▲TOP

格安SIMで無制限の電話かけ放題

格安SIMで電話かけ放題

キャリアから格安simに移行しようとする際、格安simの各種プランに、無制限に「電話かけ放題」となるプランがないことに気付くと思います。基本料が安くても通話料が30秒につき20円掛かるので、通話を多く利用するユーザーにとってメリットがなくなってしまいます。救いとしては、キャリアのライトプランに相当する1回の通話につき「5分間かけ放題」など条件付きについては最近増えて来たなというところです。
条件付『かけ放題プラン』について詳しくはこちら↓↓↓

格安SIMの「無料通話プラン」お得度分析

 

格安simで、制限なしに「かけ放題」となるプランが全く無いのかというとそうでもありません。キャリアの「かけ放題」プランに比べると少々条件が悪いのですが、それでも24時間制限なしに電話かけ放題のプランですから、毎月の利用料を安くしたいかどうかで比較してみて下さい。
では、さっそく格安simで利用可能な「電話かけ放題プラン」についてご紹介しましょう。

 

「電話かけ放題」のNifMoでんわ

格安simのMVNO会社「NifMo」で提供している「NifMoでんわ」は、月額1300円の定額で国内の「電話かけ放題」となるIP電話です。国内の通話が使い放題ですから、通話時間や通話料金を気にせずに、長話しができることが最大の魅力です。なお、「NifMoでんわ」の「電話かけ放題」を利用するには、NifMoの通話simに契約することが条件になっています。
端末+データ(3GB )

 

電話かけ放題のコスト

NifMoでんわの電話かけ放題のプランを利用するには、NifMoで音声simの加入をしなければなりません。NifMoの音声simの料金プランに、国内電話かけ放題プランを組み合わせると月額料金は以下の通り

データ容量

音声通話対応

NifMoでんわ

国内通話かけ放題

月額料合計

1.1GB

640円

700円

1,300円

2,640円

3GB

900円

2,900円

5GB

1,600円

3,600円

10GB

2,800円

2,800円

 

携帯電話の平均的な通話時間は、1日あたり146秒です。NifMoの通話simで、高速通信3GBのプランに加入した場合、NifMoでんわを利用しするかしないかで月額コストを比較した一例をみると、
NifMo(ニフモ)国内電話かけ放題

 

NifMoでんわを利用しない場合はほぼ他社の格安SIMとの料金差はないので、そのまま他社との比較としても問題ありません。
NifMoでんわを利用すれば、月々2900円の定額となり、月々1700円の削減になります。

 

つまり、格安SIM他社に比べても年間では、20,400円もお得に!

 

NifMoでんわは、月額1,300円(税抜)で、固定電話、携帯電話を問わず、国内の通話かけ放題となります。
また、月額2,700円で(税抜)で「国内+海外のかけ放題プラン」も選択することができます。

 

NifMo(ニフモ)の公式サイトはこちら

端末+データ(3GB )

 

 

IP電話とは?

IP電話とは、パケット通信網でインターネット・プロトコル ( Intenet Protocol )の技術を利用し、音声をデータ化した通話方式です。複数の回線交換器を利用する一般の加入電話に比べ、設備投資や回線維持に掛かるコストが抑えられることで、通話料が大幅に安くなるメリットがあります。

 

しかし、IP電話には以下の3つのデメリットがあります。
1.番号通知について
通知先の通信会社によりますが、発信者番号の通知が「通知不可能」または「非通知」になる事があります。また、IP電話が海外のネットワークを経由している場合は、日本の国番号である「+81」が番号の先頭に表示されることがあります。
2.発信不可能な番号
IP電話では、緊急通報用の番号、フリーダイヤル、ナビダイヤルには、通話できません。

発信可能な番号

・固定電話(01〜09番号)
・携帯電話(070、080、090番号)
・IP電話(050番号)

発信できない番号×

・緊急通報用電話(110、119、118)
・フリーダイヤル、ナビダイヤル、伝言ダイヤル、テレドーム
(0120、0170、0180、0190、0570、0800番号)

3.通話品質
IP電話は、ネット回線を利用するので昼時など回線が込み合う時間帯では繋がらないこともあり得るでしょう。また、一般電話比べて通話品質が落ちると言われています。通話品質については、以前に比べ改善していて話が聞き取れない程ではないと思われます。LINE電話を利用したことのある人ならわかると思いますが、それと同等です。

 

 

無料通話ができるIP電話

「NifMoでんわ」以外の無料通話が可能なIP電話に、ご存知のLINEアプリがあります。LINE電話は、LINEに登録されているユーザー同士の通話やメッセージのやり取りが無料なので非常に便利なものです。LINEに登録されていない携帯電話や固定電話には、「LINE Out」という有料のIP電話機能もあります。LINE Outを無料で利用する方法もあって、動画広告を見ると3分間無料になります。ただ、いちいち動画を見ないとならない事と、3分経つと急に切れてしまう点は、無料にしても少し面倒臭さがあります。また、LINE Outも相手の通信会社によって発信者番号が通知不可能になるという点は、IP電話の特徴と言えます。

 

「NifMoでんわ」も海外のネットワークを経由しているIP電話のため、例外なく番号通知に難があります。しかし、その辺はNifMoもわかっていてその対策を講じています。「NifMoでんわ」は、着信通知の情報をSMSで通知する設定ができます。「NifMoでんわアプリ」で、SMSの通知頻度を「常に送信する」「送信する前に毎回確認する」「送信しない」から選択設定が可能です。これによって1度電話に出て貰えなくても、2度目は出て貰える可能性が高くなるでしょう。ただし、それは家族や友人なら成り立つ話で、ビジネスには不向きです。利用の仕方で使える使えないの意見は分かれると思います。

 

もし、ビジネスなどの利用で番号通知されないと困るという方には、IP電話は不向きです。
通話をより安く利用したい場合は、格安SIMの一般電話回線を利用した「5分間かけ放題」などの『条件付きかけ放題プラン』をおすすめします。
詳細はこちらの記事を参照してください↓↓↓

格安SIMの「無料通話プラン」お得度分析

 

もし、電話する相手がほぼ固定されていて、発信者番号の通知がないことを周知して貰えるのなら、携帯電話や固定電話に関わらず、月々1300円の電話かけ放題は、魅力的ですし利用する価値が充分あるのではないでしょうか。

 

NifMo(ニフモ)の公式サイトはこちら

端末+データ(3GB )

SIMフリースマホ、おすすめランキング

(2017/8/15更新)


huawei p10(ハーウェイ ピーテン) 急速充電の性能の向上と省電力化の性能向上、30分充電で約1日稼働する。OSは、Android7.0 、CPUはHuawei Kirin658 オクタコアを搭載のハイスペックモデルかと思ったら2万円台の驚き価格。大人気のSIMフリースマホ「P9Lite」の後継機ですから、発売当初から話題の多い端末です。

huawei p10(ハーウェイ ピーテン) さすが日本製と言わせる細かいところまで行き届いた格安スマホ!防水・防塵・耐衝撃性能に優れ、どこでも大活躍!しかも、ワンセグ搭載、おサイフケータイ対応など機能面も充実しながら電池持ちは余裕の3日間

「nova lite」は、2.5Dガラスの滑らかな曲線にマッチした美しいアルミボディ、ちょうどよい5.2インチサイズで持ちやすく、大容量バッテリーで長時間快適に使えて、サクサク動く高性能CPUを搭載しながらこの低価格のコストパフォーマンスが魅力的


2017年6月9日、Huawei(ファーウェイ)でも人気のPシリーズの最新機種「P10Lite」/「P10」/「P10Plus」の3機種が揃って発売されました。はっきりいってどれも高いレベルのパフォーマンスを発揮していますから、使う人を必ず満足させてくれるSIMフリー端末です。

●「P10Lite」は、コストパフォーマンスに優れています。美しいスタイルにサクサク動く最新CPUを搭載し2万円台の非常に人気の高い機種(5.2インチ)

●「P10」は、第2世代となって全面改良されたLeica(ライカ)ダブルレンズカメラを搭載した上位機種(5.1インチ)

●「P10Plus」は、第2世代Leica(ライカ)ダブルレンズカメラ・Pro版を搭載した端末(5.5インチ)
HUAWEIは、2003年設立の中国のブランドですが、世界170か国以上にサービスを展開しており、2013年にはスマートホン出荷台数が世界第3位にランクインする大手企業にまで成長しています。日本でも格安SIM市場の拡大に伴って安くて高機能であるなどと人気が高まっています。
また、2014年には中国ブランドとして初めての「Best Global Brands2014」のTop100にランクインしており、信頼性も高く評価されています。


HUAWEIMate9-010 「vaio」の刻印がカッコいい!ソニーからPCで有名なブランドVAIOのSIMフリースマートフォンが発売されました。「vaio PhoneBiz」は、最新Windows OSである10のモバイル版を搭載。「vaio Phone A」は、定番のAndroidを搭載したモデルで、DSDSに対応してます。

HUAWEIMate9-010 ドイツの老舗カメラメーカーLeica(ライカ)と共同開発したダブルレンズカメラは第2世代へ、細やかな描写力の写真や臨場感のある4K動画撮影に感動するでしょう。また、HUAWEI最新のオクタコアCPUと学習アルゴリズムで最高のシステムパフォーマンスを実現

huawei p10(ハーウェイ ピーテン) 第2世代となって全面改良されたLeica(ライカ)ダブルレンズカメラを搭載したHuaweiの上位機種。4K動画撮影可能など、もはやスマホとしてのカメラ機能というより、本格的なカメラが搭載されているスマホですね。写真にこだわりのある方に最高のスマートフォンです。

飽きることのない、丸みのある美しいデザインが特徴。高品質ダブルレンズカメラは、プロ用カメラのようなフルマニュアル撮影も可能で、写真を撮ることが毎日楽しくなる。

  デュアルSIMデュアルスタンバイ、2回線で賢く使いこなそう。全てにおいてフルスピード64bit2GHzオクタコア搭載、0.2秒指紋認証解錠機能。

Huawei nova コンパクトなボディに多彩な機能を詰め込んだハイクオリティスマートフォンそれが「nova」です。光と影を演出する曲線を生かしたデザイン性も魅力的

4インチのコンパクトボディにiPhone5Sの廉価版かと思ったら大間違い。中身はしっかりiPhone6Sに匹敵する高性能、なのに、この価格が魅力的です。