▲TOP

SIMロック解除の出来ないスマートホンの対応

SIMロック解除の出来ないスマホ端末の対応方法

せっかく、格安SIMに乗り替えるなら初期費用も出来るだけ安く抑えたいですよね。格安SIMの業者は、通信料金を出来るだけ安く提供している代わりに、端末代金が別料金になっています。ですから、新品を新たに購入するにはそれなりに高額な物ですから、現状キャリアで利用してるスマホ(スマートホン)端末をそのまま格安SIMに移行したい方も多いと思います。

 

SIMロック解除できる端末なら何も問題はないのですが、一部にSIMロックを解除を出来ない端末があります。SIMロック解除ができないと、その端末を他社の通信網で利用することができません。ですから、他社の通信網に乗り換える場合、SIMロック解除は必須条件です。ただし、後述しますが格安SIM他社に乗り換えてもドコモ回線やau回線など通信網が変わらない場合は、SIMロック解除をする必要がなく、端末をそのまま移行できる場合もあります。

 

端末のSIMロック解除の対応状況

総務省より、2015年5月1日よりSIMロック解除の義務化が施行されました。これによりキャリアで購入した端末を持って、格安SIMに乗り換える事が簡単になっていくものかと思いました。しかし、両手を上げて喜べるほど良い条件でも無いようです。

 

キャリアのSIMロックの解除には、ネットで申込むと無料、店頭で申込むと有料(3,000円)にて対応しています。
ただし、SIMロック解除の出来る端末には条件があり、基本的には「SIMロック解除機能を搭載した端末」で、購入から180日経過すると、SIMロック解除ができるようになります。この「SIMロック解除機能を搭載した端末」というのが意外と曲者で、「SIMロック解除機能を搭載していない端末」については、店頭窓口に行ってもSIMロックを解除することが出来ないことを意味しています。

iPhoneを例にあげると、
【iPhone SE】【iPhone6S】【iPhone6S Plus】【iPhone7】【iPhone7Plus】は、「SIMロック解除機能を搭載した端末」ですが、
【iPhone 5】【iPhone5S】【iPhone6】などは、「SIMロック解除機能を搭載していない端末」です。
つまり、SIMロック解除が義務化されたとは言え、「SIMロック解除機能を搭載していない端末」はSIMロック解除の不可能な端末のままなのです。

 

キャリア各社のSIMロック解除対応

キャリア各社のSIMロック解除の対応も、購入から180日以降の対応は各社同じですが、微妙に異なります。ドコモは、過去にSIMロック解除を行った事があって、それから6カ月経ていれば、新たに購入した端末でもすぐにSIMロック解除をしてくれます。また、auでは、2015年4月22日以前に販売した端末は一切SIMロック解除してくれません。

 

●NTTドコモのSIMロック解除の対応状況

1.ネットで申込むと無料、店頭や電話で申込むと解除手数料3,000円にて対応してくれます。
2.端末購入から6カ月以上経過していること、または、SIMロック解除の実績があり、前回のSIMロック解除の受付から6カ月以上経過している場合は、端末購入から6カ月以内であってもSIMロック解除手続きが可能。
3.2011年4月〜2015年4月に新たに発売された、SIMロック解除機能のある端末は、店頭でのみ対応できます。(SIMロック解除手数料3000円が掛かります)
4.解約済の端末のSIMロック解除の対応は、解約後90日以内までとなっています。

 

●auのSIMロック解除の対応状況

1.ネットで申込むと無料、店頭で申込むと解除手数料3,000円にて対応してくれます。
2.端末購入から6カ月以上経過していることが条件
3.2015年4月23日以降新たに発売されたSIMロック解除機能のある端末を対象としていて、2015年4月22日までに新たに発売された端末は、原則SIMロック解除の受付が出来ません。

 

●ソフトバンクのSIMロック解除の対応状況

1.ネットで申込むと無料、店頭で申込むとSIMロック解除手数料3,000円にて対応してくれます。
2.2015年5月以降に発売されたSIMロック解除機能のある端末は、購入日から6カ月以上経過していることが条件。
3.2015年4月までに発売されたSIMロック解除機能のある端末においては、購入日より店頭でのみSIMロック解除の受付が可能です。(SIMロック解除手数料3000円が掛かります)
4.解約済の端末のSIMロック解除の対応は、解約後90日以内までとなっています。

 

 

SIMロック解除せずに格安SIMに乗り換える

ドコモやauで購入された端末であれば、SIMロック解除の出来ない端末であっても大丈夫、SIMロック解除せずに格安SIMを利用できます
なぜなら、格安SIMのMVNO業者のほとんどは、ドコモの回線か、auの回線の通信網の一部を借りているからです。その中でも多くの格安SIM業者はドコモの回線を利用していて、ドコモで購入した端末であれば、ほとんどの場合SIMロックを解除しないままでも、ドコモ回線の格安SIM会社に乗り換えることが可能です。
また、auで購入された端末であれば、「mineo」と「UQ mobile」のどちらかなら、ほとんどの端末がSIMロック解除せずに乗換えできるでしょう。

※一部利用できない端末もあります端末の対応の詳細は各MVNO業者のサイトで確認して下さい。

 

ドコモ端末もau端末もそのまま使える!【mineo(マイネオ)】

 

auネットワークで月々980円(税抜)〜!【UQ mobile】

 

 

このように、ドコモやauで購入した端末ならSIMロックが解除できなくともまだ救いがあるのですが、

 

厄介なのがソフトバンクで購入したSIMロック解除の出来ない端末です。

 

現状、ソフトバンクの回線を利用しているMVNO業者は「Y!Mobile」などあるのですが、SIMロック解除していない端末に対応できません。つまり、ソフトバンクで購入したSIMロック解除できない端末は、格安SIMを利用する方法が基本的にはありません。
ではこの場合、機種変更(買い替える)するしか方法がないのでしょうか?というとそうでもなくて、iPhone/iPad端末であれば、正規のSIMロック解除以外に別の方法でSIMロック解除をする方法があります。
次に、iPhone/iPadのその他のSIMロック解除方法について紹介します。

 

iPhone/iPadのSIMロック解除方法

iPhone/iPadでのその他の、SIMロックの解除の方法を紹介します。

1.SIMロック解除アダプター(いわゆるSIM下駄)をつける方法
2.ファクトリーアンロックの利用(iPhoneのSIMロック解除を依頼できる業者→違法ではありません)

1.SIMロック解除アダプター

SIMロック解除アダプターとは、SIM下駄とも呼ばれるもので、SIMカードの下にSIMロック解除アダプターを装着するだけで、SIMフリー端末と誤認識させるものです。難しい設定もなく、お手軽なうえに価格も500円〜2000円程度と安いので試しに使ってみる価値もあると思います。

 

【クロネコDM便送料無料】IOS9 にも対応 R-SIM 10 docomo、au、SoftBankのiPhone6 / 6plus 、iPhone5S / 5 SIMロック解除アダプタ/SIM Unlock アンロック SIMフリー

価格:1,390円

(2016/8/13 18:52時点)
感想(208件)

【クロネコDM便送料無料】正規品 IOS9 にも対応v7.4 R-SIM7 au softbank iphone5専用 SIMロック解除アダプタ/SIM Unlock アンロック SIMフリー

価格:1,190円

(2016/8/13 18:54時点)
感想(441件)

注意点は、商品説明ににも書いてありますが、4GLTE高速通信は利用できません。また、SIMの相性によっても上手くいく場合とそうでない場合があり、実際、口コミでも上手くいった人とそうでない人は半々のようです。また、物によっては国内での利用不可能なものや、対応機種の制限が限られているので購入の際は気を付けて下さい。

 

 

2.ファクトリーアンロックの利用

ファクトリーアンロックとは、SIMロック解除不可能なiPhoneを、海外の業者を通じて、アップル社にSIMロック解除の依頼してもらうサービスです。もちろん、アップルのサイトにはそのような案内はなく、裏ルートでの取引という少々怪しいものです。ただし、違法ではないようです。

 

申込は、名前住所など個人情報と、元のキャリアと機種名、IMEI番号を知らせて、料金をクレジット決済(振込もあります)すれば、申込完了。iPhoneを送る必要もなければ、何か送られてくることもありません。受付完了のメールが送られてくるので、あとはひたすら待つだけです。上手くいけば、作業完了のメールが届いて、手持ちのiPhoneが待望のSIMフリー機となります
SIMフリー機になるメリットはとても大きいのですが、問題点も多くあります。

ファクトリーアンロックのリスク
(1)価格
まず、価格は、海外の業者を通じることになるので時期によって変動します。だいたい14,000円〜20,000円程ですから、試しにやろうとするには少々高額です。
(2)期間
案内では1〜2週間となっていますが、実際、申込をしてから掛かる期間は不明です。人によっては1年半待たされたと言うこともあるようですから、もうすぐ更新月だからファクトリーアンロックに依頼しようというのは、結局、無駄金になるリスクがあります。
(3)解除不可能
結局、SIMロック解除不可能でした、ということも多いようです。手続きをすれば返金はしてくれるので、詐欺ではないと思いますが、さんざん待たされた挙句、結局端末を買い替えなければならないという残念な結果になってしまうこともあります。

ほとんどが、海外の業者なのですが、日本語対応ができないと不安な方も多いと思うので、日本語対応の業者を紹介しておきます。
ただ、上記のようなリスクがあるのでおすすめはしません。ご自身のご判断で...

 

http://xiaolongchakan.com/archives/4031729.html :小龍茶館(香港の法人企業)

 

 

関連記事

 

今持っている携帯電話のまま格安SIMに乗り換える

 

スマホ解約金を支払ってでも今すぐ格安SIMに乗り換える

 

格安SIMへの乗換え方法

 

目的から選ぶ格安SIM

SIMフリースマホ、おすすめランキング

(2017/8/15更新)


huawei p10(ハーウェイ ピーテン) 急速充電の性能の向上と省電力化の性能向上、30分充電で約1日稼働する。OSは、Android7.0 、CPUはHuawei Kirin658 オクタコアを搭載のハイスペックモデルかと思ったら2万円台の驚き価格。大人気のSIMフリースマホ「P9Lite」の後継機ですから、発売当初から話題の多い端末です。

huawei p10(ハーウェイ ピーテン) さすが日本製と言わせる細かいところまで行き届いた格安スマホ!防水・防塵・耐衝撃性能に優れ、どこでも大活躍!しかも、ワンセグ搭載、おサイフケータイ対応など機能面も充実しながら電池持ちは余裕の3日間

「nova lite」は、2.5Dガラスの滑らかな曲線にマッチした美しいアルミボディ、ちょうどよい5.2インチサイズで持ちやすく、大容量バッテリーで長時間快適に使えて、サクサク動く高性能CPUを搭載しながらこの低価格のコストパフォーマンスが魅力的


2017年6月9日、Huawei(ファーウェイ)でも人気のPシリーズの最新機種「P10Lite」/「P10」/「P10Plus」の3機種が揃って発売されました。はっきりいってどれも高いレベルのパフォーマンスを発揮していますから、使う人を必ず満足させてくれるSIMフリー端末です。

●「P10Lite」は、コストパフォーマンスに優れています。美しいスタイルにサクサク動く最新CPUを搭載し2万円台の非常に人気の高い機種(5.2インチ)

●「P10」は、第2世代となって全面改良されたLeica(ライカ)ダブルレンズカメラを搭載した上位機種(5.1インチ)

●「P10Plus」は、第2世代Leica(ライカ)ダブルレンズカメラ・Pro版を搭載した端末(5.5インチ)
HUAWEIは、2003年設立の中国のブランドですが、世界170か国以上にサービスを展開しており、2013年にはスマートホン出荷台数が世界第3位にランクインする大手企業にまで成長しています。日本でも格安SIM市場の拡大に伴って安くて高機能であるなどと人気が高まっています。
また、2014年には中国ブランドとして初めての「Best Global Brands2014」のTop100にランクインしており、信頼性も高く評価されています。


HUAWEIMate9-010 「vaio」の刻印がカッコいい!ソニーからPCで有名なブランドVAIOのSIMフリースマートフォンが発売されました。「vaio PhoneBiz」は、最新Windows OSである10のモバイル版を搭載。「vaio Phone A」は、定番のAndroidを搭載したモデルで、DSDSに対応してます。

HUAWEIMate9-010 ドイツの老舗カメラメーカーLeica(ライカ)と共同開発したダブルレンズカメラは第2世代へ、細やかな描写力の写真や臨場感のある4K動画撮影に感動するでしょう。また、HUAWEI最新のオクタコアCPUと学習アルゴリズムで最高のシステムパフォーマンスを実現

huawei p10(ハーウェイ ピーテン) 第2世代となって全面改良されたLeica(ライカ)ダブルレンズカメラを搭載したHuaweiの上位機種。4K動画撮影可能など、もはやスマホとしてのカメラ機能というより、本格的なカメラが搭載されているスマホですね。写真にこだわりのある方に最高のスマートフォンです。

飽きることのない、丸みのある美しいデザインが特徴。高品質ダブルレンズカメラは、プロ用カメラのようなフルマニュアル撮影も可能で、写真を撮ることが毎日楽しくなる。

  デュアルSIMデュアルスタンバイ、2回線で賢く使いこなそう。全てにおいてフルスピード64bit2GHzオクタコア搭載、0.2秒指紋認証解錠機能。

Huawei nova コンパクトなボディに多彩な機能を詰め込んだハイクオリティスマートフォンそれが「nova」です。光と影を演出する曲線を生かしたデザイン性も魅力的

4インチのコンパクトボディにiPhone5Sの廉価版かと思ったら大間違い。中身はしっかりiPhone6Sに匹敵する高性能、なのに、この価格が魅力的です。