▲TOP

キッズスマホとしてオススメの格安SIM【LINEモバイル】

キッズスマホとしてオススメの格安SIM【LINEモバイル】

月額500円でキッズスマホにする

ここで紹介する「キッズスマホ」とは、格安SIMとセット販売されている一般的なスマホを、子供が利用しても安心安全なスマホとします。子供に与えるスマホには、「フィルタリングアプリ」を導入することをおすすめしています。詳しくは後術しますが、格安SIMの中でも特に【LINEモバイル】では「フィルタリングアプリ」が無料で利用出来るのでおすすめしています。LINEモバイルでは月額料金が500円からの利用できることもおすすめする理由です。
LINEモバイル

 

子供達とスマートフォン

近年、子供達が自分のスマートフォンを持つことが多くなりました。今どこで何をしているのか、心配される親御さんにとって、子供と連絡を取りあう手段として欠かせない物です。子供達にとっても、友達と連絡を取りあうのはLINEのグループだったり、分からないことを検索したりと、子供達にとっても欠かせない物になりつつあります。

 

また一方で、スマホの普及に伴って、未成年者のインターネットの利用によるトラブルも年々増加しています。SNSで友達の悪口を書き込むいじめ、有害サイトにアクセスするリスク、ネットゲームで高額課金などの料金トラブル、コミュニティサイトを利用して犯罪に巻き込まれたりする事例まであります。子供にスマホを持たせる親御さんの心配事も尽きないでしょう。
子供に与えるスマホには「子供たちが安全に利用できる」という事が絶対条件となります。

 

キッズスマホまたはジュニアスマホ

安全に利用するために、「キッズスマホ」または「ジュニアスマホ」と呼ばれるスマートホンです。そもそも子供用に見守り機能を充実させたスマートホンですから、親御さんも安心して子供に渡せると思います。
こちらもあわせてご覧ください
⇒キッズにおすすめのスマホ「TONEモバイル」

 

現在、キャリア(docomo、au、Softbankの大手携帯電話会社)では、子供用として主に「キッズケータイ」を取り扱っており、スマートフォンでは、auのみが「ジュニアスマホ」のmiraie(ミライエ)を販売されています。
しかし、キャリアの料金設定は高いので、子供を持つ家庭での負担は大変なものです。

 

 

キッズスマホを格安SIMで安く抑える

スマホを安く利用するには、子供用のスマホであっても格安SIMの利用をおすすめします。格安SIMを利用するとキャリアに比べて月々の支払いが平均1/3程度にまで抑えることができるので家計に優しいことが大きな理由です。通話する相手が家族や友人とに限定されるなら、LINEの無料通話で十分ですから、プランは「データ通信のみ」(場合によって+SMS)で良いと思います。

 

音声通話付のプランにしない場合のデメリットは、110番、119番などの緊急通報を掛けることができないことです。しかし、子供にとっていざという時の緊急連絡先は保護者など信頼できる相手が第一になります。保護者が子供から連絡を受け、状況を判断して保護者から緊急通報することで誤通報なども防げます。音声通話を利用しても良いのですが、緊急通報ができるという理由だけなら、せっかくの格安SIMですし、余計な費用をかけずに通話料金の心配もいらない「データ通信のみ」のプランで良いのではないでしょうか。
安くても、先に述べた通り「子供達が安全にスマホを利用できるという事が大前提」として案内します。

 

 

【LINEモバイル】がキッズスマホに最適な理由

LINEモバイル

 

LINEで運営している格安SIMの【LINEモバイル】ならフィルタリングアプリが無料で利用できます。月額料金は「1GBデータ通信のみ」プランで500円です。高速通信容量は1GBだけですが、LINEアプリは高速通信が使い放題となっています。安心安全に加えて安さも得られるので、「キッズスマホ」として、おすすめています。

 

LINEモバイルは、格安SIMのMVNO会社としては新しい企業です。しかし「LINEアプリ」での認知度はあらためて言うまでもなく、LINEアプリをメインに活用する方ならLINEモバイル限定のサービスもあり、使い勝手の良さからも保護者の方も子供と一緒に是非使って欲しい格安SIMです。

 

キッズスマホに最適「フィルタリングアプリ」が無料で利用できる

小・中学生の子供にスマホを与えるなら、「不適切なサイトへのアクセスをブロック」ができる「フィルタリングアプリ」を必ず導入しましょう。
「LINEモバイル」に加入すると、フィルタリングアプリ「i-フィルター」が無料で利用できます。「i-フィルター」は、不適切なサイトへのアクセスをブロックできるアプリで、「日本PTA全国協議会推奨製品」にも登録されていて信頼できるフィルタリングアプリです。

 

「i-フィルター」は、出会い系サイト、SNS、高額請求などのネット利用の危険から大切なお子様を守ってくれます。このアプリを一般で導入しようとすると、1台用で1年間に4,320円の利用料が必要ですが、「LINEモバイル」に契約していると無料で利用できます。
このような特典があることからも、キッズスマホとして「LINEモバイル」おすすめしています。

 

i-フィルターの主な特徴は以下の通り

・精度の高いフィルタリング
お子様の年齢をチェックするだけで、ブロックするサイト基準を年齢に合った推奨設定にすることができます。また、見て良いカテゴリー別やサイト別にブロック除外の設定を細かくカスタマイズすることも可能です。

 

・離れた場所から見守り機能
保護者は、PCからインターネットの利用状況を確認できます。ブロックされたサイトや、検索した単語がわかるので、お子さまが「いま何に興味があり、どのようにインターネットを利用しているか」の把握ができます。

 

・利用時間を制限できる
インターネットの利用時間を制限することができて、お子様がネットを利用しすぎる心配がなくなります。

アプリの課金や契約に関する変更を制限できる

「i-フィルター」とは別の制限機能として、LINEモバイルの契約者と利用者を分けて登録することで課金や契約に関する変更に制限をかけることができます。保護者を「契約者」、お子様を「利用者」とすることで、お子様が誤って(または故意に)アプリの課金や契約に関する変更ができないので安心していられます。

 

月額500円でLINEアプリの高速通信が使い放題の「LINEモバイル」

キッズスマホとして「LINEモバイル」の利用をおすすめする2つ目の理由は、LINEをメインに利用する場合「データ通信のみ」の契約でもLINEアプリが利用出来ることです。通常格安SIMでLINEを利用するには、最低でも「データ通信+SMS」の申込が必須ですが、「LINEモバイル」ならば、「データ通信のみ」の申込だけでも大丈夫です。
キッズスマホとして利用するならば、LINEアプリで家族や友人と連絡しあえるので090番号などの通話がなくともほぼ済んでしまいます。ですから、キッズスマホとする場合「データ通信のみ」の契約で良いので月額料をより安く利用出来ます。しかも、特定のアプリを利用する時の高速通信が使い放題(カウントフリー)になっているので、データ容量を使い切った月でも「LINEアプリ」は高速通信で利用出来ます。

 

LINEモバイル限定サービス、データ容量を分け合える

LINEモバイルの利用をお子様のキッズスマホだけでなく、ご家族にもおすすめします。LINEモバイル限定のサービスで、「LINEモバイル」を「LINEアプリ」に連携すると、LINEアプリの利用がカウントフリーになるだけでなく、LINEアプリ上でデータ残量を簡単に確認できて、余ったデータ容量をLINEモバイルユーザーにプレゼントすることが可能です。
家族で「LINEモバイル」に加入していれば、余ったデータ容量を子供に分けてあげることができるので、実質データ容量を家族間でシェアすることができます。

 

例えば、親が「データ容量3GB+SMS+音声通話」で利用、子供は、「データ容量1GB」のみで利用した場合

「データ容量3GB+SMS+音声通話」
→月額1690円
「データ容量1GB」
→月額500円

親子2人で月額料金はたったの2190円で利用できます。もし、子供のデータ量が不足するとしても、月に利用できる高速通信の上限を決めておけば子供達がスマホに依存しすぎる問題も解消すると思います。(i-フィルターでのインターネットの利用時間を制限することも可能です)
そうは言っても、必要とするデータ容量が足りないのであれば、親が余っているデータ容量をプレゼントすることが可能です。合計してデータ容量が足りるなら、子供のデータ容量をわざわざ高いプランにする必要もありません。よりお得にデータ容量を節約してスマホを利用できることがLINEモバイルの良いところです。

 

LINEの年齢認証が可能

LINEの年齢認証は、通常キャリア契約が必要(※)ですが、「LINEモバイル」であれば、キャリア同様に年齢認証が可能です。18歳未満はID検索ができないなど、一部の機能が制限されます。「LINE ID」はLINEのユーザーなら誰でも任意に設定できる固有番号です。友達同士で「LINE ID」を教えると電話登録をしなくてもLINEに登録し合えます。ただ、ID番号が流出してしまうと知らない人からの迷惑メッセージが増えてしまうので、青少年保護の観点から18歳未満のユーザーは、LINE IDを設定しても「ID検索ができない」ようになっています。

※格安SIMのMVNOなど、キャリア以外ではLINEの年齢認証ができません。

 

LINEモバイルのプラン

LINEモバイルのプランと各料金は以下の通りです。カウントフリーサービスとは、いくら利用してもデータ容量を消費しないサービスです。もし、高速通信データ容量を使い切ってしまっても、カウントフリー対象の利用には、高速通信の利用ができます。

 

プラン名

高速通信データ容量

カウントフリー

対象サービス

データ/SMS/音声

サービス

月額基本料

LINEフリープラン

1GB

LINEアプリ

データ通信のみ

500円

データ+SMS

620円

データ+SMS+音声

1200円

コミュニケーション

フリープラン

3GB

LINE

Twitter

Facebook

Instagram

データ+SMS

1,110円

データ+SMS+音声

1,690円

5GB

データ+SMS

1,640円

データ+SMS+音声

2,220円

7GB

データ+SMS

2,300円

データ+SMS+音声

2,880円

10GB

データ+SMS

2,640円

データ+SMS+音声

3,220円

 

音声通話SIM用オプションサービス

留守番電話 月額300円
割込通話 月額200円
転送サービス 無料
国際電話 無料(別途通話料がかかります)
国際ローミング 無料

 

LINEモバイル

 

LINEモバイル詳細はこちら

 

 

 

 

 

関連記事

お子様におすすめのフィルタリングアプリ

 

キッズスマホにおすすめTSUTAYAのTONE(トーン)

 

子供にスマホを持たせる際の注意点

 

格安SIMのパケット代を家族でシェアする

 

「LINEモバイル」の詳細と口コミ

SIMフリースマホ、おすすめランキング

(2017/8/15更新)


huawei p10(ハーウェイ ピーテン) 急速充電の性能の向上と省電力化の性能向上、30分充電で約1日稼働する。OSは、Android7.0 、CPUはHuawei Kirin658 オクタコアを搭載のハイスペックモデルかと思ったら2万円台の驚き価格。大人気のSIMフリースマホ「P9Lite」の後継機ですから、発売当初から話題の多い端末です。

huawei p10(ハーウェイ ピーテン) さすが日本製と言わせる細かいところまで行き届いた格安スマホ!防水・防塵・耐衝撃性能に優れ、どこでも大活躍!しかも、ワンセグ搭載、おサイフケータイ対応など機能面も充実しながら電池持ちは余裕の3日間

「nova lite」は、2.5Dガラスの滑らかな曲線にマッチした美しいアルミボディ、ちょうどよい5.2インチサイズで持ちやすく、大容量バッテリーで長時間快適に使えて、サクサク動く高性能CPUを搭載しながらこの低価格のコストパフォーマンスが魅力的


2017年6月9日、Huawei(ファーウェイ)でも人気のPシリーズの最新機種「P10Lite」/「P10」/「P10Plus」の3機種が揃って発売されました。はっきりいってどれも高いレベルのパフォーマンスを発揮していますから、使う人を必ず満足させてくれるSIMフリー端末です。

●「P10Lite」は、コストパフォーマンスに優れています。美しいスタイルにサクサク動く最新CPUを搭載し2万円台の非常に人気の高い機種(5.2インチ)

●「P10」は、第2世代となって全面改良されたLeica(ライカ)ダブルレンズカメラを搭載した上位機種(5.1インチ)

●「P10Plus」は、第2世代Leica(ライカ)ダブルレンズカメラ・Pro版を搭載した端末(5.5インチ)
HUAWEIは、2003年設立の中国のブランドですが、世界170か国以上にサービスを展開しており、2013年にはスマートホン出荷台数が世界第3位にランクインする大手企業にまで成長しています。日本でも格安SIM市場の拡大に伴って安くて高機能であるなどと人気が高まっています。
また、2014年には中国ブランドとして初めての「Best Global Brands2014」のTop100にランクインしており、信頼性も高く評価されています。


HUAWEIMate9-010 「vaio」の刻印がカッコいい!ソニーからPCで有名なブランドVAIOのSIMフリースマートフォンが発売されました。「vaio PhoneBiz」は、最新Windows OSである10のモバイル版を搭載。「vaio Phone A」は、定番のAndroidを搭載したモデルで、DSDSに対応してます。

HUAWEIMate9-010 ドイツの老舗カメラメーカーLeica(ライカ)と共同開発したダブルレンズカメラは第2世代へ、細やかな描写力の写真や臨場感のある4K動画撮影に感動するでしょう。また、HUAWEI最新のオクタコアCPUと学習アルゴリズムで最高のシステムパフォーマンスを実現

huawei p10(ハーウェイ ピーテン) 第2世代となって全面改良されたLeica(ライカ)ダブルレンズカメラを搭載したHuaweiの上位機種。4K動画撮影可能など、もはやスマホとしてのカメラ機能というより、本格的なカメラが搭載されているスマホですね。写真にこだわりのある方に最高のスマートフォンです。

飽きることのない、丸みのある美しいデザインが特徴。高品質ダブルレンズカメラは、プロ用カメラのようなフルマニュアル撮影も可能で、写真を撮ることが毎日楽しくなる。

  デュアルSIMデュアルスタンバイ、2回線で賢く使いこなそう。全てにおいてフルスピード64bit2GHzオクタコア搭載、0.2秒指紋認証解錠機能。

Huawei nova コンパクトなボディに多彩な機能を詰め込んだハイクオリティスマートフォンそれが「nova」です。光と影を演出する曲線を生かしたデザイン性も魅力的

4インチのコンパクトボディにiPhone5Sの廉価版かと思ったら大間違い。中身はしっかりiPhone6Sに匹敵する高性能、なのに、この価格が魅力的です。