▲TOP

auの通信網を利用する格安SIMのMVNO

auの通信網を利用する格安SIMのMVNO会社

auの通信網を利用できる

auの通信網を利用している格安SIMのMVNO会社は、『mineo』と『UQ mobile』です。
MVNOとは、格安SIM業者が、各キャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)が持っている通信網の一部を借りて通信サービスを提供している事業のことで、ほとんどのMVNO会社は、NTTドコモの通信網をレンタルしています。auとドコモは、両社の3G回線の通信方式の違いによって互換性が悪く、auで購入したスマホなどの端末は、ドコモの通信網で利用出来ない場合があります。
この不具合を回避するためには、auの回線を利用しているMVNO会社を利用するのがベストな選択となります。auの通信網を利用しているMVNO会社であれば、auの通信方式そのままですから、auで利用していた端末をSIMロック解除なしにそのまま使えるというメリットがあります。

 

auの回線を利用しているMVNO会社のデメリットとしては、一般的なSIMフリースマホを利用出来ません。全てのSIMフリースマホがそうとは限りませんが、これも先ほど述べた3G回線方式の違いによるものになります。ですから、他のショップ等で端末を購入して利用する場合は、auの通信網で利用できる端末か確認することが必要です。

 

mineo』では、ドコモの通信網も利用できるので、もし端末の誤購入であったとしても、ドコモ回線または、au回線のどちらかが利用できるでしょう。(ドコモ⇔au乗換え可能)

 

ただし、SIMロックされたままのソフトバンクのスマホでは、ドコモ、au、どちらの回線も利用できなく、なんでもいいという訳ではないので気を付けて下さい。

 

 

格安SIM【mineo】基本情報

顧客満足度NO.1!
mineo

 

・お手持ちのauの端末、またはドコモの端末が、そのまま利用できる
・余ったデータ容量は、翌月に繰り越せる
・家族とパケットシェア、繰り越し分も分け合える
・ドコモプラン⇔auプラン、パケットシェアも可能
・さらに、mineoユーザー同士なら、フリータンクとチップで誰とでもパケットを分け合える
・「PCDEPOT」「パソコン工房」など【mineo】サポート店全国に多数展開しているので安心
・初期設定などもサポート料金1,000円(税別)にて対応
・専用アプリでデータ容量節約ON/OFFで、かしこく節約

 

●ドコモプラン(Dプラン)

データ通信のみ(シングルタイプ)
500MB 1GB 3GB 5GB 10GB
700円 800円 900円 1580円 2520円

+700円で音声通話に

データ通信+音声通話(デュアルタイプ)
500MB 1GB 3GB 5GB 10GB
1400円 1500円 1600円 2280円 3220円

 

 

●auプラン(Aプラン)

データ通信のみ(シングルタイプ)
500MB 1GB 3GB 5GB 10GB
700円 800円 900円 1580円 2520円

 

+610円で音声通話に

データ通信+音声通話(デュアルタイプ)
500MB 1GB 3GB 5GB 10GB
1310円 1410円 1510円 2190円 3130円

 

mineoロゴドコモの端末もauの端末もそのまま使える!au回線も利用できる【mineo】公式サイトはこちら!

 

 

 

au通信網【UQ mobile】基本情報

無料通話もコミコミ「いちきゅっぱ」が、おすすめ!


 

・au端末をお持ちの方におすすめ!
・UQモバイルお客様満足度90%超え!(UQコミュニケーションズインターネット調査による)
・無料通話コミコミ1,980円/月〜(無料通話2,400円分・データ2GB)
・節約モードで、データ消費ゼロに、高速通信のON/OFFが可能!
・余ったデータ量は、翌月に繰り越して利用できる
・全国エリアの高速通信「au 4G LTE 800MHzプラチナバンド」
・UQモバイルが通信速度実測NO.1!(他社格安SIMサービス比較)
・サポート体制も充実で安心

 

 

無料通話もネットもコミコミ「ぴったりプラン」

プラン

無料通話

通話料

データ容量

通信速度

基本料金

ぴったり

プラン

2,400円

最大60分

20円

/30秒

(国内)

2GB/月

下り最大

150Mbps

1,980円

たっぷり

オプション

4,800円

最大120分

6GB/月

下り最大

150Mbps

2,980円

 

SIM単体の料金プラン

プラン

高速通信データ容量

月額基本料

データ高速プラン

3GB/月(下り最大150Mbps)

980円

データ高速+音声通話プラン

3GB/月(下り最大150Mbps)

1,680円

データ無制限プラン

通信速度最大500kbpsで無制限

1,980円

データ無制限+音声通話プラン

通信速度最大500kbpsで無制限

2,680円

 

 

UQモバイルロゴ無料通話プランがオススメ!auのスマホをそのまま利用できる【UQモバイル】公式サイトはこちらから!

SIMフリースマホ、おすすめランキング

(2017/8/15更新)


huawei p10(ハーウェイ ピーテン) 急速充電の性能の向上と省電力化の性能向上、30分充電で約1日稼働する。OSは、Android7.0 、CPUはHuawei Kirin658 オクタコアを搭載のハイスペックモデルかと思ったら2万円台の驚き価格。大人気のSIMフリースマホ「P9Lite」の後継機ですから、発売当初から話題の多い端末です。

huawei p10(ハーウェイ ピーテン) さすが日本製と言わせる細かいところまで行き届いた格安スマホ!防水・防塵・耐衝撃性能に優れ、どこでも大活躍!しかも、ワンセグ搭載、おサイフケータイ対応など機能面も充実しながら電池持ちは余裕の3日間

「nova lite」は、2.5Dガラスの滑らかな曲線にマッチした美しいアルミボディ、ちょうどよい5.2インチサイズで持ちやすく、大容量バッテリーで長時間快適に使えて、サクサク動く高性能CPUを搭載しながらこの低価格のコストパフォーマンスが魅力的


2017年6月9日、Huawei(ファーウェイ)でも人気のPシリーズの最新機種「P10Lite」/「P10」/「P10Plus」の3機種が揃って発売されました。はっきりいってどれも高いレベルのパフォーマンスを発揮していますから、使う人を必ず満足させてくれるSIMフリー端末です。

●「P10Lite」は、コストパフォーマンスに優れています。美しいスタイルにサクサク動く最新CPUを搭載し2万円台の非常に人気の高い機種(5.2インチ)

●「P10」は、第2世代となって全面改良されたLeica(ライカ)ダブルレンズカメラを搭載した上位機種(5.1インチ)

●「P10Plus」は、第2世代Leica(ライカ)ダブルレンズカメラ・Pro版を搭載した端末(5.5インチ)
HUAWEIは、2003年設立の中国のブランドですが、世界170か国以上にサービスを展開しており、2013年にはスマートホン出荷台数が世界第3位にランクインする大手企業にまで成長しています。日本でも格安SIM市場の拡大に伴って安くて高機能であるなどと人気が高まっています。
また、2014年には中国ブランドとして初めての「Best Global Brands2014」のTop100にランクインしており、信頼性も高く評価されています。


HUAWEIMate9-010 「vaio」の刻印がカッコいい!ソニーからPCで有名なブランドVAIOのSIMフリースマートフォンが発売されました。「vaio PhoneBiz」は、最新Windows OSである10のモバイル版を搭載。「vaio Phone A」は、定番のAndroidを搭載したモデルで、DSDSに対応してます。

HUAWEIMate9-010 ドイツの老舗カメラメーカーLeica(ライカ)と共同開発したダブルレンズカメラは第2世代へ、細やかな描写力の写真や臨場感のある4K動画撮影に感動するでしょう。また、HUAWEI最新のオクタコアCPUと学習アルゴリズムで最高のシステムパフォーマンスを実現

huawei p10(ハーウェイ ピーテン) 第2世代となって全面改良されたLeica(ライカ)ダブルレンズカメラを搭載したHuaweiの上位機種。4K動画撮影可能など、もはやスマホとしてのカメラ機能というより、本格的なカメラが搭載されているスマホですね。写真にこだわりのある方に最高のスマートフォンです。

飽きることのない、丸みのある美しいデザインが特徴。高品質ダブルレンズカメラは、プロ用カメラのようなフルマニュアル撮影も可能で、写真を撮ることが毎日楽しくなる。

  デュアルSIMデュアルスタンバイ、2回線で賢く使いこなそう。全てにおいてフルスピード64bit2GHzオクタコア搭載、0.2秒指紋認証解錠機能。

Huawei nova コンパクトなボディに多彩な機能を詰め込んだハイクオリティスマートフォンそれが「nova」です。光と影を演出する曲線を生かしたデザイン性も魅力的

4インチのコンパクトボディにiPhone5Sの廉価版かと思ったら大間違い。中身はしっかりiPhone6Sに匹敵する高性能、なのに、この価格が魅力的です。