▲TOP

今持っているスマホで格安SIMに乗り換える

今持っているスマホで格安SIM(MVNO)に乗り換える

通信機能のあるスマホなどのモバイル機器本体は、通信に関する情報が入っているSIMカードを挿入して使います。
国内のキャリア(※)で購入したモバイル端末は、SIMロックされています。SIMロックされているモバイル端末は、別のキャリアのSIMカードに交換してもその通信サービスを利用できません。
ですから、格安SIMの携帯電話会社(MVNO業者)へ乗換えを検討されている場合、SIMロックを解除するか、SIMフリーとして販売している端末を用意する必要があります。
ただし、ほとんどのMVNOがドコモの通信回線を借りているため、ドコモで購入した端末の場合は、SIMロック解除不要で利用できます。
(利用できる端末の詳細は、各MVNO会社で確認されてください)

 

※キャリアとは、docomo、SoftBank、auなどを指します。

 

SIMロック解除対応の義務化

SIMカードが導入されたのは、携帯電話が3Gサービスになってからですが、SIMロックがかかっているため、他社の端末では使えないという状態が続いていました。そこで、2010年に総務省が「SIMロック解除に関するガイドライン」を策定しました。
しかし、当時はなかなか各社のSIMロック解除の対応が進みませんでしたが、近年MVNOサービスが普及し、格安SIMを入手した人にとって、端末がSIMロックされていると、新たにSIMフリー端末を購入する負担が生じるため、MVNOサービス利用者の負担を減らして利用を促進させるためにも、SIMロック解除の必要が急務になってきました。
そこで、総務省は、2015年5月1日より「SIMロック解除の義務化」を施行しました。
これにより、2015年5月以降に新たに発売したキャリアの端末を持って、格安SIMに乗り換える事が簡単になります。

 

SIMロック解除について詳しくはこちらをご確認ください。

SIMロック解除の出来ない端末の対応

 

 

どこの格安SIMでも利用できる訳ではない

格安携帯キャラクターSIMフリーの端末や、SIMロックを解除した端末であれば、どこのキャリアでも利用できるという訳でもないようです。格安SIMの携帯会社(MVNO業者)がどこのキャリアの回線を借りているかによって、使える格安SIM、使えない格安SIMがあるので、ここは要注意です。

 

これはキャリアの通信方式によっての違いや、提供する3G/LTEの周波数帯が違うため、端末がどの周波数帯に対応しているかにもよります。

 

通信方式による互換性

ドコモとソフトバンクは音声通話にW-CDMA方式という同じ方式を採用しているため、この2社間では互換性があるのですが、auはCDMA2000というドコモ・ソフトバンクとは異なる方式を採用しているため互換性がありません。

 

注意!どこのSIMでも利用できる訳ではない

 

しかし、「端末が対応する周波数帯」によっては、auの端末でもドコモの通信環境が利用できる場合もあります。

 

端末が対応する周波数帯

●au、ソフトバンクの端末の場合
au、ソフトバンクで購入した端末で、SIMロック解除したならば、端末自体が対応している周波数帯が乗換え先の通信業者が提供している周波数帯と合っていれば、乗換え先でも利用することができます。
もし、端末が対応する周波数帯が合ってなければ、利用できる周波数帯が少なくなり、電波が届きにくかったり、場所によっては圏外になることもあるようです。
もし、端末が対応する周波数帯が合っていれば、各携帯会社やMVNOサービスに合わせたAPNを設定することで、利用できるようになります。

携帯事業者各社の通信周波数帯

「各事業者がLTEで使用する周波数帯」※総務省出典

 

●ドコモの端末の場合
基本的には現在のMVNOのほとんどがドコモの回線を借りて格安SIMを販売しているため、ドコモが最近販売した端末であれば、ほぼ問題なくどこのMVNOを選択しても格安SIMが利用できるようになっています。

 

●auの端末の場合
mineoUQ mobileの2社のみがauの回線を借りて提供しているので、この2社なら問題なく格安SIMが利用できるようになっています。

 

このあたりはしっかりと自分がどの端末を使っているかと、どのMVNOであれば対応しているかの確認が必要となります。

 

 

関連記事

 

auの通信網を利用する格安SIMのMVNO会社

 

SIMロック解除の出来ないiPhone/iPad端末の対応方法

 

スマホ解約金を支払ってでも今すぐ格安SIMに乗り換える

 

格安SIMへの乗換え方法

 

目的から選ぶ格安SIM

SIMフリースマホ、おすすめランキング

(2017/8/15更新)


huawei p10(ハーウェイ ピーテン) 急速充電の性能の向上と省電力化の性能向上、30分充電で約1日稼働する。OSは、Android7.0 、CPUはHuawei Kirin658 オクタコアを搭載のハイスペックモデルかと思ったら2万円台の驚き価格。大人気のSIMフリースマホ「P9Lite」の後継機ですから、発売当初から話題の多い端末です。

huawei p10(ハーウェイ ピーテン) さすが日本製と言わせる細かいところまで行き届いた格安スマホ!防水・防塵・耐衝撃性能に優れ、どこでも大活躍!しかも、ワンセグ搭載、おサイフケータイ対応など機能面も充実しながら電池持ちは余裕の3日間

「nova lite」は、2.5Dガラスの滑らかな曲線にマッチした美しいアルミボディ、ちょうどよい5.2インチサイズで持ちやすく、大容量バッテリーで長時間快適に使えて、サクサク動く高性能CPUを搭載しながらこの低価格のコストパフォーマンスが魅力的


2017年6月9日、Huawei(ファーウェイ)でも人気のPシリーズの最新機種「P10Lite」/「P10」/「P10Plus」の3機種が揃って発売されました。はっきりいってどれも高いレベルのパフォーマンスを発揮していますから、使う人を必ず満足させてくれるSIMフリー端末です。

●「P10Lite」は、コストパフォーマンスに優れています。美しいスタイルにサクサク動く最新CPUを搭載し2万円台の非常に人気の高い機種(5.2インチ)

●「P10」は、第2世代となって全面改良されたLeica(ライカ)ダブルレンズカメラを搭載した上位機種(5.1インチ)

●「P10Plus」は、第2世代Leica(ライカ)ダブルレンズカメラ・Pro版を搭載した端末(5.5インチ)
HUAWEIは、2003年設立の中国のブランドですが、世界170か国以上にサービスを展開しており、2013年にはスマートホン出荷台数が世界第3位にランクインする大手企業にまで成長しています。日本でも格安SIM市場の拡大に伴って安くて高機能であるなどと人気が高まっています。
また、2014年には中国ブランドとして初めての「Best Global Brands2014」のTop100にランクインしており、信頼性も高く評価されています。


HUAWEIMate9-010 「vaio」の刻印がカッコいい!ソニーからPCで有名なブランドVAIOのSIMフリースマートフォンが発売されました。「vaio PhoneBiz」は、最新Windows OSである10のモバイル版を搭載。「vaio Phone A」は、定番のAndroidを搭載したモデルで、DSDSに対応してます。

HUAWEIMate9-010 ドイツの老舗カメラメーカーLeica(ライカ)と共同開発したダブルレンズカメラは第2世代へ、細やかな描写力の写真や臨場感のある4K動画撮影に感動するでしょう。また、HUAWEI最新のオクタコアCPUと学習アルゴリズムで最高のシステムパフォーマンスを実現

huawei p10(ハーウェイ ピーテン) 第2世代となって全面改良されたLeica(ライカ)ダブルレンズカメラを搭載したHuaweiの上位機種。4K動画撮影可能など、もはやスマホとしてのカメラ機能というより、本格的なカメラが搭載されているスマホですね。写真にこだわりのある方に最高のスマートフォンです。

飽きることのない、丸みのある美しいデザインが特徴。高品質ダブルレンズカメラは、プロ用カメラのようなフルマニュアル撮影も可能で、写真を撮ることが毎日楽しくなる。

  デュアルSIMデュアルスタンバイ、2回線で賢く使いこなそう。全てにおいてフルスピード64bit2GHzオクタコア搭載、0.2秒指紋認証解錠機能。

Huawei nova コンパクトなボディに多彩な機能を詰め込んだハイクオリティスマートフォンそれが「nova」です。光と影を演出する曲線を生かしたデザイン性も魅力的

4インチのコンパクトボディにiPhone5Sの廉価版かと思ったら大間違い。中身はしっかりiPhone6Sに匹敵する高性能、なのに、この価格が魅力的です。