▲TOP

スマホ解約金(契約解除料)を支払ってでも格安SIMに乗り換える

スマホ解約金(契約解除料)を支払ってでも今すぐ格安SIMに乗り換える

格安SIMスマホに乗り換える為に現在利用しているキャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)を解約する必要があります。解約金(契約解除料)など解約する際に掛かる費用を確認してみましょう。場合によっては驚くような金額になる場合もありますが、解約して良いタイミングを知っていれば無料にすることも可能です。

 

しかし、そんなことよりも!

格安SIMに乗り換えすることによって毎月の支払いが実質4000円〜5000円安くなるとしたら、何か月かの無駄金を払い続けずに、解約に掛かる費用を支払ってでも、すぐに乗り換えた方がお得な場合もあります!

DMMmobile

 

順に解約時に掛かる費用から見てみましょう。キャリアのスマホを解約する際掛かる費用として大きな負担になるのが、解約金と割賦金です。その他、MNP転出手数料や、乗換え先の登録手数料なども掛かります。

 

スマホ解約時に掛かる解約金(契約解除料)

キャリアに契約する際、月々の料金が安くなるため、ほとんどの人が2年契約をしています。
解約金は、この契約を途中で解除するときに発生する契約解除料となります。
契約は2年自動更新で、解約金が0円となるタイミングは、

満期月の翌月と翌々月

※ドコモは、2016年2月に更新月を迎える方から、契約満期月の翌月に加えて翌々月の2カ月間が解約金が掛からないよう緩和されました。
※ソフトバンクは、2016年3月末で契約期間満期を迎える方から、契約満期月の翌月に加えて、翌々月の2カ月間が契約解除料が掛からないよう緩和されました。
※auは、2016年5月に更新月を迎える方から、契約満期月の翌月に加えて翌々月の2カ月間が契約解除料が掛からないよう緩和されました。

 

NTTドコモのスマホ及びケータイの解約金

ドコモの契約解除料

プラン

解約金

Xiデータプランにねん
Xiデータプランライトにねん
Xiデータフラットにねん
タイプXiにねん

2年契約自動更新

9500円

ずっとドコモ割
ファミ割MAX50
ひとりでも割50

2年契約自動更新

9500円

(新)いちねん割引 1年契約自動更新

3000円

従来の「いちねん割引」 1年契約自動更新

1年目で解約:4600円

2年〜5年目で解約:1600円

5年超では解除料不要

フリーコース 2年更新

解約金なし

 

 

 

ソフトバンクのスマホ及びケータイの契約解除料

プラン

解約金

スマ放題
スマ放題ライト

 

2年契約

9500円

2年契約なし

1か月目で解約:9500円

2カ月目で解約:7250円

3カ月目で解約:5000円

4か月目以降は解除料不要

ホワイトプラン(ホワイト学割含む):2年契約
※2010年4月26日以前にホワイトプランに申込の場合、
解除料はかかりません。

9500円

標準プラン

1か月目で解約:9500円

2カ月目で解約:7250円

3カ月目で解約:5000円

4か月目以降は解除料不要

ゴールドプラン 継続割引/家族割引

9500円

オレンジプラン 新・自分割引

9500円

年間割引

3000円

学生割引
ハートフレンド割引
ブループラン 自分割引50

9500円

1年割引

3000円

家族割引MAX50

9500円

※金額は税抜価格

 

auのスマホ及びケータイの契約解除料

auの契約解除料

プラン

解約金

誰でも割
※au加入11年目以降で「誰でも割」+「家族割」(または「法人割」)
に加入の場合、解除料は3000円

2年契約自動更新 9500円

誰でも割ライト
※3年目以降は、契約解除料がかかりません。

2年契約 9500円
年割 1年契約自動更新 3000円

 

割賦金(端末の分割支払金残額)がある場合

多くの場合、キャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)で購入した端末は、分割払いで購入されていることはご存知でしょうか?
実質0円で端末を手に入れたつもりでも、端末代金分を、実は2年ローンなど契約期間で分割払いしています。
キャリアに契約している間は、毎月の端末代金に掛かる費用分をサポートしてくれているため、契約している間は確かに実質0円になっていますが、解約した後はそのサポートがなくなってしまうので、端末の分割支払金の残額、つまり残りの割賦金を支払わなければなりません。

 

例、iPhone6 16GBを実質0円で、新規契約24回払いで購入している場合

分割支払金 2920円(税込)
支払回数 24回
に対して、
月々割額 2704円(税込2920円)
割引回数 24回
となっています。

これを10ヶ月(残り14ヶ月)で解約する場合は、

機種代金残金40,880円
(2920円×14ヶ月)
月々割額2920円×14ヶ月
解約に伴い月々割額が終了してしまうので、
機種代金の残金
40,880円を支払う
ことになります。

 

ただし、契約時に端末を別で入手したり、端末を一括払いで購入した場合や、契約から2年以上経過して割賦金の支払いが完了している場合は、当然割賦金の残金はありませんから、解約しても徴収されることはありません。

 

解約時に掛かるその他の費用

●元の携帯電話会社に支払う費用

1.解約金(契約解除料)
※上記参照
2.割賦金(端末の分割支払金残額)
※上記参照
3.MNP転出手数料
電話番号を乗換え先に引継ぐ場合に必要な手数料です。
一律:3000円
4.SIMロック解除手数料
キャリアで利用していた端末を乗換え先でも利用する場合SIMロック解除が必要になることがあります。
・ご自身で解除キーを発行できる場合はSIMロック解除手数料は無料
・キャリア店頭窓口で解除する場合は、SIMロック解除手数料:3000円

SIMロック解除について詳しくは、こちらの記事をご参考にして下さい。

今持っている携帯電話のまま格安SIMに乗り換える

 

●乗換え先の携帯電話会社に支払う費用

1.登録手数料(または、事務手数料)
乗換え先の登録費用:3000円
2.その他費用
それぞれの契約による

 

解約時に掛かる費用を支払ってでも格安SIMに乗り換えた方がお得?

ここからが、本題です!
格安SIMがそんなにお得なら、解約に掛かるこれらの費用を払ってでも今すぐ乗り換えた方がお得なのか?

 

先ほどの例、「iPhone6 16GBを実質0円で、新規契約24回払いで購入している場合」で、「10ヶ月(残り14ヶ月)で解約する場合」で検証してみましょう。
現状の利用請求額は、「ソフトバンク通話し放題プラン」「スマ放題2年契約」を利用で、月々8568円とします。
乗換え先は、「DMMモバイルの3GB通話対応SIM」で、利用中の『iPhone6 16GB』をSIMロック解除してそのまま利用することにします。

 

●ソフトバンク解約に掛かる費用
解約金(契約解除料):9500円
割賦金(端末の分割支払金残額):40,880円
MNP転出手数料:3000円
SIMロック解除手数料:マイソフトバンクから自分で行うと無料
合計:53,380円(税込)

 

●DMMモバイルに乗り換えて14ヶ月利用した場合の利用総額は
登録手数料(または、事務手数料):3000円
3GB通話対応SIM:月々1620円(税込)×14ヶ月
通話料等:500円×14ヶ月
合計:32,680円(税込)

 

●ソフトバンクをそのまま14ヶ月利用し続けた場合の利用総額は
月々8568×14ヶ月
合計:119,952円(税込)

 

●まとめると・・・
(53,380円+32,680円)−119,952円=−33,892円
つまり、満期月の14ヶ月前に解約しても、
総額33,892円
お得になります。

 

業界最安水準、しかも繋がりやすさ、通信速度ともに申し分のない【DMMmobile
DMMmobile

 

もちろん、元々のキャリアの利用状況や、乗換え先のプランや利用状況や、解約月によっても異なるので、必ずしも満期月を待たずに乗り換える方がお得になるとは、言い切れませんし、満期月直前であるなら満期月まで待った方が、出費を抑えられるのも確かです。

 

最後に損益分岐試算表を作成してみましたので、ご参考に!

キャリア

利用月数

費用総額

(1)

スマ放題

利用(2)

差額

(1)-(2)

スマ放題

ライト

利用(3)

差額

(1)-(3)

7ヶ月

106,220

154224

-48004

127224

-21004

8ヶ月

101180

145656

-44476

120156

-18976

9ヶ月

96140

137088

-40948

113088

-16948

10ヶ月

91100

128520

-37420

106020

-14920

11ヶ月

86060

119952

-33892

98952

-12892

12ヶ月

81020

111384

-30364

91884

-10864

13ヶ月

75980

102816

-26836

84816

-8836

14ヶ月

70940

94248

-23308

77748

-6808

15ヶ月

65900

85680

-19780

70680

-4780

16ヶ月

60860

77112

-16252

63612

-2752

17ヶ月

55820

68544

-12724

56544

-724

18ヶ月

50780

59976

-9196

49476

+1304

19ヶ月

45740

51408

-5668

42408

+3332

20ヶ月

40700

42840

-2140

35340

+5360

21ヶ月

35660

34272

+1388

28272

+7388

22ヶ月

30620

25704

+4916

21204

+9416

23ヶ月

25580

17136

+8444

14136

+11444

満期月

20540

8568

+11972

7068

+13472

翌月/

翌々月

8120

8568

-448

7068

+1052

契約後

2120

8568

-6448

7068

-4948

※出来るだけ実際の利用状況に近い形で試算しておりますが、ご利用状況により、この試算通りにはなりませんのでご了承ください。

SIMフリースマホ、おすすめランキング

(2017/8/15更新)


huawei p10(ハーウェイ ピーテン) 急速充電の性能の向上と省電力化の性能向上、30分充電で約1日稼働する。OSは、Android7.0 、CPUはHuawei Kirin658 オクタコアを搭載のハイスペックモデルかと思ったら2万円台の驚き価格。大人気のSIMフリースマホ「P9Lite」の後継機ですから、発売当初から話題の多い端末です。

huawei p10(ハーウェイ ピーテン) さすが日本製と言わせる細かいところまで行き届いた格安スマホ!防水・防塵・耐衝撃性能に優れ、どこでも大活躍!しかも、ワンセグ搭載、おサイフケータイ対応など機能面も充実しながら電池持ちは余裕の3日間

「nova lite」は、2.5Dガラスの滑らかな曲線にマッチした美しいアルミボディ、ちょうどよい5.2インチサイズで持ちやすく、大容量バッテリーで長時間快適に使えて、サクサク動く高性能CPUを搭載しながらこの低価格のコストパフォーマンスが魅力的


2017年6月9日、Huawei(ファーウェイ)でも人気のPシリーズの最新機種「P10Lite」/「P10」/「P10Plus」の3機種が揃って発売されました。はっきりいってどれも高いレベルのパフォーマンスを発揮していますから、使う人を必ず満足させてくれるSIMフリー端末です。

●「P10Lite」は、コストパフォーマンスに優れています。美しいスタイルにサクサク動く最新CPUを搭載し2万円台の非常に人気の高い機種(5.2インチ)

●「P10」は、第2世代となって全面改良されたLeica(ライカ)ダブルレンズカメラを搭載した上位機種(5.1インチ)

●「P10Plus」は、第2世代Leica(ライカ)ダブルレンズカメラ・Pro版を搭載した端末(5.5インチ)
HUAWEIは、2003年設立の中国のブランドですが、世界170か国以上にサービスを展開しており、2013年にはスマートホン出荷台数が世界第3位にランクインする大手企業にまで成長しています。日本でも格安SIM市場の拡大に伴って安くて高機能であるなどと人気が高まっています。
また、2014年には中国ブランドとして初めての「Best Global Brands2014」のTop100にランクインしており、信頼性も高く評価されています。


HUAWEIMate9-010 「vaio」の刻印がカッコいい!ソニーからPCで有名なブランドVAIOのSIMフリースマートフォンが発売されました。「vaio PhoneBiz」は、最新Windows OSである10のモバイル版を搭載。「vaio Phone A」は、定番のAndroidを搭載したモデルで、DSDSに対応してます。

HUAWEIMate9-010 ドイツの老舗カメラメーカーLeica(ライカ)と共同開発したダブルレンズカメラは第2世代へ、細やかな描写力の写真や臨場感のある4K動画撮影に感動するでしょう。また、HUAWEI最新のオクタコアCPUと学習アルゴリズムで最高のシステムパフォーマンスを実現

huawei p10(ハーウェイ ピーテン) 第2世代となって全面改良されたLeica(ライカ)ダブルレンズカメラを搭載したHuaweiの上位機種。4K動画撮影可能など、もはやスマホとしてのカメラ機能というより、本格的なカメラが搭載されているスマホですね。写真にこだわりのある方に最高のスマートフォンです。

飽きることのない、丸みのある美しいデザインが特徴。高品質ダブルレンズカメラは、プロ用カメラのようなフルマニュアル撮影も可能で、写真を撮ることが毎日楽しくなる。

  デュアルSIMデュアルスタンバイ、2回線で賢く使いこなそう。全てにおいてフルスピード64bit2GHzオクタコア搭載、0.2秒指紋認証解錠機能。

Huawei nova コンパクトなボディに多彩な機能を詰め込んだハイクオリティスマートフォンそれが「nova」です。光と影を演出する曲線を生かしたデザイン性も魅力的

4インチのコンパクトボディにiPhone5Sの廉価版かと思ったら大間違い。中身はしっかりiPhone6Sに匹敵する高性能、なのに、この価格が魅力的です。