォーマンスに優れています。美しいスタイルにサクサク動く最新CPUを搭載し2万円台の非常に人気の高い機種(5.2インチ)

●「P10」は、第2世代となって全面改良されたLeica(ライカ)ダブルレンズカメラを搭載した上位機種(5.1インチ)

●「P10Plus」は、第2世代Leica(ライカ)ダブルレンズカメラ・Pro版を搭載した端末(5.5インチ)
HUAWEIは、2003年設立の中国のブランドですが、世界170か国以上にサービスを展開しており、2013年にはスマートホン出荷台数が世界第3位にランクインする大手企業にまで成長しています。日本でも格安SIM市場の拡大に伴って安くて高機能であるなどと人気が高まっています。
また、2014年には中国ブランドとして初めての「Best Global Brands2014」のTop100にランクインしており、信頼性も高く評価されています。


HUAWEIMate9-010 「vaio」の刻印がカッコいい!ソニーからPCで有名なブランドVAIOのSIMフリースマートフォンが発売されました。「vaio PhoneBiz」は、最新Windows OSである10のモバイル版を搭載。「vaio Phone A」は、定番のAndroidを搭載したモデルで、DSDSに対応してます。

HUAWEIMate9-010 ドイツの老舗カメラメーカーLeica(ライカ)と共同開発したダブルレンズカメラは第2世代へ、細やかな描写力の写真や臨場感のある4K動画撮影に感動するでしょう。また、HUAWEI最新のオクタコアCPUと学習アルゴリズムで最高のシステムパフォーマンスを実現

huawei p10(ハーウェイ ピーテン) 第2世代となって全面改良されたLeica(ライカ)ダブルレンズカメラを搭載したHuaweiの上位機種。4K動画撮影可能など、もはやスマホとしてのカメラ機能というより、本格的なカメラが搭載されているスマホですね。写真にこだわりのある方に最高のスマートフォンです。

飽きることのない、丸みのある美しいデザインが特徴。高品質ダブルレンズカメラは、プロ用カメラのようなフルマニュアル撮影も可能で、写真を撮ることが毎日楽しくなる。

  デュアルSIMデュアルスタンバイ、2回線で賢く使いこなそう。全てにおいてフルスピード64bit2GHzオクタコア搭載、0.2秒指紋認証解錠機能。

Huawei nova コンパクトなボディに多彩な機能を詰め込んだハイクオリティスマートフォンそれが「nova」です。光と影を演出する曲線を生かしたデザイン性も魅力的

4インチのコンパクトボディにiPhone5Sの廉価版かと思ったら大間違い。中身はしっかりiPhone6Sに匹敵する高性能、なのに、この価格が魅力的です。