▲TOP

子供にスマホを持たせる際の注意点

子供にスマホを持たせる際の注意点

近年、小学生、中学生のお子様にも携帯電話や、スマホを持たせることが一般的になってきました。しかし、子供が携帯電話を持つ事で、同級生のトラブルや犯罪も増加し社会問題になりました。これを受けて現在、青少年インターネット環境整備法により、18歳以下の携帯電話にフィルタリング機能を義務づけているのですが、スマホの普及により新たな問題も出てきました。ガラケーと違いスマホは、元々設定されているフィルタリング機能では対応できないことがあります。
例えば、LINEのなどのSNSの利用は、通常フィルタリング機能制限で未成年者の利用が出来ないようになっているのですが、LINEが使えないと友達の輪に入れないなどの理由で、親に頼んでフィルタリング機能を外してしまう事が多いようです。

 

図:コミュニティサイトに起因する犯罪の被害児童のフィルタリング機能利用状況
コミュニティサイトに起因する被害児童ののフィルタリング利用状況

※警視庁広報資料参考

 

スマホは、ガラケーとは完全に別物で、パソコンと同じです。親御さんの管理無しでスマホを利用することは、大きなリスクとなります。思春期の子供が犯罪などに巻き込まれず、安心安全にスマホを利用できるよう、是非ご一読をお願いします。

目次
スマホを利用する子供達のリスク
1.犯罪に巻き込まれるリスク
2.高額な利用料の掛かるアプリ
3.LINEへの書き込みによるいじめ
4.個人情報が漏えいするリスク
スマホを利用する子供達を守るために
1.子供にスマホを与える前にルール決めしよう
2.フィルタリングソフトで見せたくないサイトをブロックする
3.LINEの初期登録は保護者が行って下さい
子供達にスマホを与えるメリット
1.子供の居場所が分かる
2.災害時の連絡手段として

 

スマホを利用する子供達のリスク

1.犯罪に巻き込まれるリスク
LINEなどのSNSを出会うための手段としている人が多く、まだ知識や判断能力の低い子供達が、SNSから出会い系のサイトやコミュニティサイトにアクセスして、知らない大人に唆され性被害に合うなどの犯罪事例があります。最近では出会い系サイトよりもコミュニティサイトをきっかけとした事件が多くなっていて、これらインターネット上で知り合った友達に実際に合うことで、犯罪に巻き込まれるケースが増えています。
下表は、被害児童のコミュニティーサイトへのアクセス手段です。スマホからのアクセスによる犯罪被害は、年々急増していることが分かります。
被害児童のコミュニティーサイトへのアクセス手段

※警視庁広報資料参考

 

2.高額な利用料の掛かるアプリ
スマホ用のゲームアプリなどは、従来からあるゲームソフトとは異なります。ゲームソフトはソフト本体を購入すれば最後まで遊ぶことが出来ますが、一方、スマホアプリなどでは、基本無料でダウンロードして遊べるものであっても、ゲームの中に一部アイテム購入などに「課金」されるシステムとなっています。ユーザーは、もっとゲームを有利に進めるために、つい課金アイテムを購入してしまう事になります。大人ならまだ判断力や自制心もありますが、子供の場合、そもそもお金が掛かることに気づいていなかったり、親のクレジットカードを無断で登録してしまい高額請求されたというケースもありました。

 

3.LINEへの書き込みによるいじめ
子供達の間のLINEグループ内では、友人の悪口を書き込んだりするいじめが多くなります。また、メッセージを読んでいるのに返信してくれない「既読スルー」によって、友達とのトラブルに発展することも。学校によっては、LINEの利用を禁止として、親御さんに協力を依頼するケースもあるようです。しかし、このようなグループによるやりとりは、LINEに限ったものではなく、その他SNSやインターネットの掲示板でも可能で、LINEが主流になる前からこのようなことは起こっていたことです。
そもそも、いじめをどう防止していくのか、大人側の対応も安易なものでは解決しないと思います。

 

4.個人情報が漏えいするリスク
ツイッターなどのSNSでインターネット上に情報を発信する際、写真にも位置情報が含まれていることがあります。また、複数の写真投稿からよく行く場所や、学校名、自宅までも特定されてしまうこともあります。それを頼りに知らない人が自宅の近くで待ち伏せしたりということもあり得ない事ではありません。

 

スマホを利用する子供達を守るために

1.子供にスマホを与える前にルール決めしよう
コミュニティサイトなどから犯罪に巻き込まれる危険性や、SNSの利用の在り方、スマホアプリの課金についてなど、保護者の方から子供にしっかり教えていく責任があります。そして、利用方法や利用時間など、子供とよく話し合ってルールを決めましょう。
また、普段から、SNSを利用したいじめはないか、加害者、被害者、または部外者であっても、いじめられる側の気持ちが分かる子になるよう話をしてあげて下さい。スマホの機能に任せず、課金ゲームにのめりこんでいないかなど、保護者が子供とよくコミュニケーションを取り、見守っていく必要があります。

 

2.フィルタリングソフトで見せたくないサイトをブロックする
スマホでお子様の年齢に応じたフィルタリングを行うのに、『i-フィルター』というソフトがあり、不適切なサイトの閲覧を確実にブロックすることが出来るのと、保護者の方が離れた場所から『利用状況の確認』や『設定の変更』もできるので、いつでもお子様を見守れます。
アプリを個々にダウンロードすることも可能ですが、お子様の人数や、スマホ、タブレッド、パソコンなど複数台の端末に合わせた複数台用のプランもあるので、下記サイトからご確認下さい。

 

日本PTA全国協議会推奨、フィルタリングソフトNO.1

有害サイトフィルタリングソフト『i-フィルター』forマルチデバイス

 

また、それ以外のフィルタリングソフトでは、『まもるゾウ+』という制限ソフトなどもあります。

 

3.LINEの初期登録は保護者が行って下さい
LINEの初期登録は、保護者が行ってください。利用者の生年月日を入力することで、18才未満はLINE ID検索が出来なくなり、スマホに登録している相手としかやり取りが出来なくなるなど、未成年者向けにLINEの利用制限が掛かります。

 

 

子供達にスマホを持たせるメリット

スマホを子供に持たせることのリスクについてお話ししましたが、リスクをしっかりと分かった上でスマホを持たせるのなら、スマホの便利さのメリットは大きいものです。

 

1.子供の居場所が分かる
GPS機能で居場所を追跡するアプリなどもあるので、塾などで帰りが遅くなるお子様に持たせておくことは防犯上にも有効です。また、防犯上の理由だけでなく、緊急時でも連絡が取りあえるということは、保護者も安心して見守れます。

 

2.災害時の連絡手段として
家族が離れているときに、地震などの災害に見舞われることもあり得ます。万が一、そのような事態となっても、子供にスマホを持たせていたら、とりあえず連絡の取れる手段が確保できます。

 

ただし、ほとんどの小中学校では、学校に携帯電話やスマホを持ち込むことを禁止しているので、必ずしも子供がスマホを持ち歩いているとも限りません。スマホを持たせるという話からすこし脱線してしまうのですが、日頃から『もしも、災害が発生したらこうする』というルールは決めておきましょう。スマホを持ち歩いていない場合にも災害時に連絡を取れる手段として、災害時の伝言サービスに登録しておくことも大事なことです。

 

 

 

関連記事

 

格安SIMスマホを「キッズスマホ」として利用する【LINEモバイル】

 

キッズスマホにおすすめTSUTAYAのTONE(トーン)

SIMフリースマホ、おすすめランキング

(2017/8/15更新)


huawei p10(ハーウェイ ピーテン) 急速充電の性能の向上と省電力化の性能向上、30分充電で約1日稼働する。OSは、Android7.0 、CPUはHuawei Kirin658 オクタコアを搭載のハイスペックモデルかと思ったら2万円台の驚き価格。大人気のSIMフリースマホ「P9Lite」の後継機ですから、発売当初から話題の多い端末です。

huawei p10(ハーウェイ ピーテン) さすが日本製と言わせる細かいところまで行き届いた格安スマホ!防水・防塵・耐衝撃性能に優れ、どこでも大活躍!しかも、ワンセグ搭載、おサイフケータイ対応など機能面も充実しながら電池持ちは余裕の3日間

「nova lite」は、2.5Dガラスの滑らかな曲線にマッチした美しいアルミボディ、ちょうどよい5.2インチサイズで持ちやすく、大容量バッテリーで長時間快適に使えて、サクサク動く高性能CPUを搭載しながらこの低価格のコストパフォーマンスが魅力的


2017年6月9日、Huawei(ファーウェイ)でも人気のPシリーズの最新機種「P10Lite」/「P10」/「P10Plus」の3機種が揃って発売されました。はっきりいってどれも高いレベルのパフォーマンスを発揮していますから、使う人を必ず満足させてくれるSIMフリー端末です。

●「P10Lite」は、コストパフォーマンスに優れています。美しいスタイルにサクサク動く最新CPUを搭載し2万円台の非常に人気の高い機種(5.2インチ)

●「P10」は、第2世代となって全面改良されたLeica(ライカ)ダブルレンズカメラを搭載した上位機種(5.1インチ)

●「P10Plus」は、第2世代Leica(ライカ)ダブルレンズカメラ・Pro版を搭載した端末(5.5インチ)
HUAWEIは、2003年設立の中国のブランドですが、世界170か国以上にサービスを展開しており、2013年にはスマートホン出荷台数が世界第3位にランクインする大手企業にまで成長しています。日本でも格安SIM市場の拡大に伴って安くて高機能であるなどと人気が高まっています。
また、2014年には中国ブランドとして初めての「Best Global Brands2014」のTop100にランクインしており、信頼性も高く評価されています。


HUAWEIMate9-010 「vaio」の刻印がカッコいい!ソニーからPCで有名なブランドVAIOのSIMフリースマートフォンが発売されました。「vaio PhoneBiz」は、最新Windows OSである10のモバイル版を搭載。「vaio Phone A」は、定番のAndroidを搭載したモデルで、DSDSに対応してます。

HUAWEIMate9-010 ドイツの老舗カメラメーカーLeica(ライカ)と共同開発したダブルレンズカメラは第2世代へ、細やかな描写力の写真や臨場感のある4K動画撮影に感動するでしょう。また、HUAWEI最新のオクタコアCPUと学習アルゴリズムで最高のシステムパフォーマンスを実現

huawei p10(ハーウェイ ピーテン) 第2世代となって全面改良されたLeica(ライカ)ダブルレンズカメラを搭載したHuaweiの上位機種。4K動画撮影可能など、もはやスマホとしてのカメラ機能というより、本格的なカメラが搭載されているスマホですね。写真にこだわりのある方に最高のスマートフォンです。

飽きることのない、丸みのある美しいデザインが特徴。高品質ダブルレンズカメラは、プロ用カメラのようなフルマニュアル撮影も可能で、写真を撮ることが毎日楽しくなる。

  デュアルSIMデュアルスタンバイ、2回線で賢く使いこなそう。全てにおいてフルスピード64bit2GHzオクタコア搭載、0.2秒指紋認証解錠機能。

Huawei nova コンパクトなボディに多彩な機能を詰め込んだハイクオリティスマートフォンそれが「nova」です。光と影を演出する曲線を生かしたデザイン性も魅力的

4インチのコンパクトボディにiPhone5Sの廉価版かと思ったら大間違い。中身はしっかりiPhone6Sに匹敵する高性能、なのに、この価格が魅力的です。